次回新着記事予定:邦楽で検討中
【ポケット語学】
ポケット語学

Stratovarius:Survive ~ここは強い者だけが生き残る世界~

Stratovarius:Survive洋楽レビュー
洋楽レビュー

Stratovarius (ストラトヴァリウス) 配信シングル「Survive」。

15枚目のアルバム「Eternal」から6年9カ月。22年9月23日にリリースされる16枚目のアルバム「Survive」からの、先行配信 & タイトルトラック。

なんとも”らしい”スピードトラックは、アルバムへの期待を高めてくれます。

Survive 概要

「Survive」楽曲クレジットも見て分かること。前作「Eternal」でも数曲参加していましたが、ヤニ・リーマタイネンが楽曲の制作に参加。

ティモ・コティペルトとはCain’s Offeringで活動。先日リリースされたソロ・アルバム「My Father’s Son」に参加しているので、不思議ではありません。

また、タイトル曲で参加してくるということは、その他にも数曲あってもおかしくないはず。これは後に分かることなので、楽しみに待ちたいと思います。

継続して参加するというのは他メンバーとの相性もいいのでしょうし、いっそのこと加入してしまえばいいのに! なんて感じる方も多いかもです。

その活動を見ていると、1つに囚われたくないのかもですが…。

Survive

この世界は弱肉強食「Survive」。

弱い者を守ろう!  というのは、人ならではの思い。ですが実際はどうかと言えば、そこに不公平感があったとしても、強い者だけが生き残るもの。

オブラートに包むのではなくあえて現実を知ることで、どうこの先を生きていくという思いが表現されていそうです。速いスピードは意思の強さでしょうか

I have lost my way
And no one’s here to find me

「俺は道に迷った。そして、誰も俺を見つけるためにここにはいない」。予想外のことが起こるからこそ、それを望んでいなくても迷ってしまう。

一部の人がその状態になっているのであれば、手を差し伸べてくれる人もいるでしょうけれど、全体となったらそんな余裕もみんな持ち合わせなくなります。

弱い者も助けてはもらえない状態。余裕がなくなるこそですが、寂しい世界です。

I will not give up
As long as I’m alive
Only the strong will survive

「俺はあきらめない、生きている限り。強い者だけが生き残るんだ」。心が折れない限りはその先があるけれど、逆の場合は手詰まりになってしまうもの。

誰かが手を差し伸べてくれないのが悪いのではなく、支えがなくても強くありたい。現実にも反映される今の時代だからこそ、必要な感情でありそうです。

文句を言ったり、嘆いたりするのではなく、それが現実だと知る。全てが平等であるのが理想ではあっても、弱肉強食があるのがリアルな世界ですから…。

また、この曲のリフはかっこいい! 自分でなくともロック好きなギタリストならば、思わずコピーしたくなりますよ。

あとがき

16枚目のアルバムのタイトルトラックかる、1曲目。ストラトヴァリウスというと、1曲目がスピードトラックだと、大概は内容がいいんですよね。

だからこそ、その出来には期待をしてしまいます。本来は2020年予定だったのが世界情勢からそのまま楽曲制作を継続し、遂という形でのリリース。

当初とは時代背景もプラスされて内容も変わってきているでしょうし、煮詰められた楽曲もあるはず! 加えてバンド史上最長に空いたリリース間隔。

当然の様に待たされた分を期待して加味し、リリースを待ちたいを思います。

 

以上、『Stratovarius:Survive ~ここは強い者だけが生き残る世界~』でした。

Stratovarius 関連記事

2022/6/3 release Digital Single
Stratovarius:Survive ~ここは強い者だけが生き残る世界~ ←今ココ

2022/7/1 release Digital Single
Stratovarius:World On Fire ~目の前にある現実を見ろ! ~

「Stratovarius」をApple Music で聴く

Amazon【Stratovarius】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント