Tremonti:Dust ~終わりを迎えることで先に見えたもの~

Tremonti:Dust洋楽レビュー
洋楽レビュー

Tremonti (トレモンティ) 3枚目のアルバム「Dust」。

前作「Cauterize」から11カ月弱。昨今のアルバムとしての間隔とすると、かなり早いミタイミングでリリースされた1枚。これには理由があります。

ジャケットにも共通点がありますが、2枚分を同時にレコーディングしていたから。「Cauterize」にはボーナス・トラックもあったので、合計で22曲。

かつ「Dust」がアウトトラック集ではなく、完全なる3枚目のアルバム。ギタリストとしても、ソングライターとしても格の違いを見せつけてくれます。

Dust 収録曲概要

「Dust」収録曲は以下の通り。

  1. My Last Mistake
  2. The Cage
  3. Once Dead
  4. Dust
  5. Betray Me
  6. Tore My Heart Out
  7. Catching Fire
  8. Never Wrong
  9. Rising Storm
  10. Unable to See

見て分かりやすい曲名はどのアルバムでも共通のもの。聞こえてくる音に怒りはあるんですが、寂しさが残るの内容であるのが特徴なアルバム。

本職がギタリストのソロだからこそギターに注目すべき点が多いのは事実でも、思いがある分、歌詞を見ながら聞いてほしい1枚です。

「My Last Mistake

もう過ちなんかしないという意思「My Last Mistake」。(1曲目)

怒りのようにも思えますが、もうこれで関係が終わるのだからと、あなたを懐かしいんでいうようにも聞こえます。もうどうでもいい! の思いかも…。

I swear that this time I will justify
Until I flee again

「これからは正当化することを誓う。次に逃げるまで」。逃げるまでとは行っていますが、後ろに振り返ることはないからこその言葉なのでしょう。

間違いだったけれど、部分的にもうないんだと寂しそうに歌うのがいいですね。短いギター・ソロは、別れを惜しんでいるようにも聞こえます。

Once Dead

高速バッキングが特徴的な「Once Dead」。(3曲目)

歌パートでは抑えめになりますが、ウォーミングアップなしでいきなり弾いたら間違いなく手がつる曲。それでも弾きたくなるのは、ギタリストの性ですね。

I need your pain again
I know you’ll bring it

「もう1度あんたの痛みがいる。持ってきてくれることを知ってる」。マゾかよという感じですが、痛みがあるからこその生きている実感なのでしょう。

いきなり同テンポで弾くと手を痛めるので、コピーの際は注意が必要です。

Dust

アルバムタイトル曲「Dust」。(4曲目)

自分が間違っていたのかと、問う思い。決して答えが戻ってくることのない問いかけに、寂しさが増していきます。

Why did you head out?
Did you lack the love?

「なぜ出て行ったの? 愛が足りなかったから? 」 。相手は女性ではなく、バンドメイトとも捉えることもできる表現。いろいろと勘ぐっちゃいます。

Creedもですが、同時録音の「Cauterize」の時点でベーシストが変わってますし…。あなたがいなくなり、残ったものは全てほこりになったとの表現。

タイトル曲ということいろいろな思いは入っていると思いますが、男ならではの不器用だからこその結果と、寂しさを聞かせてくれます。

Catching Fire

曲名のイメージからは少し異なる世界「Catching Fire」。(7曲目)

火を付けるのは、それしか選択肢がなくなったから。怒りからの爆発ではなく、終わらせるためにというのが、聞いていて切なくなります。

Make this world
Make this world his own

「この世界を作る。自分のものにするために」。作るとは言っているけれど、燃えた後に残るのは全てがなくなった世界。続きを考えると寂しい…。

切なく感じるのは、新たに何かを作るとは感じられないからでしょうか。受け取り方によって異なるでしょうけれど、全てを終わらせるために火を付ける。

そこに救いの世界が広がるかと言われたら、別の物を想像しちゃいます。

Unable to See

最後は負けない強さを「Unable to See」。(10曲目)

希望という前が見えないことを切なく思いながら、それでも俺たちは下を向かずに顔を上げるんだの思い。静かな曲の中に、強い闘志を感じさせます。

Still we sing tonight
And it will last forever and ever

「それでも俺たちは歌う。ずっと永遠に」。よくある前に進むではなく、俺たちは歌うと表現。これはロック魂のようなものじゃないでしょうか。

やりきれない寂しさが多い中で、最後に負けない強い意思があることで、救われます。本当に何も見えなかったら、やり切れない気持ちだけになりますから…。

「Cauterize」から続いてきた表現の最後の曲が、「Unable to See」であることに意味がある。これ以上のない終わり方になっていますよ。

あとがき

「Cauterize」と同時にレコーディングされたからこそ、ジャケットが似ているだけではなく、対になる1枚。合わせて聞いた方が、間違いなく楽しめます。

「Cauterize」では怒りだったものが、「Dust」では寂しさに。意図があって曲を振り分けていると思いますが、興味深い世界が聞けるのは間違いありません。

ギタリストのソロというとギターに振り切ってしまうことも多々ありますが、Tremonti というバンドの音を表現しているので、聞いていて実に面白い!

ですからギタリストにはもちろんですが、カッコいいロックが聞きたい! という方にもTremonti はオススメします。聞き漏れちゃうのは勿体ないですよ。

 

以上、『Tremonti:Dust ~終わりを迎えることで先に見えたもの~』でした。


『Tremonti』をApple Musicで

Tremonti 関連記事

2012/7/17 release 1st Album
Tremonti:All I Was ~過去の思いはここに置いていく~

2015/6/9 release 2nd Album
Tremonti:Cauterize ~全てはここで何度でも焼灼される~

2016/4/29 release 3rd Album
Tremonti:Dust ~終わりを迎えることで先に見えたもの~ ←今ココ

2018/6/8 release 4th Album
Tremonti:A Dying Machine ~朽ちていくのか、それとも…~

関連アーティスト記事一覧
ALTER BRIDGE (アルター・ブリッジ)

Creed (クリード)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント