Sonata Arctica:Talviyö ~真価が発揮されるのは冬になってから~

Sonata Arctica:Talviyö 洋楽レビュー

Sonata Arctica (ソナタ・アークティカ)の10枚目のオリジナル・アルバムとなる「Talviyö 」。

日本人には少し読みづらいアルバム・タイトルになっていますが、「Talviyö = タルヴィユエ = 冬の夜」という意味のフィンランド語です。

ちょいちょいアルバムタイトルに母国のフィンランド語にするこのバンドですが、今回のはちょっと読みづらいですすね。英語圏の人も読みづらそう…。

アルバム・タイトルは読みづらいですが、アルバム内容は複雑ではないので、全く心配せずに聞いて楽しめるアルバムになっています。

寒くなる季節を待っている

「Talviyö [Japan Edition]」の収録曲は以下の通りです。

  1. Message From The Sun
  2. Whirlwind
  3. Cold
  4. Storm The Armada
  5. The Last Of The Lambs
  6. Who Failed The Most
  7. You Won’t Fall [Bonus Track]
  8. Ismo’s Got Good Reactors
  9. Demon’s Gate
  10. A Little Less Understanding
  11. The Raven Still Flies With You
  12. The Garden

洋盤は日本で発売する際にボーナストラックを入れてくることはよくあることですが、後付けでなく中間に持ってくるというのは面白い趣向ですよね。

疾走感のある曲が入らなくなったのはこのアルバムでも変わらずですが、曲の選択は少し違った感じがします。深く聞いている人ほど、違いが分かるはず。

8曲目のインスト曲「Ismo’s Got Good Reactors」なんて、同じフィンランドのバンドのKorpiklaani (コルピクラーニ)の曲かと思いましたよ。

アルバムラストのワルツがになっている「The Garden」もですが、バンドが20周年で10枚目というのは、隠されたメッセージがある感じがするアルバムです。

失敗が続いている

歌詞だけを見るとネガティブな要素しかない「Who Failed The Most」。

深く読み解こうとすると、今が最も失敗した日だからこれ以下の日はもうない、前に進んで行けばいいんだというのは、ポジティブな考え過ぎかも…。

切ない曲はSonata Arcticaらしいですが、歌詞の本来の意味を理解するには、もっと何回も聞かないと理解は難しい曲かもしれません。

自問自答を繰り返した先に何かが見えてきたら、違って聞こえそうな曲です。

曲には全然関係ないですがMVを見ていて、ドラムのトミー・ポルティモがめっちゃ太ったな〜とびっくりしてしまいました。

美形男子なのにもったいな〜と、男目線でも感じてしまいましたよ。

あなたを変えられない

日本語盤のボーナス・トラックである「You Won’t Fall」。

アルバムの途中に入っているボーナス・トラックというのも珍しいですが、なんでこの曲がボーナス・トラックなんだ? というような良曲です。

少し切ない歌詞と間奏でのユニゾンなど聞き所が満載の曲で、このアルバムに欠かせない曲になっている感じがしました。

今はシングルやMVになっている曲を中心に聞く人が多いと思いますが、このアルバムを聞くなら、この曲は聞き逃すのはもったいない曲ですよ。

日本人の好みっぽい曲ということで、ボーナス・トラックになったんですかね? ボーナス・トラックのない地域の人が少しかわいそうな感じがします。

コントロールは可能

アルバムの先行でMVが公開されていた「A Little Less Understanding」。

今の混沌(こんとん)とした世の中についての疑問を歌った曲。もっとよくできるんじゃない? というのがポップな曲調だからこそ、重くならずに聞ける曲です。

メッセージ性は強いのに、すっと聞けてしまうのはキャリアがしっかりとあるからこそできる曲ですよね。同じテーマを新人バンドがしたら、暗くなりそう…。

ギターのタッピングはあまり好みではないのですが、この曲のアウトロでの使い方は自然でするべき必要があるからしているので、結構好きです。

Talviyö あとがき

1999年にリリースされたファースト・アルバム「Ecliptica」の衝撃は今でも覚えていますが、もう20年も立っているというのはビックリです。

メンバーチェンジの少ないバンドとはいえ、ボーカルとドラムの他はメンバーが入れ替わっていて、オリジナル・アルバムが10作は順調な活動といえます。

音楽性が少し変わったりというのはありますが、これからもきっとコンスタントに楽しませてくれるバンドになるのではないでしょうか?

欲を言えば、疾走感のあるスピードナンバーを1曲ぐらいアルバムに収録してくれるともっといいのに! なんていうのは、ソナタファンは誰もが思うはず!

アルバムのタイトルでもある「Talviyö = タルヴィユエ = 冬の夜」寒くなってから聞くと、もっと楽しんで聞けるアルバムになりそうです。

 

以上、『Sonata Arctica:Talviyö ~真価が発揮されるのは冬になってから~』という記録でした。

コメント