楠木ともり:アカトキ ~常に自分自身をアップデートしていこう~

楠木ともり:アカトキ邦楽レビュー
邦楽レビュー

楠木ともり (くすのき ともり) 配信シングル「アカトキ」。

デビュー作「ハミダシモノ」から4カ月。彼女の21歳の誕生日に、リリックビデオが公開。翌日に配信が開始されました。

今が最高で終わらせず、アップデートしていこうよと、先を見ている曲です。

アカトキ 概要

まずこの「アカトキ」は、完全なる新曲ではありません。

デビュー前のライブグッズCDとして販売された「■STROKE■」に収録されていた曲。それを新たなアレンジにして、レコーディングが行われました。

ライブグッズCDはこれまでに2枚リリースされていますが、「ハミダシモノ」に収録された「眺めの空」「ロマンロン」が収録されていたもの。

まだ未収録が2曲残っていますので、何かのタイミングで聞けるかもです。

アカトキ

今をアップデートしていこう「アカトキ」。

誰かへというよりも、自分に言い聞かせるような前向きな思い。テキトーや無理やりではない言葉が選ばれているからこそ、思いがリアルに感じます。

さらっと歌っていますが、Aメロ、Bメロはかなり難しいメロ。普通に歌ったら、言葉が潰れて何言っているか分からなくなっちゃいます。

パートとするとサビがやっぱり印象に残りますが、彼女の実力のほどが分かる部分です。

アップデートしていこうよ
代わり映えしない日々なんてつまらないよ

平穏な毎日に満足するのではなく、もっと楽しい明日へ。実際問題として、停滞することは後退につながりますから、常に求めていく必要のある意思です。

頑張ろうだと嘘っぽいですが、アップデートというのは、いい言葉ですね。

夜明けの空のように 綺麗じゃなくたっていい
何かがうまれる瞬間を見てみたい

0から1になる瞬間。一番労力を使いますが、喜びや達成感も得る瞬間。惰性ではない明日が訪れることを期待するからこそ、楽しい時間が訪れるのでしょう。

表現している世界観がすごく興味深く、かつ面白い曲です。

まtが、印象的なタイトルの「アカトキ」。何かの略語であるのは間違いないと思うので、歌詞からの想像を自分なりにしてみました。

今をアップデートしていくというのは、最新版と同時に自分の中に追加されるものがあるはず。ということで、「アカトキ → 明るい瞬間とき」ではないかなと。

実際はどうなのかは分かりませんが、想像したくなるタイトル。センスの良さが曲名にも大きく表れています。ガチに彼女はヤバい存在になりそうです。

あとがき

デビュー作「ハミダシモノ」で感じたポテンシャルの高さは、気のせいではありませんでした。声優という前置きがなく、完全にアーティストで通用しますよ。

また、リリックビデオのラストに表示の通り、春に2枚のEPをリリース予定。詳細は未定ですが、きっと期待以上のものを提示してくれることでしょう。

楽曲としても期待なのですが、いいパーソナリティーをしている彼女。ラジオでも面白かったので、また毎週放送される番組が復活するのを期待しています。

声優ファンならず、純粋な音楽ファンも唸らせるであろう彼女。2021年のアーティストとしての活躍することは、ほぼ間違いないのではないでしょうか。

 

以上、『楠木ともり:アカトキ ~常に自分自身をアップデートしていこう~』でした。


『楠木ともり』をApple Musicで

楠木ともり 関連記事

2020/8/19 release 1st EP
楠木ともり:ハミダシモノ ~この声はどこまで大きくなると思う?~

2020/12/23 release Digital Single
楠木ともり:アカトキ ~常に自分自身をアップデートしていこう~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント