次回新着記事予定:The Struts:Fallin' With Me
【ABEMA】
AbemaTVAbemaTV

Sonata Arctica:Talviyö ~真価が発揮されるのは冬になってから~

Sonata Arctica:Talviyö洋楽レビュー
洋楽レビュー

Sonata Arctica (ソナタ・アークティカ) 10枚目のアルバム「Talviyö」。

日本人には少し読みづらいアルバム・タイトルになっていますが、「Talviyö = タルヴィユエ = 冬の夜」という意味のフィンランド語。

ちょいちょいアルバムタイトルに母国のフィンランド語にするバンドですけれど、今回のはちょっと読みづらいですね。英語圏の人もこれは同様かも…。

とはいえアルバム・タイトルは読みづらいですが、内容は複雑ではないので、全く心配せずに聞いて楽しめる1枚になっています。

Talviyö 収録曲概要

「Talviyö [Japan Edition]」収録曲は以下の通り。

  1. Message From The Sun
  2. Whirlwind
  3. Cold
  4. Storm The Armada
  5. The Last Of The Lambs
  6. Who Failed The Most
  7. You Won’t Fall [Bonus Track]
  8. Ismo’s Got Good Reactors
  9. Demon’s Gate
  10. A Little Less Understanding
  11. The Raven Still Flies With You
  12. The Garden

洋盤は日本で発売する際にボーナストラックを入いるのはよくあることですけれど、後付けでなく中間に持ってくるというのは、実に面白い趣向。

疾走感のある曲が入らなくなったのは今作でも変わらずですが、選択自体は少し違った感じがします。深く聞いている人ほど、違いが分かるはず。

8曲目のインスト曲「Ismo’s Got Good Reactors」なんて、同じフィンランドのバンドのKorpiklaani (コルピクラーニ)の曲かと思いましたよ。

ラストのワルツがになっている「The Garden」もですが、バンドが20周年で10枚目というのは、隠されたメッセージがある感じがするアルバムです。

Who Failed The Most

歌詞だけを見るとネガティブな要素しかない「Who Failed The Most」。(6曲目)

深く読み解こうとすると、今が最も失敗した日だからこれ以下の日はもうない、前に進んで行けばいいんだというのは、ポジティブに考え過ぎかも…。

切ない曲はSonata Arcticaらしいですが、歌詞の本来の意味を理解するには、何回もたくさん聞かないと理解は難しい曲かもしれません。

自問自答を繰り返した先に何かが見えてきたら、違って聞こえてくるかも…。

曲には全然関係ないですけれどMVを見ていて、ドラムのトミー・ポルティモがめっちゃ太ったな〜とかなりビックリ!

美形男子なのにもったいな〜と、男目線でも感じてしまいました。

You Won’t Fall

日本語盤のボーナス・トラック「You Won’t Fall」。(7曲目)

アルバムの途中に入るというのも珍しいですが、なんでこの曲がボーナス・トラックなんだ? というような良曲。

少し切ない歌詞と間奏でのユニゾンなど聞き所が満載で、このアルバムに欠かせない曲になっている感じがしました。

今はシングルやMVになっている曲を中心に聞く人が多いと思います。ですが、このアルバムを聞くなら聞き逃すのはもったいない曲ですよ。

日本人の好みっぽいということで、ボーナス・トラックになったんですかね? この曲が含まれない地域の人が少しかわいそうな感じがしてしまいます。

A Little Less Understanding

アルバムから先行でMVが公開されていた「A Little Less Understanding」。(10曲目)

今の混沌(こんとん)とした世の中についての疑問を歌った曲。もっとよくできるんじゃない? という表現がポップな曲調だからこそ、重くならずに聞けます。

メッセージ性は強いのに、すっと聞けてしまうのはキャリアがしっかりとあるからこそできる表現。同じテーマを新人バンドがしたら、かなり暗くなりそう…。

ギターのタッピングはあまり好みではないのですが、この曲のアウトロでの使い方は自然です。必要があるからしている、このタッピングは好きです。

あとがき

1999年にリリースされた1枚目のアルバム「Ecliptica」。衝撃は今でも覚えていますが、もう20年も立っているというのはビックリ!

ボーカルとドラム以外はメンバーが入れ替わっている、Sonata Arctica。それでもオリジナル・アルバムが10作というのは順調な活動といえます。

音楽性が時とともに少しずつ変わってはいますが、それを踏まえた上でも今後もコンスタントに楽しませてくれるのではないでしょうか?

欲を言えば、疾走感のあるスピードナンバーを1曲ぐらいは収録してくれるともっといいのに! なんていうのは、ソナタファンであれば誰もが思うはず!

アルバムタイトル「Talviyö = タルヴィユエ = 冬の夜」。正にその通りで、寒くなってから聞くと、もっと楽しんで聞ける1枚となりそうです。

 

以上、『Sonata Arctica:Talviyö ~真価が発揮されるのは冬になってから~』でした。


Amazon【Sonata Arctica】関連商品

Sonata Arctica 関連記事

2018/9/4 release 10th Album
Sonata Arctica:Talviyö ~真価が発揮されるのは冬になってから~ ←今ココ

2022/1/22 release Compilation Album
Sonata Arctica:Acoustic Adventures – Volume One ~別の表現~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント