次回新着記事予定:洋楽で検討中
【ドコモ home 5G】
ドコモ home 5G

Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~

Vince Neil:Exposed洋楽レビュー
洋楽レビュー

Vince Neil (ヴィンス・ニール) 1枚目のアルバム「Exposed」。

モトリー・クルーを解雇された翌年の1993年にリリースされた、ソロアルバム。Steve Stevensと組んだ化学反応は、これ以上ない結果を生みました。

音、ビジュアル含めてベストとも思える関係は長くは続きませんでしたが、もし維持ができていたらモトリー・クルーよりも歴史に残っていたかもしれません。

今現在でも最高峰のハードロックアルバムといって過言ではない、優れた1枚です。

Exposed 収録曲概要

「Exposed」収録曲は以下の通り。

  1. Look In Her Eyes
  2. Sister of Pain
  3. Can’t Have Your Cake
  4. Fine, Fine Wine
  5. The Edge
  6. Can’t Change Me
  7. Set Me Free
  8. Living Is a Luxury
  9. You’re Invited (But Your Friend Can’t Come)
  10. Gettin’ Hard
  11. Forever

「Exposed = 露出」と名付けられたこのアルバム。11曲中のどこを切り取っても、ハードロックのカッコいい部分しか見当たらないような優れた内容。

モトリー・クルーを解雇されたヴィンス・ニールが、ここまで優れたアルバムを作るとは、恐らくリリース当時でも予想が難しかったのではないでしょうか?

カッコいい理由は、Steve Stevensとの組み合わせがこれでもかとばっちりとハマったこと。日本では、氷室京介との活動が有名なギタリストですね。

この1枚で関係が終わったのが、本当にもったない…。実際、ハードロックが好きであれば、必ず聞いておきたいと言い切れる良質なアルバムです。

曲中に飛び道具も目立ちますが、特にギタリストであれば必聴と言えますよ。

Look In Her Eyes

オープニング曲「Look In Her Eyes」。(1曲目)

ソロとしてもアルバムの1曲目としてもド派手さは、聞いた人の心を一瞬で鷲づかみする曲。ヴィンス・ニールのソロはやばいぞ! と感じさせてくれます。

モトリー・クルーとは異なる、派手さ十分に発揮した形。

また、この曲を聞いておもちゃの光線銃を買った人は多いはず。ギターのピックアップが信号を拾うので、ピコピコ音の似た感じの音が出せるんですよね。

テレビとかのリモコンでもいいですが、そこはビジュアル的に…。

Sister of Pain

ごきげんなハードロックナンバー「Sister of Pain」。(2曲目)

モトリー・クルーとあえての異なることをするのではなく、持っている良さをさらに伸ばしてきた楽曲。ライブで歌えるパートを作るとは、さすがと言えます。

少し下品な歌詞が、カッコよさを増した形。疾走感ではなくミディアムテンポでこのカッコよさを表現するヴィンス・ニールは、ステキでしかありません。

ロックソングはこのアルバムで多いですが、特にカッコいいといえる1曲です。

Can’t Change Me

フラメンコを取り入れたイントロが特徴な「Can’t Change Me」。(6曲目)

Theatre of Painに収録「Home Sweet Home」でバラードが歌えるのは分かっていましたが、もっと行けるんだぞというのを形として表現した曲。

聞く人によっては、この曲の方が好きという方もいるでしょうね。「Can’t Change Me」という曲名も、ここに俺はいる! という宣言にもなっています。

優れたロックナンバーの中に収録されているからこそ、ことさら良さが目立って聞こえる曲です。

Forever

アルバムのラストを飾る「Forever」。(11曲目)

永遠をテーマに歌ったバラードナンバー。ずっとであるはずが終わってしまったではなく、一緒に永遠に過ごして行こうというのが大きなポイント!

モトリー・クルーのことを考えれば同じ永遠でも続かなかったということになりそうですが、ソロの始まりだからこそ続いていく表現になったんでしょうね。

ソロの1枚目のラストに持ってきたことに、大きな意味があると曲と言えます。

残念ながらSteve Stevensとの関係は、はかなく終わってしまいましたが…。それでも短期間だったからこそよりカッコよく、後の復帰もあったんでしょう。

アコギとエレキが絶妙に組み合わさったギターソロは、聞き逃がせません。

あとがき

リリースから26年という時が過ぎているのにも関わらず、今も変わらずカッコよく、聞いていてもこれでもかと熱くなるアルバム。

個人的に洋楽に限定したら、ほぼ間違いなく1番回数を聞いています。プレイ的に難しいので今も怪しい部分も多いですが、コピーした曲も多いですね。

予定があるとは聞いたことありませんが、改めてリマスタリングなどがされたら、より今も生きている内容になるのは間違いありません。

その上で音楽を聞く手段として確立してきた「サブスクリプション配信(サブスク配信)」。最新作だけでなく、こういう過去作も聞けるのは大きなポイント!

もちろん登録されていなければ聞けませんが、20年以上もリリースからたっているアルバムも新作と同じように聞けるというのは、最高でしかないです。

よくある過去だけに依存する聞き方は面白くないですけれど、新作にプラスして既存曲やアルバムを振り返って聞くのは、音楽を楽しむ醍醐味だいごみともいえます。

実際古くても今作のように今でもカッコよく、聴き逃がせないアルバムもあります。たまには振り返って聞いてみることも、してみてはいかがでしょうか?

 

以上、『Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~』でした。


Amazon【Vince Neil】関連商品

Vince Neil 関連記事

1993/4/16 release 1st Album
Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~ ←今ココ

1995/9/1 release 2nd Album
Vince Neil:Carved In Stone ~記録として残すもう1人の自分~

2010/6/21 release 3rd Album
Vince Neil:Tattoos & Tequila ~迷いを全て捨てて戻ってきたぜ~

2021/8/12 release Digital Single
Vince Neil:25 or 6 to 4 ~今の俺は君の助けを必要としている~

関連アーティスト記事一覧
Motley Crue (モトリー・クルー)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント