Slipknot:.5: The Gray Chapter ~新しい章がここで幕を上げる~

Slipknot:.5: The Gray Chapter洋楽レビュー
洋楽レビュー

Slipknot (スリップノット) 5枚目のアルバム「.5: The Gray Chapter」。

前作「All Hope Is Gone」から約6年ぶりの2014年にリリースされました。Slipknotのアルバムの中で、現時点で一番リリース間隔が長いアルバムです。

また、メインソングライターであったポール・グレイの死去、ジョーイ・ジョーディソンの脱退により、サウンドが大きく変わったアルバムになっています。

アルバム・タイトルに「Chapter」とあるように、1曲1曲が章仕立てになっているのもこのアルバムの特徴です。短編映画が集まっている感じがしますよ。

【dTVチャンネル】
dTVチャンネルdTVチャンネル

.5: The Gray Chapter 収録曲概要

「.5: The Gray Chapter (Special Edition)」の収録曲は以下の通りです。

  1. XIX
  2. Sarcastrophe
  3. AOV
  4. The Devil In I
  5. Killpop
  6. Skeptic
  7. Lech
  8. Goodbye
  9. Nomadic
  10. The One That Kills the Least
  11. Custer
  12. Be Prepared For Hell
  13. The Negative One
  14. If Rain Is What You Want
  15. Override
  16. The Burden

15、16曲目はSpecial Editionのボーナストラックです。映画のエンドロールが流れたあとに、実はまだ続きがあったという感じが近い感じがします。

本編でしっかりと完結しているのですが、意味のあるボーナス・トラックですので、本編と同様に楽しめるのも特徴です。最後まで聞くのをオススメします。

ジェイムズ・ルートがメインソングライターとなった今作は、サウンドの違いはもちろん、ワンワードの曲名が多くなっているのも面白いです。

また、ドラムがジョーイ・ジョーディソンとは大きく異なるのが、聞いてすぐにわかります。2人のメンバーの違いが、聞いてすぐに分かるアルバムです。

Sarcastrophe

皮肉めいたことを口にしてとんでもない目にあうことという、少し変わった意味が曲名になっている「Sarcastrophe」。(2曲目)

リフが印象的な曲で、ギタリストが作った曲だとすぐに分かる曲です。だからこそ、ギタリストは好きな人が多い曲ではないでしょうか?

皮肉めいたことというのは、本来信じるべき対象である神を冒涜しているんです。神が長く存在して、自分のために死ぬんだというのは変わった表現ですね。

自分は神をこえる存在だと言っているのかもしれません。実際には存在する自分と、信仰心の中で生きる神がどちらが先に死ぬかというと、自分ですよね。

リフがメインの曲は、Slipknotにありそうでなかった曲のように聞こえました。

Killpop

SlipknotではPopという言葉が印象的に感じる「Killpop」。(5曲目)

痛みが自分には必要だ。死とイカレタ私を愛してというのはよく分からない世界観ですが、ポップなメロディーであるのに冷たさにつながっている気がします。

激しい曲である「The Devil In I」、「Skeptic」に挟まれているので、アルバムの中でも聞いていてとても印象に残りました。

メンバーであるショーン・クラハンが監督をしたMVも、とても印象的です。KillとPopという本来混じり合う言葉ではないからこそ、白と黒なのかもですね。

Goodbye

Slipknotとして考えると意外な曲名の「Goodbye」。(8曲目)

聞く人によっていろいろな解釈ができる曲だと思いますが、このアルバムの制作の前に亡くなったポール・グレイに宛てられている曲だと感じました。

分裂しそうになっていても団結したSlipknotの状況や、誰も救ってはくれないけれど、最後にできることはさようならとなっていたからです。

Stone Sourの方が似合いそうな曲を、Slipknotとしてやることに意味を感じた曲です。ポール・グレイが重要な存在だったと感じさせてくれる曲でした。

Nomadic

従来のSlipknot通りの曲の「Nomadic」。(9曲目)

「Nomadic = 遊牧民」と曲名だけを見ると不思議な感じがしますが、場所が変わることに全てを忘れていくというのは、遊牧民のような感じがします。

変わった場所も今は家のように感じるというは、このアルバムでメンバー変化をしていること言っているような気がしました。バンドが家という感じです。

バンドとして進み続けるしかないのは明白であること、「Goodbye」のすぐ後に続けてこの曲が来ていることに、大きな意味があるような気がしますよ。

9人メンバーがいるからこそのこの曲のサウンドは、聞いていて安心します。短いですけれど、ギター・ソロが印象的ですので、聞き逃がせません。

Override

Special Editionのボーナス・トラック「Override」。(15曲目)

.5: The Gray Chapterには続きが合ったというような曲で、ボーナス・トラックにしておくのはもったいないような曲です。単なる追加曲ではないですね。

ノーマル盤の「If Rain Is What You Want」で終わるのもありだからこそ、ボーナストラックなのかもしれません。アルバムの難しいところですよね。

俺たちは「Override = 上書き」されていくからこそ、最後に「Give up」と何回も復唱するのが、とても印象的ですよ。聞いていると切なくなる曲です。

この曲も人によって解釈が変わってくる歌詞だと思いますが、上書きされてしまうからこそ、自分に意味があるのか? と問いただしているのかもしれません。

あとがき

ギターのジェイムズ・ルートが中心となった楽曲は、Slipknotが変わったなと感じられるアルバムです。ドラムの変化もかなり大きいですね。

打楽器でパーカッションがいるSlipknotでは大きな変化がなさそうにも思えますが、ジョーイ・ジョーディソンがいないのは変化が大きかったです。

無機質な感じが強くなったので、痛みや恐怖という感じが強くなったように感じます。Slipknotの進むディープな世界には、必要な音だったのかもですね。

3枚目「Vol. 3 The Subliminal Verses」ほどではないですが、アルバムの世界観を理解するには、曲が章になっているので時間がかかりそうな気がします。

Slipknotで数字が入るアルバムは、少し内容が複雑なのかもしれませんね。少し複雑な分、世界に一歩足を踏み込むと長く楽しめるアルバムになりますよ。

 

以上、『Slipknot:.5: The Gray Chapter ~新しい章がここで幕を上げる~』でした。


『Slipknot』をApple Musicで

Slipknot 関連記事

1999/6/29 release 1st Album
Slipknot:Slipknot ~突如現れた9つのマスクの衝撃~

2001/8/28 release 2nd Album
Slipknot:Iowa ~自分では内に秘め留めることはできない攻撃性~

2004/5/25 release 3rd Album
Slipknot:Vol. 3 The Subliminal Verses ~この詩は潜在意識を刺激する~

2008/8/20 release 4th Album
Slipknot:All Hope Is Gone ~希望を一度失った先にあるもの~

2014/10/17 release 5th Album
Slipknot:.5: The Gray Chapter ~新しい章がここで幕を上げる~ ←今ココ

2019/8/9 release 6th Album
Slipknot:We Are Not Your Kind ~奥深くに入り込んでいく痛み~

コメント