堀江由衣:文学少女の歌集 ~本が好きな女の子の思いがここに~

堀江由衣:文学少女の歌集 邦楽レビュー

堀江由衣の10枚目のオリジナル・アルバムである「文学少女の歌集」。

堀江由衣ちゃんは「ほっちゃん」が愛称の声優さんで、透明感のある歌声が特徴です。

前作「ワールドエンドの庭」は2015年のリリースですので、今作はかなり久しぶりのアルバムとなりました。待望のいう言葉がふさわしいアルバムです。

どんなあるばアルバムになるのかと思っていましたが、1曲目から「これはほっちゃん! 」というようなアルバムになっていますよ。

聞いていてやさしい気持ちになれる

「文学少女の歌集」の収録曲は以下の通りです。

  1. 光の海へ
  2. Sunflower
  3. 朝顔
  4. never ever
  5. キミイロ
  6. アシンメトリー
  7. 夏の音を残して
  8. この町の丘から
  9. 小さな勇気
  10. Stay With Me
  11. 春夏秋冬
  12. 単線パレード

6、10曲目が先行シングルで、10曲がアルバムのための曲です。

先行シングルといっても2曲とも2015年リリースの物ですので、よくぞ収録してくれたというのが素直な感想です。違和感なく収まっているのも見事!

2015年は1月にアルバム「ワールドエンドの庭」。3月に「Stay With Me」、11月「アシンメトリー」がシングルとしてリリースされていました。

ですからこんなにリリースの間隔が空くのは、予想外でしたね。もう新しい音源はリリースはされないんじゃないかと、心配になるくらいでしたよ。

 

アルバムタイトルが「文学少女の歌集」面白いタイトルだなとリリース前から思っていましたが、歌詞を見てみるとなるほどね〜というタイトルです。

どの曲も文学が好きな女の子が書きそうな歌詞になっているんです。このアルバムは単に聞くだけでなく、歌詞も一緒に見た方がきっと楽しめますよ。

きっとアルバムのための収録曲がそろって、全ての曲を聞いてから付けたアルバムタイトルではないでしょうか? うまいアルバムタイトルだと感じました。

新しいアルバムの曲としてほっちゃんの曲を聞くのは久しぶりですが、透明感のある透き通った声は、聞いていてやさしい気持ちになれるアルバムです。

制服が今も似合ってしまう…

MVも作られて、アルバムのリードトラックである「朝顔」。

アルバムの中でも歌詞がもろ文学少女が書きましたという感じで、リードトラックになるのが必然といえるような曲です。

ほっちゃんは言葉を切る歌い方がものすごくうまいのですが、余韻を残す切り方、きっちり切るというのが聞いていて気持ちのいい曲です。

やっぱりスタッカートといえば、ほっちゃんだよな〜と。

さらっと聞ける曲ですが、言葉が切れないと言葉がぼやけてしまうので、歌うのはめちゃくちゃに難しい曲ですよね。実力あるのが分かる曲になっています。

MVで制服を着ているのですが、コスプレ感というか違和感がないのがさすがはほっちゃんだよなと。年齢ってなんだろう? と思ってしまう感じです。

心が落ち着くバラード

スロー・バラードナンバーである「夏の音を残して」。

アルバムの中で1番気に入った曲です。Bメロの終わりの「深く、深く」。「強く、強く」がサビを強く印象つけています。

誰かを愛すること
君のそばで感じながら

曲の最後の部分ですが、「愛すること」のファルセットで歌う部分が聞いていて心地がよすぎる曲ですね。

ライブ映えをするのが間違いないであろう、バラードナンバーです。

いろいろなバージョンがありそう

今までありそうでなかった曲タイトルの「春夏秋冬」。

いかにも文学少女の少し難しい表現を使った言葉の歌詞なのですが、聞いた時に難しさを感じさせないのは、ほっちゃんの歌声だからでしょうか。

バックの演奏がアルバムの中で1番面白いのはこの曲ですね。いろいろなことをしているので、楽器弾きとしては気になってしまった曲です。

いろいろな要素が入っているので、このアレンジに決まるまでにいろいろなバージョンがあったんじゃないかと思ってしまいます。

うまくまとまっているんですが、器用な作曲家やアレンジャーなら、3曲ぐらい作れそうなアイデアが入っていますよ。聞いていて面白い曲です。

文学少女の歌集 あとがき

約4年半ぶりのアルバムリリースとなった「文学少女の歌集」。

聞けば聞くほど「文学少女」のコンセプトにあっているアルバムですよね。アルバムを通して芯が通っているので、余計にそう感じてしまいました。

コンセプトアルバムって難しいんですが、これはいいアルバムです。

ちょっと心がすさんでいるや、疲れている方に聞くのをオススメするアルバムになっています。きっと心が優しい気持ちになれると思いますよ。

願わくは次のリリースは、もう少し間隔が短くなるとうれしいですね。

 

以上、『堀江由衣:文学少女の歌集 ~本が好きな女の子の思いがここに~』という記録でした。

コメント