Trivium:What the Dead Men Say ~思いは伝わっていると信じてる~

Trivium:What the Dead Men Say洋楽レビュー
洋楽レビュー

Trivium (トリヴィアム) 9枚目のアルバム「What the Dead Men Say」。

前作「The Sin and the Sentence」から約2年半ぶり。音楽性としては延長線にある内容でありながら、より突き詰めた進化を聞かせてくれます。

先行配信曲で良さそうな気はしていましたが、全体としてとてもクオリティーの高いアルバム。期待通りというよりも、超えてきてくれました。

What the Dead Men Say 収録曲概要

「What the Dead Men Say」収録曲は以下の通り。

  1. IX
  2. What the Dead Men Say
  3. Catastrophist
  4. Amongst the Shadows & the Stones
  5. Bleed into Me
  6. The Defiant
  7. Sickness Unto You
  8. Scattering the Ashes
  9. Bending the Arc to Fear
  10. The Ones We Leave Behind

インストゥルメンタルを含む10曲で、46分。終始カッコいいモダンメタルが聞けます。バンドとしての脂が乗ってきた感じ!

マシュー・キイチ・ヒーフィーのよくYouTubeにアップするカバーはラフさがありますが、バンドとしての音源はきゅっと引き締まった内容です。

IX

インストゥルメンタル「IX」。(1曲目)

ラテン語で9を表す「IX = ノウェム」。9枚目だからこその曲名ですが、始まりとしてこの上なく期待を高めてくれます。

「What the Dead Men Say」にうまく橋渡しをするのに、しびれずにはいられません。

What the Dead Men Say

アルバム・タイトル曲「What the Dead Men Say」。(2曲目)

「死者の言葉」。本来は聞くことはできないからこそ、痛みと切なさが漂います。小説からということですが、寂しいアルバム・タイトル…。

What the dead men say
You can’t let go

「死者の言葉。手放せない」。実際の耳ではなく心で聞く言葉だからこその思いなのかも…。ロックにはこの寂しさが似合います。

Catastrophist

破壊させる者について歌った「Catastrophist」。(3曲目)

聞く人によっていろいろな解釈ができる曲。どうすることも出来ない状況に迷っているとも、怒りをため込んでいるようにも聞こえます。興味深いです。

How far along before we fade away?

「消えるまでにどのくらい距離があるの?」。逃げられないからの寂しさでしょうか。聞くたびに印象が変わって聞こえてきます。

転調が多い曲。思いが揺れるからこそなのか、聞いているだけだと気付かない感じがするのも特徴です。

Amongst the Shadows & the Stones

激しいメタル「Amongst the Shadows & the Stones」。(4曲目)

デスボイスが聞いていて熱くなると同時に、ギターを弾きたくなる曲。そこらのバンドが同じ曲を演奏したら、ごちゃごちゃして伝わらないかも…。

We’re dying for nothing at all

「俺たちはなんのためでも死にたくない」。生き続けたい思いだからこそ、叫びの声としてデスボイスがこれでもかとうまくはまっています。

吐き捨てるような言葉が、思いの強さを感じずにはいられません。

Bleed into Me

歌詞に込められた思いが切ない「Bleed into Me」。(5曲目)

血を流すとは自分の身を削るだけでなく、生命が消えていく状況でしょうか。ああるべきものがなくなっていくことに、切なさを感じます。

Before you are gone

「消える前に」。寂しいです。聞くだけでも切ないのですが、MVの永遠と逃げていくゲームがなんともいえません。走っても時間は残されていないのに…。

ライブでこの曲がしっかりと表現できたら、バンドの強みになりそうです。

The Defiant

リフがカッコいい「The Defiant」。(6曲目)

曲名の通り「反抗的」であるのを感じる曲。いいなりになったり、逃げ回るだけじゃないんだぞ! と、思いの強さがあります。

I stand in defiance of your ways

「あなたのやり方には逆らってみせる」。例え負けたっていい。立ち向かうことに意味があるんだという思いには、聞いていて熱くならずにはいられません。

演奏はアルバムの中でも特にシンプルですが、カッコいい曲です。

Scattering the Ashes

寂しさともに、強さの元となる「Scattering the Ashes」。(8曲目)

父と息子を亡くし悲しみにくれるのではなく、今夜「灰を散らす」。人としての形でなくなるからこそ、心として思いに留めるというこのなのかも…。

Too late, now all is gone

「遅すぎる。今全てがなくなった」。灰になってからでは、確かに遅すぎる。だからこそ、強く前に行くことを選ぼうとしている気がしました。

聞いているだけで情景が浮かんでくる曲は、MVになったらいいですね。

The Ones We Leave Behind

ラストを飾る「The Ones We Leave Behind」。(10曲目)

アルバム・タイトルに通じる曲。聞いていると、なるほどねと感じてしまします。最後にあることに意味があります。

The ones we leave behind

「俺たちが残したもの」。これが「What the Dead Men Say = 死者の言葉」。実際は聞けないと思ってしまいますが、ちゃんと伝えているんでしょうね。

ストーリーとして聞くと、面白みが大きくなります。小説を元にしたタイトル曲。他の曲も含めてアルバムで表現している世界が、興味深いです。

あとがき

充実した内容のアルバム。ポップさという意味でなく、どの曲をシングル・カットされてもおかしくないクオリティの高さがあります。

来年1月に振替公演が行われる「KNOTFEST」に出演が決まった、トリヴィアム。完全に浸透しきった中でのライブは、盛り上がるでしょうね。

歌詞の内容は寂しんですけれど、熱いモダンメタルを聞かせてくれました。今の状況にどんよりしている方に、聞くのをおすすめします。

聞くだけでロックの暑さ、カッコよさが十分に感じられることは間違いなしです。

 

以上、『Trivium:What the Dead Men Say ~思いは伝わっていると信じてる~』でした。


『Trivium』をApple Musicで

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント