X JAPAN:I.V. ~あなたのその痛みを和らげるために~

X JAPAN:I.V.邦楽レビュー
邦楽レビュー

X JAPAN (エックスジャパン) 配信シングル「I.V.」。

1997年解散後にリリースされた「THE LAST SONG」から、9年10カ月。久しぶりの活動であり、特に当時は聞けるとは思っていなかった新曲。

また、改名をしても叶わなずに終わった、世界デビューの曲。寂しさと心に突き刺さる痛さは、X JAPANが戻ってきたんだと感じさせてくれます。

I.V. 概要

映画「SAW IV」主題歌となり、結果として世界デビュー作となった「I.V.」。

もともとViolet UKで受けたオファーをYOSHIKIの意向として、X JAPANとして受け入れ。志半ばでしたから、復活のタイミングを考えていたのでしょう。

MVでもギターが写りますが、生前時に収録されたHIDEのギター音源をデジタル加工して一部に使用。5人での世界デビューというのも、表現されています。

気になるタイトル「I.V. = アイ・ヴィー」。元々は意味がなかったとしながらも、映画が4作目に、現在の自分たいも4人。I(私) とⅤ(5)で、自分たちは5人。

歌詞の中に「vein = 静脈」と出てくることから、「I.V. = 点滴」と解釈することができるとも後で語っています。X JAPANらしいというか、面白いですよね。

また、知ってから聞くと気付きますが、紅の「俺が見えないのか すぐ傍にいるのに」英訳された部分が出てくるのも、この曲の大きな特徴です。

I.V.

映画「SAW IV」主題歌「I.V.」。

サイコスリラー映画らしく、怪しげなピアノのメロディーの始まりが恐怖感をあおるかのよう。歌詞も後から見え方が変わってくるのですが、最初は恐怖です。

Needles are piercing through my skin
I’ll tell you the feeling, what it’s like

「針が私に突き刺さっている。どんな感覚なのか教えてあげる」。大の注射嫌いの自分としては、TOSHIの歌声を聴くだけで、痛みを感じてしまいます。

確かに頭の歌詞だけでは恐怖であり、まるでマゾであっても実は違うんです。

I.V. in my vein to feel less its pain

「I.V.は静脈に注射して痛みを和らげてくれる」。恐怖ではなく、優しさといえるもの。治療なのか、それとも一時の安らぎかは分かりませんが…。

また、やっぱり知ってしまったら、気になる「紅」と同じ歌詞の部分。

(To find the way) Can’t you see me standing right here?

「 (道を見つけるため) 俺が見えないのか すぐ傍にいるのに」。訳し方によって微妙に変わっても見える部分とはいえ、紅の印象的な部分をここで。

死にゆくからこそ、影が薄くなっていくのを表しているのかもですね。

例え後付であったとしてもつながる要素が多くある曲だけでに、興味深く感じずにはいられません。自然的であったとしても、そこがまた面白い!

始まりと聞いていくうちに、「I.V.」とは何かと変わっていくのが、面白さではないでしょうか。世界デビュー曲として、聞いた人に残すもの大きいです。

YOSHIKIの作る曲が魅力的ですが、それを最大限に表現するTOSHIの歌声というのもいいですね。MVでのビジュアルは、まだ戻りきっていない感じですが…。

あとがき

「I.V.」時のインタビューでは完全なる復活というよりも、きれいに終わらせるためと発言。活動をしていく中で、その心境も変わっていったのでしょう。

もうそんな雰囲気さえしませんが、別の世界にいってしまっていたTOSHIにまだ不安要素を感じていたのもあるかもですね。マジで戻ってきてくれて良かった。

再結成して12年以上。その間ライブでは楽しませくれてはいても、新曲となるとまだ片手に収まる形。完全復活となるには、アルバムが欲しいですよね。

ほぼほぼ完成していると、以前から言われているアルバム。2021年には聞けるといいなと思わずにはいられません。

 

以上、『X JAPAN:I.V. ~あなたのその痛みを和らげるために~』でした。


『X JAPAN』をApple Musicで

X JAPAN 関連記事

1998/3/18 release 18th Single
X JAPAN:THE LAST SONG ~大きく次に進むために残す歌~

2008/1/23 release Digital Single
X JAPAN:I.V. ~あなたのその痛みを和らげるために~ ←今ココ

2011/6/7 release Digital Single
X JAPAN:Scarlet Love Song ~君のために永遠に音を奏でるよ~

2011/7/13 release Digital Single
X JAPAN:JADE ~そのままであなたは美しい~

2015/11/6 release Digital Single
X JAPAN:Born to be free ~生きてその道を突き進め! ~

2017/3/3 release Soundtrack Album
X JAPAN:We Are X (Original Soundtrack) ~まだ薔薇は枯れない~

2018/10/3 release Single
YOSHIKI:Red Swan (feat.HYDE) ~美しく見える空はそう遠くはない~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント