【music.jp】
music.jp

Spice Girls:Wannabe 25 ~まだまだ輝いてしたいことがあるよ~

Spice Girls:Wannabe 25洋楽レビュー
洋楽レビュー

Spice Girls (スパイスガールズ) 配信EP「Wannabe 25」。

彼女達のデビュー曲であり、かつ代表曲の「Wannabe」。オリジナルは世界的には1996年7月8日リリースで、今作は25周年を記念したもの。

突き抜けたポップソングは、時を経ても色褪せない輝くを感じさせてくれます。

Wannabe 25 収録曲概要

「Wannabe 25」収録曲は以下の通り。

  1. Wannabe
  2. Wannabe (Junior Vasquez Remix Edit)
  3. Wannabe (Demo)
  4. Feed Your Love

Wannabeが3ver.の他に、未発表曲「Feed Your Love」を収録。デビュー・アルバム「Spice」に入る予定でしたが、見送られていた曲。

歌詞が直接的な表現で、当時10代のファンが多くをしめていたからこそ、見送られたとか。とはいえ、情報の多い今だったらなんともなさそうな内容。

時代性が反映された、その時だからこその予防策とも言えそうです。

また「Wannabe (Demo)」も初収録。1度レコーディングされたけれど、出来に満足せず録り直したというのはWiki情報でも見れますが、確かに聞けば納得。

突き抜け感がなくもさっとしていますし、もしこの状態でリリースがされていたら、今のような状況にはきっとならなかったでしょうね。ナイスな判断!

聞き慣れた「Wannabe」。未発表曲の「Feed Your Love」も含め、よくある記念盤の印象からすると、思いの他に楽しめるであろうEPです。

Wannabe

Apple Music Movie IconWannabe
フルMVをApple Musicで観る

あなたは「Wannabe」。(1曲目)

メラニー・ブラウンとジェリ・ハリウェルのラップがかっこよく、一気に引き込まれるだけでなく、その後には口ずさみたくなるメロディー。

インパクトが強いにも関わらず、繰り返し聞きたくなってしまいます。

If you want my future, forget my past

「私の未来が欲しいなら、過去は忘れて」。これからが大切であって、過去なんて関係ないでしょ? というのは、正にその通り。

記録だけを気にして、今を楽しめない人に未来はないですから。

Make it last forever, friendship never ends

「いつまでも続くよ、友情は変わらない」。異性愛者の絆であり、女性の友情を歌った歌詞と呼ばれるのは、この部分からでしょうか。

本来は大きな秘密も、関係性が変わるものではないよというのは、優しさです。

If you wanna be my lover

「私の恋人になりたいなら」。恋人というよりも、深くなりたいなら小さなことは気にするなという感じかなと。私もあなたに対しても、同様だから。

過ぎたことに変にこだわる人が多いからこそ、これからしたいことに対して「どうでもいいことじゃん?」の思考は、必須なことなのかもです。

過去は変えられなくも、今からの未来はどうとでもなるのですから…。それを神妙にではなく、楽しく伝えているのが、この曲の大きな魅力になっていますよ。

また、曲もいいですが、注目すべきはMV。前後に寸劇が入り、カメラが追っていくのは今もよくあるのものですが、これを25年前に行っているということ。

加えてメンバーのキャラも立っていますから、格別です。音は聞いていてもMVはおそらく今回初めて見たのですが、めちゃくちゃかっこいいなと。

これがデビュー作というのですから、売れるのは当然かも…。

Feed Your Love

どうか私に「Feed Your Love」。(4曲目)

一部ネットに流出していたこともあるそうですが、よくぞここまで完全体は出なかったという未発表曲。ミディアムテンポで、甘いセクシーさがあります。

There’s a burning inside of me
I know just what I wanna do

「私の中で燃えているものがあるの。したいことも知ってる」。彼のことを好きだからこそ、行動としてしたいことがある。女性ならではの情熱。

思いを込めて少し余韻が残るように、歌うのがセクシーさがあります。

Feed your love to me

「私にあなたの愛を与えて」。訳し方によっても見え方が変わってくる部分でもありますが、愛が欲しいというよりも直接的であるのは変わりません。

メンバーは当時でも大人ですが、10代とは少し異なる愛の表現方法かも…。

Cause I really, really, really wanna share my secrets with you

「私は本当にx3 秘密をあなたの共有したいの」。繰り返すことで、思いを強調。あなただからこそというのが、伝わってきます。

どうでもいいことは誰とでもあっても、秘密は特別な関係があってからこそですから。愛する思いがじわじわと伝わってくるラブソングです。

あとがき

ふとした時に、急に聞きたくなることがあるSpice Girls。こうやって改めて聴き直してみても、やっぱりいいなと思ってしまいます。

また、MVを見ると顕著ですが、メンバーのバランスがいい! タイプの異なるお姉さん4人に、かわいいいエマ・バントンが加わるというのは、絶妙です。

今の女性グループだとメンバーが似たタイプが多く、よく見ないと判別が不可能だったりしますから…。個ではなく、平坦にした上で平均点を高めるような形。

また、現在の世界的状況が落ち着くことが前提ですが、2019年に行ったワールドツアーで終了ではなく、行いたい主旨を一部のメンバーが語っています。

実現して行われる際は、そこに日本も加わったらいいですよね。今作「Wannabe」も、リリースが一番早かったのは日本だったりするので…。

今回の記念盤だけでなく、面白く興味深い状況の変化が訪れますように!

 

以上、『Spice Girls:Wannabe 25 ~まだまだ輝いてしたいことがあるよ~』でした。


Amazon【Spice Girls】関連商品

Spice Girls 関連記事

2021/7/9 release Digital EP
Spice Girls:Wannabe 25 ~まだまだ輝いてしたいことがあるよ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
2019/11/15 release Christmas Single
Emma Bunton:Coming Home for Christmas ~優しさをあなたと共有したい~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント