YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE)邦楽レビュー
邦楽レビュー

TVアニメ「進撃の巨人」Season 3 のオープニングテーマーとして発売された「 Red Swan (feat.HYDE)」。

Season 3から放送局が民法からNHKに変わるというのも物議をかもしだしましたが、第1話ではこの曲がどうこうではなく、Linked Horizonじゃないのかよと物議をかもしだした曲でもあります。

2話目からはエンディングにLinked Horizonの曲が入ったので、ちゃんと評価を受けだしたのは2話目以降になるのではないでしょうか。

HYDEとのコラボがハマった曲

「 Red Swan 」はピアノの単音で始まるこれ以上ないシンプルなイントロで始まる曲ですが、アウトロ含めてよく考えられて作られている曲だなと。

そこはYOSHIKIだからこそ当然といえるところなのしょうが…。

ミディアムテンポの曲というと長く感じる曲もありますが、この曲は4’24”があっという間に過ぎてしまう曲です。

これは長く感じさせないようにというのも、考えられて作られているんでしょうね。YOSHIKIとHYDEのコラボがうまくハマっているからかなと。

YOSHIKIの曲というと近年は展開が多い曲が多いですが、この曲はめっちゃシンプルな作りです。

X初期の曲である「Unfinished(UN-FINISHED…)」のような感覚がしました。

TV ver.を聞いた時はギターソロが入るとは思わなかったのですが、これもシンプルなギターソロで曲の華を添えていていいですよね。

It’s so far away to reach out to the sky

間奏前のCメロの一節ですが、自分が考えるに1番キーポイントとなる歌詞はこの部分ではないかなと。この一節があるからこそ、エンディングの歌詞が生きてくるような気がしました。

この曲を作ったYOSHIKIもスゴイのですが、もう1つスゴイなと思ったのはHYDEですね。

何がスゴイって歌詞カードを見るか、検索してもらって歌詞を見るとわかるのですが、この曲の大半は英詩です。英語が多くなると日本人は拒絶する方がいますが、英語の多さを感じさせない歌い方ですよね。

難しい単語が入った英詩ではないですけれど、カタカナ英語にならずに英語の多さを感じさせないのは、HYDEのボーカルならではかなと。

あとがきでも触れますがフルで曲を聞いて、この曲に関してはボーカルがHYDEになった理由がわかったような気がしました。

あとがき

進撃の巨人の曲としてリリースされるいう情報はだいぶ前に出ていましたけれど、最初はX JAPANとしての新曲になる予定となっていました。

そこからYOSHIKIのソロということになり、最終的にはfeat.HYDEとなってリリースとなったという二転三転した曲です。

結果的には今の形が曲としてベストの形になったんでしょうけれど、TOSHIのボーカルでもきっと録っていますよね。

なんとなく想像できるような気もしますが、もし存在するのであれば聞いてみたいなと考えてしまうのは、音楽ファンだからでしょうか?

この曲はリピートして聞いてしまうんですけれど、X JAPANのnewアルバムを早く聞きたい!というのがさらに強くなりましたよ。

以上、『YOSHIKI : Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~』という記録でした。

YOSHIKI 関連記録

2019/5/3 release 4th Album
hyde:anti ~世界を震撼させる準備が今できた~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント