Vince Neil:Tattoos & Tequila ~迷いを全て捨てて戻ってきたぜ~

Vince Neil:Tattoos & Tequila洋楽レビュー
洋楽レビュー

Vince Neil (ヴィンス・ニール) 3枚目のアルバムである「Tattoos & Tequila」。

モトリー・クルーに1997年に復帰。ソロ・アルバムとしては2枚目の「Carved In Stone」から、15年ぶりの2010年にリリースされたアルバムです。

2枚目は当時のヴィンス・ニールの状況から迷いが感じる内容のアルバムでしたが、この3枚目はイメージ通りのご機嫌なハードロックが聞かせてくれました。

ソロならではの曲もあり、もっと評価されていい内容のアルバムです。

Tattoos & Tequila 収録曲概要

「Tattoos & Tequila」の収録曲は以下の通りです。

  1. Tattoos & Tequila
  2. He’s a Whore
  3. AC/DC
  4. Nobody’s Fault
  5. Another Bad Day
  6. No Feelings
  7. Long Cool Woman
  8. Another Piece of Meat
  9. Who’ll Stop the Rain
  10. Viva Las Vegas
  11. Bitch Is Back

曲名だけ見ても、少し下品でヴィンス・ニールという感じがします。2枚目と比べると、曲名だけで大きく異るのがわかります。

モトリー・クルーに復帰したことが大きかったのが、想像に難しくありません。ソロでもご機嫌なハードロックを歌うヴィンス・ニールが戻ってきました。

Tattoos & Tequila

アルバムタイトル曲、かつオープニング曲の「Tattoos & Tequila」。(1曲目)

ミクスチャーロックのような曲で、ヴィンス・ニールのイメージを広げるであろう曲です。ハードロックの曲とは少し異なる、挑戦的な曲ですね。

しっかりと自分のものにしているので、タイトル曲にしたのだと思いますよ。

タトゥーとテキーラというロックをイメージするそののままの曲名の曲は、あとは女の子がいればいいんだという、イメージそのままの曲になっています。

モトリー・クルーではありそうでもやらない曲のタイプだと思いますので、久しぶりのソロでやりたかったのが、このタイプの曲なのかもしれません。

2枚目のヴィンス・ニールのソロしか聞いていない人は、本当に同じ人? と思わせるぐらい、モトリー・クルーに復帰して戻った変化が聞ける曲です。

AC/DC

女性のバイセクシャルを歌った「AC/DC」。(3曲目)

曲名と曲調かからバイセクシャルの曲とは分かりません。歌詞を聞くか歌詞を見てわかるという、少し面白い曲です。聞くだけだと面白さが半減しちゃいます。

この曲の彼女には、彼女も彼氏もいると歌っています。この状況を少し考えると、「AC/DC」という曲名をこの曲に付けたのがなるほどねとなりますよ。

ACとは「AC = Alternating Current = 交流」 。DCとは「DC = Direct Current =直流 」。彼女はどちらもいける人だという…。

「AC/DC」というとバンドを思い出してしまいますけれど、この曲は別のことです。否定ではなく、俺の他に彼女もいるんだという、楽しんでいる曲ですね。

この曲は聞くだけでも面白いですが、歌詞を見たほうがしっかりと楽しめます。

Another Bad Day

ロックバラード曲の「Another Bad Day」。(5曲目)

「It’s gonna be okay = 大丈夫だよ 」というのは、何かあっても俺がいるからと、優しさが感じられる曲です。こういう曲はやっぱりうまいですね。

少しいなたい懐かしい曲調であるのも、優しさを倍増させているような曲です。ヴィンス・ニールはやっぱり特別なボーカリストだということも分かります。

Another Piece of Meat

がっつりハードロック曲の「Another Piece of Meat」。(8曲目)

モトリー・クルーで演奏してもおかしくない曲ですけれど、ギターがミック・マーズでないと、こういうハードロックになるんだという曲です。

東京と歌詞が出てくるのですが、プレイボーイであるヴィンス・ニールは、日本にも彼女を作っているんだなと思わせてくれる内容の歌詞になっています。

MeatはMeetの言葉遊びかなと思ったのですけれど、Meatであるので面白い歌詞は、あなたの一部なんだよと言いたいのかもしれませんね。

アルバムの中でもギタリストは特にコピーしたくなる曲だと思いますよ。

Who’ll Stop the Rain

カントリー曲の「Who’ll Stop the Rain」。(9曲目)

ヴィンス・ニールにカントリーのイメージはあまりないというよりも、ある人の方が少ないと思いますが、これが思いの他にあっている曲です。

ロックが好きな人はカントリーは好きな人は多いですから、ヴィンス・ニールも実は好きだったんだでしょうね。自分もカントリーは好きで聞きます。

「Who’ll Stop the Rain = 雨は誰が止めるのだろう? 」という、カントリーならではの歌詞も、聞いてびっくりする人が多いかもしれません。

アルバムの中の1曲ですが、ハイライトになりえる曲だと思います。全曲カントリーのアルバムを出しても、ヴィンス・ニールは面白い気がしますよ。

全曲カントリーのアルバムというと、同じハードロックバンドでいうと、Aerosmithのスティーヴン・タイラーも出していましたね。

あとがき

ヴィンス・ニールがソロのライブでもモトリー・クルーの曲しかほぼ歌わないので、忘れ去られているアルバムですが、良質なハードロックアルバムです。

バンドは聞いても、ソロまで聞かないという人も多いと思います。ヴィンス・ニールの1枚目と3枚目は聞いた方がいいというよりも、聞いた方がいいです。

内容がよくても埋もれるアルバムは多くありますけれど、このアルバムも正に埋もれているアルバムですので、掘り返してみてはいかがでしょうか?

モトリー・クルーはもちろん最高ですが、ヴィンス・ニールのソロも捨てたもんではありません。時間の無駄ではなく、しっかりと楽しめるアルバムです。

 

以上、『Vince Neil:Tattoos & Tequila ~迷いを全て捨てて戻ってきたぜ~』でした。

Vince Neil 関連記事

1993/4/16 release 1st Album
Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~

1995/9/1 release 2nd Album
Vince Neil:Carved In Stone ~記録として残すもう1人の自分~

2010/6/21 release 3rd Album
Vince Neil:Tattoos & Tequila ~迷いを全て捨てて戻ってきたぜ~ ←今ココ

1981/11/10 release 1st Album
Motley Crue:Too Fast for Love ~華麗に舞い降りたクルーたち~

2019/3/22 release Soundtrack Album
Motley Crue:The Dirt Soundtrack ~終焉を迎えても輝きは消えない~

コメント