Theory of a Deadman:Wake Up Call ~今があなたらしく目覚める時~

Theory of a Deadman:Wake Up Call洋楽レビュー
洋楽レビュー

Theory of a Deadman (セオリー・オブ・ア・デッドマン) 6枚目のアルバム「Wake Up Call」。

前作「Savages」から3年3カ月ぶり。アルバム・タイトルからして爽やかになりましたが、曲調が今までの活動の中で一番ポップな音。

セオリー・オブ・ア・デッドマンならではの寂しさも持ち合わせつつ、音がポップであるからこそ、バンドの最初の入り口として入りやすい1枚です。

Wake Up Call 収録曲概要

「Wake Up Call」収録曲は以下の通り。

  1. Straight Jacket
  2. Rx (Medicate)
  3. Echoes
  4. Wake Up Call
  5. PCH
  6. G.O.A.T
  7. Loner
  8. Time Machine
  9. Glass Jaw
  10. Po Mouth
  11. Wicked Game

曲名がシンプルであること、11曲で41分というコンパクトさは今までと同様。基本として、まわりくどくせずに伝える。曲を作る際は逆に難しいかも…。

リリース周期が一貫して3年に近いのも、この変に理由がありそうですね。

音がポップである分、歌が中心となって耳に入ってくる1枚。とはいっても特に前半の曲の歌詞は重いので、単なるポップでないのも特徴になっていますよ。

Straight Jacket

連弾のピアノが印象的な「Straight Jacket」。(1曲目)

曲名が変わっていますが、描いているのは精神が病んでしまっている人たちの世界。難しいテーマを表現したオープニング。曲もですが、MVも寂しげです。

I’m freaking out, I’m panic attacking

「俺はおかしくなり、パニック発作をしている」。自分では管理ができなくなっているのは、ある意味で正常に目覚めていない状態。

自らではなく、誰かに姿勢を正されるからこそ、「Straight Jacket」なのかも…。自分は普通ではないと気付くことが、この曲の本題でありそうです。

Rx (Medicate)

薬物の問題について歌った「Rx (Medicate)」。(2曲目)

曲調はポップなのですが、歌詞はヘビーなもの。MVは日本のアーティストであったら、まず描かれないもの。でも、実際こうなんだろうなと思わせます。

Nothin’ to do today
I guess I’ll sit around and medicate (Medicate)

「今日はやることがなし。じっくりと座って薬でもやるか」。日本であれば余計に分かりえない思いだからこそ、怖さを感じる行動と感情。

その思いや行動は普通じゃないと気付かせるのが、狙いなのかも…。口笛は思わず楽しい時に吹くものだと思っていましたが、この曲ではとても悲しげです。

Echoes

心へ響く思いを描いた「Echoes」。(3曲目)

切ないことも、楽しさのどちらもが、自分を形成していく思い。サビの反響するようなメロディも含めて、興味深く感じる曲。目の付け所が面白い!

It echoes, echoes
It echoes in my mind

「響く、反響する心に響く」。考え方次第でいい方向にも、悪くにもなって心の中に浸透していく思い。物の見方の重要性を感じさせます。

これは違う、嫌だなと感じた時は、少しでも楽しくなる方法を考えて行動したいもの。反響だからか分かりやすいメロディーは、耳に絶え間なく入ってきます。

Wake Up Call

アルバム・タイトル曲「Wake Up Call」。(4曲目)

優しい思いが詰まった曲。起きて! というのは、単に眠りからだけでなく、あなたらしくという思い。1〜3曲目がなぜ、先にあるのかを示しているかのよう。

Come home, come ho-o-ome, come home, come ho-o-ome

「帰ってきて x4」。あなたへのコールは目覚めさせるのではない、特別な感情を感じさせます。睡眠ではなく、本当のあなたが帰ってきてなんでしょうね。

単曲としてでなく1〜4曲目までのブロックで聞くと、この「Wake Up Call」に込められた思いが強く伝わってくるのではないでしょうか。

PCH

略語になっているタイトル「PCH」。(5曲目)

一体なんのことだろう? と思ってしまいますが、歌詞を見ていくと、頭を置く場所だとある。ヒントがあることで、想像できる部分がでてきます。

「PCH = Platform controller Hub = プラットフォーム・コントローラー・ハブ」。パソコン中に入っているチップセットで、CPUとつながる部分。

「CPU = 頭脳」ですから、頭を置くとなると一致。実際にこの曲のPCHが何を表しているかは分かりませんが、いろいろな想像ができるのが面白い!

When the rest of the world is sleeping
We’re up all night

「他の世界が眠っている時、俺たちは一晩中起きている」。正に頭脳であり、いつでもつながっているんだよというのを表していそう…。

ポップな曲調であるのに、歌詞がひねくれているのを面白く感じちゃいます。

Loner

興味深い表現をしている「Loner」。(7曲目)

面白く感じるのは「全てを誰もが同じ方向を向く必要はあるの? 」というものだから。対抗するのではなく、いろいろな考え、個があってもいいという感じ。

同じことであっても、つまんないという人もいえれば、面白い! と思う方もいる。見え方も感じる思いも、それぞれで異なるからこそ人は面白いんです。

I’m a loner and that’s okay

「俺は孤独でもそれがいいの」。自分をなくしてしまうなら、1人の時があってもいい。常に誰かといなくても、いいという感じでしょうか。

人とのつながりは大切ですが、意に反するならつらくなるよと言っているのかも…。ポップな曲調だからこそ、受け取り方は聞く人によって変わりそうです。

Wicked Game

Chris Isaakのカバー「Wicked Game」。(11曲目)

HIM も2枚目のアルバム「Razorblade Romance」でカバー。1989年リリースの名曲ですが、セオリー・オブ・ア・デッドマンがとなると、意外な選曲。

メロディーと歌詞は同じですが、オリジナルともHIMとも異るアレンジです。

Nobody loves no one

最後の「誰のことも愛さない人はいない」。アルバムの中で表現してきたことに加えて、追加で表現をしたかった部分なのかもですね。

自分は1人でいいと思っている人も、実は違うんじゃない? という感じで…。

あとがき

ロックバンドであることは変わりませんが、音がポップなアルバム。全体的にギターの歪みも減っているからこそ、余計にそう感じるかもです。

とはいえ前半の歌詞は重いので、聞き方によって変わってきますが…。

前作「Savages」セオリー・オブ・ア・デッドマンのハードな部分がフィーチャーされていましたから、今回はポップな要素を音の主としたのかもですね。

続くアルバム「Say Nothing」。今作でポップにした反動に加えて、反響からかまた異なる世界を表現するのですから、興味深く面白いバンドです。

 

以上、『Theory of a Deadman:Wake Up Call ~今があなたらしく目覚める時~』でした。


『Theory of a Deadman』をApple Musicで

Theory of a Deadman 関連記事

2017/10/27 release 6th Album
Theory of a Deadman:Wake Up Call ~今があなたらしく目覚める時~ ←今ココ

2020/1/31 release 7th Album
Theory of a Deadman:Say Nothing ~僕は何も言葉を伝えられなかった~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント