次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【ABEMA】
AbemaTVAbemaTV

Stone Sour:The Dark ~俺がくることを待ち構えている~

Stone Sour:The Dark洋楽レビュー
洋楽レビュー

Stone Sour (ストーン・サワー) 配信シングル「The Dark」。

Slipknot、ソロとしても活動するCorey Taylorのもう1つのバンド。今作はコリィ・テイラーが映画 Fear Clinicに出演することにより、制作されたカバー。

そのきっかけはともかく、以降に色々と繋がりを築いていくことになった1曲です。

The Dark 概要

「The Dark」はMetal Churchが1986年にリリースした、2枚目のアルバムのタイトルトラック。それをSTONE SOUR流に解釈をしたカバーとのこと。

だからこそですがオリジナルと比べると、聞こえ方が異なります。Metal Churchは正に男らしさ満載ですが、STONE SOURは変化がある形。

ソロは異なりますが、Slipknotの表現に近いかも…。音の表現として大きくは変えずとも聞こえるこの変化。メタルソングの面白さが含まれています。

圧倒的に聞きやすくはなっているけれど、ソフトやポップではない。これは聞いていて、めちゃくちゃに面白いです。

The Dark

Metal Church のカバー「The Dark」。

恐怖を感じる闇。自分がくることを手をこねまいているように思えるからこそ余計に…。それでも、その闇に入り混んでいくことを望んでいるような節も…・

単なる明るさとしての暗さというだけでなく、人の闇を描いていそうです。

My nightmares breathe new life

「悪夢が新たな命を吹き込むよ」。新たな命をと言えばその多くは希望だったり未来であることが多いですが、悪夢とともに生まれるのは別のもの。

自分をただひたすらに追い込んでいく、絶望と言っていいかもしれませんね。

Of something evil lurking
And waiting for me in the dark

「何か邪悪なものが潜んでいるんだ。加えて闇の中で俺を待っている」。最初は恐怖していたのに、何か起こるか分からずともその場に行きたくなる。

光指す方へではなく、闇が深くなる方へ目指したくなってしまうのは気持ち的に分からないでもないです。それを心地良く感じるのが、人の闇なのでしょう。

また、オリジナルもカバーも吐き捨てるように歌うのは同様ですが、明らかにその言葉が聞き取りやすいからこそわかりやすくなるSTONE SOURの表現。

恐らく他のジャンルよりも少しの変化が大きな違いとなるメタル。現在はマイノリティーではありますが、可能性としては多くを秘めていそうです。

オリジナルのこれでもかとコテコテなのも、個人的は好きですが…。

あとがき

敬意が払われているのは、バンドのロゴのみを変更したジャケットにも現れています。オリジナルを知っている人は、きっと「おおっ! 」ってなる感じ。

加えてStone Sourで聞いてオリジナルのMetal Churchを聞く方には見てすぐに分かりやすいですし、うまいジャケットの表現にしたなと感じてしまいます。

仕組みとしてBOØWYやKISSからの影響と分かるジャケットと、同様かなと。

また、最初はコリィ・テイラーが映画 Fear Clinicに出演することで作られた今作。カバーの面白みを知ったのか、続けて2枚EPがリリースされています。

「Meanwhile in Burbank…」「traight Outta Burbank…」。どちらも今作と同じく2015年のリリース。音楽にとって1つのきっかけとは面白いものです。

加えて今作の発売時はからかなり時間が経過しますが、コリィ・テイラーがソロとしてカバー中心の「CMFB …Sides」をリリース。

直接的ではなくても、間接的には影響があったのではないでしょうか。音を聞けば明らかですが、ソロとバンドで同じカバーでも表現が変わってきますので…。

個人的にも「CMFB …Sides」を聞いた後に思い出したのが、この「The Dark」でした。それにしても、面白いことを表現してくる方たちです。

間もなくSlipknotが動きだすのでStone Sourのオンタイムではいつになるかは不明ですが、また将来的に再開を再開してくれることを期待しています。

 

以上、『Stone Sour:The Dark ~俺がくることを待ち構えている~』でした。



Amazon【Stone Sour】関連商品

Stone Sour 関連記事

2015/2/6 release Digital Single
Stone Sour:The Dark ~俺がくることを待ち構えている~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Corey Taylor (コリィ・テイラー)

Slipknot (スリップノット)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント