ゑんら:アバンギャルドおばけ ~思いの強さは甘くも辛くもある~

ゑんら:アバンギャルドおばけ邦楽レビュー
邦楽レビュー

ゑんら(えんら) 配信シングル「アバンギャルドおばけ」。

2枚目のアルバム「UKIYO」から約5カ月。曲名からして、らしい曲を提示してきてくれました。

他のアイドルでは表現できない独自性が、聞いていて楽しい曲。一度ハマったら抜け出せないような、面白いグループになってきています。

アバンギャルドおばけ 概要

本来は3枚目のシングルとして、20年5月20日にリリース予定だった曲。新型コロナウイルス拡大影響により、販売が中止になっています。

ライブ、リリースイベントができないからこそ、難しい判断だったとは思います。気持ちを切り替えて配信に変更するというのは、柔軟な判断力。

配信がされていなかった2枚目のアルバム「UKIYO」も合わせて開始されたのは、いい判断だと思います。曲にも鮮度があるので…。

販売形態を変えて再発売を検討するとのことですが、どうなるんでしょうか。

アバンギャルドおばけ

レトロ感と感情の融合が面白い「アバンギャルドおばけ」。

瓶を叩いたと思われる特殊な音使い、転調も多いのですが、自然と耳に入ってくる曲。無理やりではなく、あるべき音が集まったというのが特徴です。

きっと楽器を弾く人ほど、面白いと感じさせてくれます。

他の誰かなんてどうでもいい
これが愛の証明

恋は盲目なんていいますが、MVの表現している世界観と合わせて見るとなるほどねと。アイドル好きの方ほど、自分と重ねた情景が浮かぶと思います。

ガラガラのライブハウスの状況から、埋まったライブハウスまで表現しているのが面白くもあり、切なさも感じさせる作りになっています。

たた見ているだけでうれしかったのが、違う感情も生まれきたような…。

いろいろな解釈ができると思いますが、「アバンギャルドおばけ」とは熱心でもあり厄介でもある。ファンの表現方法とし興味深い! 嫌みはないのがいいです。

決してわかりやすいメロディではないのに、一度覚えたら耳からはなれません。

あとがき

レトロ感はあるのに、古すぎない、狙い過ぎていない絶妙なバランス。ゑんらは聞いて面白い、唯一無二のアイドルグループです。

入り口は狭めかもしれませんが、1度扉の中に入ってしまったら大きな部屋が広がっている。自分にはない世界だからこそ、興味が深くなります。

新型コロナウイルスの影響で経済的にはもちろん、考える時間ができるからこそ、消えるグループが多くなるのは間違いありません。

ゑんらもライブができなかったり、リリースが中止なったりしていますが、オリジナリティがあるからこそきっと生き残るでしょうね。

イベントでしか見たことがありませんが、フルで見たいなと思わせる力を感じます。

 

以上、『ゑんら:アバンギャルドおばけ ~思いの強さは甘くも辛くもある~』でした。


『ゑんら』をApple Musicで

ゑんら 関連記事

2018/7/7 release 1st Album
ゑんら:KEMURI ~変幻自在に変化する私たちに付いてきて~

2018/12/9 release 1st Single
ゑんら:さよならを教えて ~あの日に戻ることができないのなら~

2019/4/24 release 2nd Single
ゑんら:妖怪ディスコ ~ここで踊るのならば、この命尽きるまで~

2019/12/11 release 2nd Album
ゑんら:UKIYO ~時ははかないからこそ私たちに触れてみない? ~

2020//5/4 release Digital Single
ゑんら:アバンギャルドおばけ ~思いの強さは甘くも辛くもある~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント