Slipknot:セルフタイトルアルバム ~突如現れた9つのマスクの衝撃~

Slipknot:セルフタイトルアルバム 洋楽レビュー

Slipknot (スリップノット)のセルフタイトルアルバムであり、ファースト・アルバムである「Slipknot」。

1999年にリリースされた、今聞いても衝撃を感じる音になっています。全員がマスクを被っているという、見た目のインパクトだけではなかったです。

今でこそその存在になれてしましたが、パーカッションが二人、サンプラー、ターンテーブルがメンバーにいる9人構成のバンドはSlipknotならではですよね。

メンバーが多いだけでなく音数も多いのですが、ごちゃごちゃになるのではなく、聞くほどに世界に引き込まれてしまう内容になっています。

独自の世界に引きずり込まれる

「Slipknot (Deluxe Version)」の収録曲は以下の通りです。

  1. 742617000027
  2. (Sic)
  3. Eyeless
  4. Wait and Bleed
  5. Surfacing
  6. Spit It Out
  7. Tattered & Torn
  8. Me Inside
  9. Liberate
  10. Prosthetics
  11. No Life
  12. Diluted
  13. Only One
  14. Scissors
  15. Eeyore
  16. Purity
  17. Get This
  18. Spit It Out (Hyper Version)
  19. Spit It Out (Stamp You Out Mix)
  20. (sic) [Molt-Injected Mix]
  21. Wait and Bleed (Terry Date Mix)
  22. Wait and Bleed (Demo)
  23. Snap (Demo)
  24. Interloper (Demo)
  25. Despise (Demo)

Deluxe Versionは2014年にリリースされたもので曲数がかなり追加されていますが、15曲目までオリジナル収録で、16曲目以降はボーナス・トラックです。

ボーナス・トラックはデモやミックスの違いがほとんどでコレクターズアイテムですが、どの曲もカッコいいので楽しめますよ。なくても楽しめますが…。

音数が多いので、ヘッドホンで聞いた方が楽しめるアルバムですよ。

あなたの中に入り込む

おどろおどろしい「742617000027」のあとに始まる「(Sic)」。

この曲に衝撃を受けない、特にバンドマンはまずいないかなと。 パーカッションがいるからですが、リズムの音数が半端なく多くてビックリしますよ。

他のバンドにはない表現方法の曲としてのインパクトはこれ以上ない感じになっていて、この曲があるからこそSlipknotの世界感に引き込まれます。

曲名も「sick」ではなく、「(Sic)」としているのには、バンドのセンスを感じずにはいられません。Slipknotでこの曲は聞かないのは、完全になしですね。

止まらない出血

Corey Taylor(コリィ・テイラー)の良さが光る「Wait and Bleed」。

クリーンな声とデスボイスの見事な使い分けに、バンドもスゴイけれど、スゴイボーカルが出てきたなと感じさせてくれる曲です。

決してポップな曲ではないのですが、Slipknotの中に入るとすごくポップな曲に聞こえてしまうという、少し不思議な曲でもあります。

ターンテーブルの「キュキュッ」という音を自分でも出したくて、ターンテーブルを持っている友達がうらやましいと感じた事を思い出しました。

思いを吐き出せ

初期のSlipknotの代表曲である「Spit It Out」。

リリース当時にMVがよく流れたので、Slipknotというとこの曲をイメージする人も多い曲です。9人バンドにいる必要が分かる、曲になっています。

すごくインパクトがある曲ではないですが、何回も聞いているうちに気持ちよくなってきてしまう不思議な曲です。呪文みたいな歌が理由ですしょうか。

聞いて普通かな? と感じた方は、何回かヘッドホンで聞いてみてください。きっと、よく分からないけれど世界に入り込んでしまう感じが味わえますよ。

この曲をコピーして演奏するバンドもよく見ましたが、全然カッコよさが違っていました。コピーしやすそうな曲に聞こえて、実はかなり難しい曲です。

今が破壊の時

ボーナストラックにするのは惜しい曲の「Get This」。

完全にスラッシュメタルの曲ですが、よくあるスラッシュメタルの曲とは違う曲です。怒りの歌詞の曲ですが、聞いていて気持ちよくなってしまいます。

METALLICAとかもそうですが、Slipknotも同じことをしたとしても、他のバンドとは違う。カッコよくなってしまうというのが、魅力ですよね。

Slipknotと他のバンドとは格の違いを感じてしまう曲であり、セカンド・アルバムの「Iowa」につながっていく曲です。

セルフタイトルアルバム あとがき

リリースから20年も過ぎているのに、今も新鮮な気持ちで聞けるSlipknotのファースト・アルバムです。これは売れないわけがありません。

アルバムを通しては久しぶりに自分も聞きましたが、いつ聞いてもカッコいいアルバムだなとあらためて実感しました。たまには聞くべきアルバムですね。

今のSlipknotとはまた違った感じですが、このアルバムがあるからこその、今のSlipknotがあります。たまに振り返って聞き直してみるのをオススメします。

 

以上、『Slipknot:セルフタイトルアルバム ~突如現れた9つのマスクの衝撃~』という記録でした。

Slipknot 関連記録

2019/8/9 release 6th Album
Slipknot:We Are Not Your Kind ~奥深くに入り込んでいく痛み~

コメント