THE YELLOW MONKEY:BUNCHED BIRTH ~今ここで生まれた~

THE YELLOW MONKEY:BUNCHED BIRTH邦楽レビュー
邦楽レビュー

THE YELLOW MONKEY (ザ・イエロー・モンキー) 1枚目のミニ・アルバム「BUNCHED BIRTH 」。

ザ・イエロー・モンキーのインディーズで1991年にリリースした唯一の作品で、今もライブで歌われる曲も収録されている作品です。

ジャケットも刺激的ですが、収録内容も今に聞いても刺激的で、過去作だからと聞き逃すにはもったいないミニ・アルバムとなっています。

BUNCHED BIRTH 収録曲概要

「BUNCHED BIRTH 」の収録曲は以下の通りです。

  1. BUNCHED BIRTH
  2. WELCOME TO MY DOGHOUSE
  3. FAIRY LAND
  4. LOVERS ON BACKSTREET
  5. HANG ONTO YOURSELF
  6. SLEEPLESS IMAGINATION
  7. TEARS OF CHAMELEON (Mr.PAPER MOON)

タイトル「Bunched Birth 」は「集中出産」のいう造語。このアルバムのために集中的に楽曲を作っただけでなく、後に発表する曲も含まれています。

4枚目のアルバム「smile」に収録、6枚目のシングル「嘆くなり我が夜のFantasy」もこの時期ということですから、とても興味深い制作秘話です。

ジャケットのイラストも「smile」も同じ人が書くことになるのですから、ザ・イエロー・モンキーに欠かすことのできないアルバムといえます。

WELCOME TO MY DOGHOUSE

ライブでも定番の「WELCOME TO MY DOGHOUSE」。(2曲目)

SEのようなインスト曲「BUNCHED BIRTH」がなだれ込むに始まる曲は、一気にザ・イエロー・モンキーの世界へ引きずり込まれる曲です。

Welcome to my doghouse 私の首の鎖を
Welcome to my doghouse baby すぐに外して
I miss you

「私の犬小屋へようこそ」という表現も面白いですが、聞いていると自然と一緒に鼻歌で歌ってしまう、ポップさがあります。サビらしいサビです。

歌入りのオープニング曲として、このアルバムにぴったりといえます。

FAIRY LAND

横ノリな曲がカッコいい「FAIRY LAND」。(3曲目)

めちゃくちゃポップな曲でありながらロックな曲は、今に聞いても新鮮な曲です。この系統の曲をするバンドは、今はとても少ないですよね。

少ないのは横ノリの曲でちゃんと聞かせるのが難しいというのもありますが、初音源でこれだけ横ノリのカッコいい曲を作っているのは、驚きです。

もともとカッコいい曲だとは思っていましたけれど、あらためてこのアルバムを聞いていてカッコいいなと感じてしまいました。横ノリの曲もいいですよ。

LOVERS ON BACKSTREET

6分オーバーで構成も多いのに聞いていて複雑さを感じさせない「LOVERS ON BACKSTREET」。(4曲目)

デビュー後に再録もされた曲の、オリジナルバージョンです。聞くだけでもカッコいいですし、楽器を弾く人は特に面白いなと感じてしまう曲だと思います。

あなたにもお花をあげましょう
Lovers on backstreet crazy

この表現はカッコいいですよね。聞いたことがない表現でした。

オンタイムで聞いているのは3枚目「jaguar hard pain」からですが、ザ・イエロー・モンキーに興味を持ったきっかけの曲です。

当時はお化粧系、ビジュアル系にドハマリをしていた少年期に「なんだこの曲! かっこいいな!」と感じさせるには十分過ぎる曲でした。カッコいいです。

SLEEPLESS IMAGINATION

ブリブリに動くベースラインがカッコいい「SLEEPLESS IMAGINATION」。(6曲目)

HEESEYのベースラインはギタリストが聞いてもカッコいいものが多いですが、思わずコピーしたくなるベースです。

グラムロックな曲は、初期のザ・イエロー・モンキーという感じがします。

のどをうるおすための
指についたMilkを吸いながら

お酒ではなくMilkというのが独自性であり、カッコよく感じてしまいます。「SLEEPLESS IMAGINATION = 眠らない想像力」。曲名もなるほどですね。

あとがき

配信限定シングル「未来はみないで」を機に、ザ・イエロー・モンキーを聞き直しているのですが、この「BUNCHED BIRTH 」カッコいいですね。

聞いている回数が多いのもありますが、久しぶりに聞いても歌詞、ギターのフレーズも覚えていてなんとなく形になって弾けるのも興味深かったです。

リリースから30年近くたっていますが、カッコよさは今も変わりません。聞いていた人はあらためて、聞いたことがない人にも聞くのをオススメします。

初期ならではのグラムロックであったり、今に聞いてもとても新鮮に感じるのではないでしょうか? ザ・イエロー・モンキー。初期もカッコいいですよ。

 

以上、『THE YELLOW MONKEY:BUNCHED BIRTH ~今ここで生まれた~』でした。


『THE YELLOW MONKEY』をApple Musicで

THE YELLOW MONKEY 関連記事

1991/7/21 release 1st Mini Album
THE YELLOW MONKEY:BUNCHED BIRTH ~今ここで生まれた~ ←今ココ

2020/3/13 release Delivery limited Single
THE YELLOW MONKEY:未来はみないで ~また会えるのを約束するまでは~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント