【楽天ブックス】

STARMARIE:パノプティコン ~全てが見えているのかは不明~

STARMARIE:パノプティコン邦楽レビュー
邦楽レビュー

STARMARIE (スターマリー) 配信シングル「パノプティコン」。

前作「此このままモンスター」から8カ月。コンピレーション・アルバム「閉じ込める!」「Fantasy Parade Episode I 」挟んでリリースされました。

新体制第一弾の新曲は、意外性のある音を聞かせてくれます。

パノプティコン 概要

20年9月6日 横浜ランドマークホールのライブを持って、渡辺楓が活動終了。新規にメンバーを募集し、「麻弥」が加入。

新体制となってからコンピレーション・アルバム「Fantasy Parade Episode I 」がリリースされていますが、新たなる提示となると今作が初!

1曲のみではなんとも言えない部分があっても、既存とは異なる新たな提示を最初にしてきたのは、面白く感じる方も多そうです。

パノプティコン

新体制での初の新曲「パノプティコン」。

気になる「パノプティコン = panopticon」とは、一望監視施設のこと。監獄施設に用いられる、どこからでも見られる状態。響きも面白い言葉ですよね。

ただし、STARMARIEが歌っているのは囚人ではなく、視点についてです。

パパパパ パノプティコン 君のことばかり
考えてしまう運命なんてただの概念ね

どこにいても、いつでも君を考えてしまう。恋をしたからこその思いは、確かにパノプティコンと同じような状態。

意味を知らなければその響きがぐらいですが、面白い言葉の使い方です。

青いカナリア アカシアの花 零れ落ちたロゼッタ

2度目のAメロにもありますが、最後に再度あることで、意味深長に。それぞれので比喩や花言葉を考えると、見え方が変わってくるんです。

その他の比喩や花言葉の意味もありますが、カナリヤは危険の察知。アカシアは秘密の恋。ロゼッタは女性の名前。そう考えると、全然ハッピーではないなと。

そこはファンタジーな物語を表現する彼女たち。どれが正解というのではなく、含みを持たせて想像をさせてくれるのは、面白さの1つではないでしょうか、

また、STARMARIEはメンバーが5人だからこそ、1人入れ替わっただけでビジュアルの見え方が変わったのも、興味深い所。音以外の変化も大きいですね。

現状は見慣れていない部分が大きいですが、今後は現在の形が定着していくのでしょう。新メンバー「麻弥」が、どんな色を加えていくのか楽しみです。

にしても、既存のイメージと異なる曲。面白いのを最初に選択してきました。

あとがき

新体制になってからの動きが活発で、「パノプティコン」に続いて、未発表曲を含む「Fantasy Parade Episode Ⅱ」をリリース済み。

また、映画「砂のフォトグラフ」主題歌「禁じられた遊び」を担当すること。21年12月30日 LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)単独公演を発表済み。

加えて現在進行中jealkbとのコラボもあるはずですし、新体制での活動もいろいろなことをしていってくれそうです。

アイドルシーンの中でも、表現を含めての存在が独特なSTARMARIE。触れてさえしまえば、面白いなと感じる方は多いのではないでしょうか。

 

以上、『STARMARIE:パノプティコン ~全てが見えているのかは不明~』でした。


Amazon【STARMARIE】関連商品

STARMARIE 関連記事

2018/2/7 release 5th Album
STARMARIE:FANTASY WORLD Ⅳ ~あなたは既に迷い込んでいる~

2019/6/8 release Concept Album
STARMARIE:さよならお弁当 ~スタマリの泣ける物語集~ ~切なさの記録~

2020/3/23 release 16th Single
STARMARIE:DEAD or ALIVE ~君は生きて前に進むことを選んで…~

2020/8/2 release Digital Single
STARMARIE :此のままモンスター ~時が止まればいいのに…~

2021/4/10 release Digital Single
STARMARIE:パノプティコン ~全てが見えているのかは不明~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント