【Rock oN Company】
Rock oN CompanyRock oN Company

System of a Down:Steal This Album! ~盗まれたのは本物じゃない~

System of a Down:Steal This Album!洋楽レビュー
洋楽レビュー

System of a Down (システム・オブ・ア・ダウン) 3枚目のアルバム「Steal This Album!」。

前作「Toxicity」から1年3カ月。日本語にすると「このアルバムを盗む」と、インパクトのあるタイトルと、CD-Rのようなシンプルなジャケット。

タイトルも見た目も皮肉がたっぷりで、バンドの意図とは異なる形でリリースになった1枚ですが、システム・オブ・ア・ダウンを聞くなら外せない内容。

というよりも、むしろ個人的にはバンドの5枚の中で1番押したいアルバムです。

Steal This Album! 収録曲概要

「Steal This Album!」収録曲は以下の通り。

  1. Chic ‘N’ Stu
  2. Innervision
  3. Bubbles
  4. Boom!
  5. Nüguns
  6. A.D.D. (American Dream Denial)
  7. Mr. Jack
  8. I-E-A-I-A-I-O
  9. 36
  10. Pictures
  11. Highway Song
  12. Fuck the System
  13. Ego Brain
  14. Thetawaves
  15. Roulette
  16. Streamline

バンドは「Toxicity」リリースの際に、30曲以上をレコーディング。結果的には15曲が収録されてリリースされました。そこで残ったのが、アウトトラック。

それらの曲が2002年の初頭に「ToxicityII」としてネット上に流出。当然ながら完全に違法の上、音質を含めて意図しない形にバンドは大きく失望。

そこで取った行動が、だったら高品質でしっかりとした物をと、リリースされたのがこのアルバム。「このアルバムを盗む」となったのは、意味がありました。

アウトトラックというと単なるBサイドやおまけかとも思われますが、聞けば分かるそのクオリティ。「Toxicity」に入るべき場所がなかっただけでした。

今だと流出はYouTubeに動画としてアップされることが多いですが、リリース当時はMP3として違法にアップされることが多かったんです。

正規に出た物でも当然アウトですが、世に出していない曲が違法に出回る…。システム・オブ・ア・ダウンでなくても許容はできない形ですよね。

本来の予定になくても、結果として3枚目となったアルバム。内容は熱いです。

Chic ‘N’ Stu

狂気的なオーブーニング「Chic ‘N’ Stu」。(1曲目)

激しいだけでなく、途中に静かでポップなメロディーになるからこそ、より狂っている感じが強くなる曲。個人的にバンドの中で、一押しの曲!

完全にいっちゃっているんですが、そこがまたカッコいいんです。

Advertising’s got you on the run

「広告は逃げていく」。1節だけ見るとなんのことやらですが、何にしても広告がついて回る世の中。そう思ってなくても、振り回されているのが日常です。

特に何か悩んだ人には、気になるからこそ解決方法を探す。そこに群がる悪いやつらが言葉巧みに操ろうとする。解決するつもりが、闇に落ちていく…。

ピザの表現もしていますが、見たら食べたくなる。結果的に操られているんです。曲としては狂気的ですが、思いの他に深いものがありますよ。

Bubbles

泡が弾けるように、必要なことさえも忘れていく「Bubbles」。(3曲目)

権力を振るわれることで、他人の意思が自分の中になっていく。そこに気付いているけれど、止める余地がないことに寂しさを感じさせます。

May I remind you, may I remind you, may I remind you

「思い出せれてくれ。思い出したいんだ。思い出したい」。本当の自分をの思いだからかこそ、聞いていて切なくなる思い。それでも、消えていく…。

寂しく、嘆きの歌。権力にどうこうせはなく、激しい音は自分を恥じているかのよう。また演奏がカッコよく、聞けばコピーしたくなること請け合いです。

Boom!

Apple Music Movie IconBoom!
フルMVをApple Musicで観る

爆弾への抗議「Boom!」。(4曲目)

1つのボタンで爆弾が投下され、亡くなる人。奪ってはいけない命が奪わていくんです。Bombとかけているのでしょうけど、ブームにはなっていけないこと。

爆弾ですが、戦争をすることへの何してんだ! の抗議でもあります。

Why must we
Kill our own kind?

