次回新着記事予定:検討中
【コミュトレ】
コミュトレ

Slipknot:Yen ~喜んでこの命をあなたに捧げるよ~

Slipknot:Yen洋楽レビュー
洋楽レビュー

Slipknot (スリップノット) 配信シングル「Yen」。

前作「The Dying Song (Time To Sing)」から16日。22年9月30日にリリースされる7枚目のアルバム「The End, So Far」からのサードシングル。

切ない、痛みのある既存曲は多いですが、それとは異なる別の表現。バンドにとって新たな側面となるであろう、寂しさの強い歌です。

Yen 概要

前作「The Dying Song (Time To Sing)」まではもうすぐと言われながら8カ月半の間隔がありましたが、続いたのは16日というスピードリリース。

アルバムまでに先行配信曲があるのは極当然な流れとはいえ、こんなに早くというのは多くの方が面食らったかもです。驚かせる戦略なのでしょうね。

また「Yen」での表現も、従来のSlipknotとは異なるもの。Stone Sourの新曲と言われたら信じてしまいそうな楽曲は、音としても驚かせてくれます。

Yen

僕にとってあなたは「Yen」。

“Yen”というと日本円を思い浮かべてしまいますが、そうではなく「憧れ、熱望、切望」の意味。楽曲で描かれていることも踏まえると、憧れでしょうか。

それも愛や信仰ではなく、陶酔に近い。見返りも何もなく自分の身を投げ出してもというのは、行き過ぎた怖さも感じてしまいます。

When my death begins
I wanna know that I was dying for you
I died for you

「死が始まる時、あなたのために死にゆくことを知っているよ。俺はあなたのために死ぬんだ」。終わりであると知っていても、あなたのために自ら進んで…。

その分かりやすい表現とするなら、あなたがこの先も生きながえるのであれば、生贄なると宣言しているかのよう。自分の命はそのためにあるんだと。

強制されてではなくというのは、例え憧れがあっても怖い気がします。その理由は自分の命を躊躇なく差し出すというのは、行き過ぎていますから…。

既存とは異なる表現の楽曲は、歌詞に見るほどに寂しく感じてしまいます。

あとがき

間奏のスクラッチ、パーカッションを含むリズムトラックがなければ、SlipknotといよりもStone Sourで通りそうな楽曲。この表現は逆に面白いですよね。

加えてギターの音も今までのとは異なりますし、表現として従来とは異なるからこそ、アルバムの前に聞かせておく必要があったのかもです。

7枚目のアルバム「The End, So Far」。今までもアルバム毎に変化はありましたが、従来以上に違う表現を聞かせてくれるのはないでしょうか?

9月30日までは期間がありますし、続く先行配信曲がまだまだあるはず。この「Yen」で感じた驚き以上の音がありそうですし、期待をしています。

 

以上、『Slipknot:Yen ~喜んでこの命をあなたに捧げるよ~』でした。

Slipknot 関連記事

1999/6/29 release 1st Album
Slipknot:Slipknot ~突如現れた9つのマスクの衝撃~

2001/8/28 release 2nd Album
Slipknot:Iowa ~自分では内に秘め留めることはできない攻撃性~

2004/5/25 release 3rd Album
Slipknot:Vol. 3 The Subliminal Verses ~この詩は潜在意識を刺激する~

2008/8/20 release 4th Album
Slipknot:All Hope Is Gone ~希望を一度失った先にあるもの~

2014/10/17 release 5th Album
Slipknot:.5: The Gray Chapter ~新しい章がここで幕を上げる~

2019/8/9 release 6th Album
Slipknot:We Are Not Your Kind ~奥深くに入り込んでいく痛み~

2021/11/5 release Digital Single
Slipknot:The Chapeltown Rag ~そこに何もありはしないのに…~

2022/7/20 release Digital Single
Slipknot:The Dying Song (Time To Sing) ~聞こえなくなるまで~

2022/8/5 release Digital Single
Slipknot:Yen ~喜んでこの命をあなたに捧げるよ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Corey Taylor (コリィ・テイラー)

「Slipknot」をApple Music で聴く

Amazon【Slipknot】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント