Sixx:A.M.:Maybe It’s Time ~時の流れは誰でも同じだから変えられる~

Sixx:A.M.:Maybe It’s Time洋楽レビュー
洋楽レビュー

SIXX:A.M. (シックス:エイ・エム) 配信シングル「Maybe It’s Time」。

5枚目のアルバム「Prayers for the Blessed, Vol. 2」にオリジナルが収録されている「Maybe It’s Time」。フィーチャリングが付き、新たな形に。

Motley Crue:ニッキー・シックス 率いるSIXX:A.M.。聞こえる音としてだけでなく、体制も含めて興味深いことをしてきました。

Maybe It’s Time 概要

なんといってもフィーチャリングが豪華な「Maybe It’s Time」。

  • Def Leppard:Joe Elliott
  • Five Finger Death Punch :Ivan Moody
  • Guns N’ Roses:Slash
  • Slipknot、Stone Sour:Corey Taylor
  • Bad Wolves:Tommy Vext
  • Brantley Gilbert
  • AWOLNATION

アルコール、薬物障害と闘う人々を支援する Artists For Recovery プロジェクトの一環としてリリースとなった、新たな曲の形。

Maybe It’s Time」は、依存症の現実と郊外の街に及ぼす影響を描いた映画「Sno Babie」サウンドトラックの一部。

「Talk to Me」のアーティスト印税、映画の収益は薬物使用障害を支援する非営利団体「Global Recovery Initiatives Foundation」に寄付されます。

1人であっても気になってしまうのに、これだけそろうと興味を持つなという方が難しいメンツ。注目をされる形となるには、意図がありました。

Maybe It’s Time

新しい形になった「Maybe It’s Time (feat. Joe Elliott, Brantley Gilbert, Ivan Moody, Slash, Corey Taylor, AWOLNATION & Tommy Vext)」。

リストに表示されているまま表記すると、めっちゃ長いですね…。

海外アーティストはフィーチャリングが付くことはよくあることですが、ここまで参加する人数が多いのは珍しい。プラスして、ビックネームのインパクト!

歌声でも分かりますが、MVを見るとメンツの濃さがより明確になります。

これは時間について歌った曲。持っていリミットは異なっても、時の流れは誰でも共通な時間。複数のボーカルがいることで、意味合いが強くなりました。

Maybe I’ll finally deal with all the wreckage in my life

「多分、俺は最終的に人生の全ての残骸を処理する」。これだけだとなんのこっちゃですが、人をして誇れる人生をおくろうよ! ということじゃないかなと。

北斗の拳 ラオウの名言「が生涯に,一片の悔いなし」。ここまで貫くのは難しくても、過度にアルコール、薬物に手は出さなくても生活は過ごせますよね。

聞こえ方や解釈は人によって異なると思いますが、時間は限りあるものだからこそ、大切にしたいなと聞いていて感じました。

これじゃなきゃいけない! ではないけれど、メッセージの強い曲。こうすればよかったなと、悔いの比率が多くをしめる人生の時間は過ごしたくないものです。

あとがき

音楽とは関係ない部分ですが、昨年リリース「Talk to Me」のMVで、丸刈りだったジェイムズ・マイケル。一気に老け込んだように見えました。

今回は髪型が変わり、少し若返った感じに。Sixx:A.M.は他の2人が強いし、ロック・バンドの顔であるボーカルは、見た目にもかっこよくあってほしいですね。

髪型ってめちゃくちゃ重要! 普段はこ汚い感じでなければいいやと楽をしちゃいがちですが、自分も気をつけないと。MVでの見た目の変化も面白いです。

オリジナルの状態でキラーソングだった「Maybe It’s Time」。多くのミュージシャンが参加することで、言葉の持つ意味合いが大きくなりました。

映画ありきだと思いますが、こういう変化をするリカットは面白いですね。

 

以上、『Sixx:A.M.:Maybe It’s Time ~時の流れは誰でも同じだから変えられる~』でした。


『Sixx:A.M.』をApple Musicで

Sixx:A.M. 関連記事

2019/9/27 release Digital Single
SIXX:A.M.:Talk to Me ~君は1人で孤独なんかじゃない~

2020/8/21 release Digital Single
Sixx:A.M.:Maybe It’s Time ~時の流れは誰でも同じだから変えられる~ ←今ココ

1981/11/10 release 1st Album
Motley Crue:Too Fast for Love ~華麗に舞い降りたクルーたち~

1983/9/26 release 2nd Album
Motley Crue:Shout at the Devil ~一緒に叫ばずにはいられない~

1985/6/21 release 3rd Album
Motley Crue:Theatre of Pain ~この痛みをあなたに癒やしてほしい~

1987/5/25 release 4th Album
Motley Crue:Girls, Girls, Girls ~俺には男としてイカした時間が必要だ~

1989/9/1 release 5th Album
Motley Crue:Dr. Feelgood ~永遠に続かないからこそ変化の時~

2019/3/22 release Soundtrack Album
Motley Crue:The Dirt Soundtrack ~終焉を迎えても輝きは消えない~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント