Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~

Vince Neil:Exposed洋楽レビュー
洋楽レビュー

Vince Neil(ヴィンス・ニール) 1枚目のアルバムである「Exposed」。

Motley Crueを解雇された翌年の1993年にリリースされた、ソロアルバムです。Steve Stevensと組んだ化学反応は、これ以上はない結果を生みました。

Steve Stevensとの関係はこのアルバムのみで長くは続きませんでしたが、維持ができていたらMotley Crueよりも歴史に残っていたかもしれません。

今でも最高峰のハードロックアルバムといって過言ではない、アルバムです。

Exposed 収録曲概要

「Exposed」の収録曲は以下の通りです。

  1. Look In Her Eyes
  2. Sister of Pain
  3. Can’t Have Your Cake
  4. Fine, Fine Wine
  5. The Edge
  6. Can’t Change Me
  7. Set Me Free
  8. Living Is a Luxury
  9. You’re Invited (But Your Friend Can’t Come)
  10. Gettin’ Hard
  11. Forever

「Exposed = 露出」と名付けられたこのアルバムは、アルバムのどこを切り取ってもハードロックのカッコいい部分しか見当たらないような内容です。

Motley Crueを解雇されたVince Neilが、ここまで内容が優れてカッコいいアルバムを作るとは、リリース当時でも予想が難しかったのではないでしょうか?

Steve Stevensとの組み合わせが、ばっちりとハマったという内容です。Steve Stevensというと、日本では氷室京介との活動が有名なギタリストですね。

この1枚で関係が終わったのが、本当にもったない…。ハードロックが好きであれば、必ず聞いておきたいといい切れる良質なアルバムです。

曲中に飛び道具も目立ちますが、特にギタリストであれば必聴といえますよ。

Look In Her Eyes

アルバムのオープニング曲である「Look In Her Eyes」。(1曲目)

ソロとしてもアルバムの1曲目としてもド派手なこの曲は、聞いた人の心を一瞬で鷲づかみする曲です。Vince Neilのソロはやばいぞ! と感じさせてくれます。

MOTLEY CRUEも派手ですが、違う派手さ十分に感じされてくれる曲です。

この曲を聞いて、おもちゃの光線銃を買った人は多いはずです。ギターのピックアップが信号を拾うので、ピコピコ音の似た感じの音が出せるんですよね。

Sister of Pain

ごきげんなハードロックナンバーである「Sister of Pain」。(2曲目)

Motley Crueと異なることをするのではなく、持っている良さをさらに伸ばしてきたという曲です。ライブで歌えるパートを作るとは、さすがといえます。

少し下品な歌詞が、カッコよさを増している曲です。疾走感ではなくミディアムテンポでこのカッコよさを表現するVince Neilは、ステキでしかないですよね。

ロックな曲はこのアルバムに多いですが、特にカッコいいといえる曲です。

Can’t Change Me

フラメンコを取り入れたイントロが特徴な「Can’t Change Me」。(6曲目)

Vince Neilは「Home Sweet Home」でバラードが歌えるのは分かっていましたが、さらにバラードが歌えるというのを表した曲です。

聞く人によっては、この曲の方が好きという方もいるでしょうね。「Can’t Change Me」という曲名も、ここに俺はいる! という宣言にもなっています。

優れたロックナンバーの中にあるからこそ、よりよさが目立って聞こえる曲です。

Forever

アルバムのラストを飾る「Forever」。(11曲目)

永遠をテーマに歌ったバラードナンバーです。永遠であるはずだったのに終わってしまったではなく、一緒に永遠に過ごしていこうというがポイントです。

Motley Crueのことを考えれば同じ永遠でも続かなかったという内容になりそうですが、ソロの始まりだからこそ、続いていく永遠になったんでしょうね。

同じ永遠でも続いていくという内容で、ソロのファースト・アルバムのラストにこの曲を持ってきたのは、大きな意味がある曲といえます。

Steve Stevensとの関係は、はかなく終わってしまいましたが…。短期間だったからこそよりカッコよく、Motley Crueの復帰もあったんでしょうね。

アコギとエレキが絶妙に組み合わさったギターソロは、聞き逃がせません。

あとがき

リリースから26年という時が過ぎているのにも関わらず、今も変わらずにカッコよく、聞いていて熱くなるアルバムです。

予定があるとは聞いたことありませんが、リマスタリングなどされたら、より今も生きているアルバムとして聞けるようになるのは間違いありません。

音楽を聞く手段として今確立してきたいえるサブスクリプション配信(サブスク配信)ですが、最新作だけでなく、過去のアルバムも聞けるのポイントです。

もちろん登録されていなければ聞けませんが、20年以上もリリースからたっているアルバムも同じように聞けるというのは、最高でしかないですね。

過去だけに依存する聞き方は音楽として面白くありませんけれど、今にプラス過去を振り返って聞くのは音楽を楽しむ醍醐味(だいごみ)といえます。

古くてもこのアルバムのように今聞いてもカッコいい、聞くべきアルバムがあります。たまに振り返って聞いてみるということをしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、『Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~』でした。

Vince Neil 関連記事

1993/4/16 release 1st Album
Vince Neil:Exposed ~一瞬で消えた最高の露出~ ←今ココ

1995/9/1 release 2nd Album
Vince Neil:Carved In Stone ~記録として残すもう1人の自分~

2010/6/21 release 3rd Album
Vince Neil:Tattoos & Tequila ~迷いを全て捨てて戻ってきたぜ~

1981/11/10 release 1st Album
Motley Crue:Too Fast for Love ~華麗に舞い降りたクルーたち~

2019/3/22 release Soundtrack Album
Motley Crue:The Dirt Soundtrack ~終焉を迎えても輝きは消えない~

コメント