「なぜ俺たちは、同じ人を殺すのか?」。その通りの思い。爆弾を投下する人にはその行動の意味があるとしても、人の命よりも重いものかい? の問いかけ。

MVも制作されていますが、なぜ? が怒りになっている曲。印象的です。

I-E-A-I-A-I-O

それがあなた達の理想なのか? 「I-E-A-I-A-I-O」。(8曲目)

気になるタイトルの「I-E-A-I-A-I-O」は「Idealization = 理想化」。母音となる部分を取って略した言葉。歌詞も含めて見ないと分からない、面白い趣向です。

I-E-A-I-A-I-O, why?
And we light up the sky

「理想化 。なぜ? そして俺たちは空を照らす」。明るい日差しというよりも、攻撃による光ではないでしょうか。誰かの理想が攻撃となり、悲しむ人がいる。

まるで呪文のように歌うサビが、聞いていて耳に残ります。

36

操られるのか、自分のペースで生きるのか「36」。(9曲目)

コンパクトな曲が多いバンドの中でも46秒と、最短。あなたは人生をどうすごすんだい? と、曲が短いからこそメッセージが強いです。

Will you live at your own pace?

「あんたは自分のペースで生きるの? 」。この曲の中でいえばテレビ。今でいえばネットによって、意思を操られている人には、強いメッセージ。

また、気になる36は、リリース当時のサージ・タンキアンの年齢。実際のところは分かりませんが、人生を問うというのが年齢という数字になったのかも…。

Fuck the System

巻き舌で歌うのが狂気を増す「Fuck the System」。(12曲目)

人によって受け取り方が変わるであろう曲。この世界は間違っているとも取れますし、狂っているのであれば、いっそのこと壊してしまえ!  という感じ。

We all need to fuck the system!

「俺たちでシステムぶっ壊してしまえ! 」。怒りというよりも、全てを一旦”0″に戻してやる! という思いなのかもしれません。

不平不満をいうのではなく、ぶち壊すという行動へ。聞いても、かなり狂気的な曲。これはシステム・オブ・ア・ダウンでないと表現できないでしょう。

Roulette

頭の中で気持ちがぐるぐると回る「Roulette」。(15曲目)

バンドには珍しく、アコースティックな曲。他とは異なる表現だからこそ、アルバムの中でも際立っているとともに、言葉にした思いがすっと入ってきます。

I know, how I feel when I’m around you

「知ってる。俺のそばにいる時のあなたの気持ち」。人は機械ではなく、それぞれが感情を持った生き物。俺の行動が何を思うかということでしょうか。

実際には人によって受け取り方も行動も異なるからこそ、分かっているつもりがそうではなく、ぐるぐると気持ちが回ってしまうのかも…。

音もメッセージもシステム・オブ・ア・ダウンのイメージが広がる曲です。

あとがき

アルバム全体のテーマとしては、「Toxicity」のが上かもしれません。ですが、攻撃性が高いからこそ、聞く時を選ぶ内容でもありました。

そこに比べると激しさだけではない「Steal This Album!」は、聞きやすさがあります。その点も自分がシステム・オブ・ア・ダウンの中で好きな理由かです。

ロックやメタルだけでなく、ポップスなど関係ない雑食なのもあるかも…。

それにしても、このアルバムがリリースされた理由は違法アップロードからくるもの。アーティストを苦しめるものでしかないので、なくなってほしいですね。

きっかけは悲しいものであっても、本当にいい内容のアルバム。システム・オブ・ア・ダウンを聞く始まりとしてもオススメします。

 

以上、『System of a Down:Steal This Album! ~盗まれたのは本物じゃない~』でした。


Amazon【System of a Down】関連商品

System of a Down 関連記事

1998/6/30 release 1st Album
System of a Down:System of a Down ~狂気の音が生まれた~

2001/9/4 release 2nd Album
System of a Down:Toxicity ~この毒から逃れることは不可能~

2002/11/26 release 3rd Album
System of a Down:Steal This Album! ~盗まれたのは本物じゃない~ ←今ココ

2005/5/17 release 4th Album
System of a Down:Mezmerize ~あなたは操られていないか? ~

2005/11/22 release 5th Album
System of a Down:Hypnotize ~催眠術であなたを洗脳された~

2020/11/6 release Digital Single
System of a Down:Protect The Land ~これが現実だと知ってくれ! ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント