シンガポールF1予選は誰も追いつけない脱帽の走りでハミルトンがポール

F1

2018F1第15戦シンガポールGPは圧巻の走りで、ハミルトンがポールでした。

Q3でハミルトンが出したタイムは、あれはだれも抜けないだろうなという脱帽な走りでした。チームラジオも流れてましたが、想定以上のラップだったみたいですね。

最後抜きつ抜かれつではなく、最初にこのタイムを出したというのも強かったと思います。チームメイトのボッタスとタイムと比較しても、圧倒的なポールタイムでした。

Q1突破は危なかったのに…

ポールはすごかったけれど、Q1はかなり危なかったんですよね〜。

ハミルトンが良くなかったというよりも、チームがタイヤ選択に余裕ぶっこき過ぎたってのが理由だったんですが…。

川井ちゃんも放送で言っていたけれど、Q1で落ちたマグネッセンとかにトラブルがなかったら敗退していてもおかしくなかったですよね。

この時点で今日はヴェッテルは楽できるかなと思ったら、Q3でハミルトンはあの走りしちゃうからびっくり!

明らかに不機嫌だったヴェッテル

チャンピオン争いをしているヴェッテルは、インタビューでも明らかに不機嫌そうでした。

マストで優勝が求められているのに、抜けないシンガポールで2列目からのスタートですからね。

ハミルトンに0.5秒以上離されたのもあるだろうけど、フェルスタッペンに前に出られてしまったのは完全に想定外な結果だったんだろうなと。

決勝も予選のようになってしまうとちょっとチャンピオンシップは面白くなくなってしまうので、ヴェッテルには今回はいいところを見せてほしいですね。

暫定グリットではペナルティがなく予選結果通りは久々なあと数十分後に始まる決勝は、どういう結果になるのでしょうか?

以上、「シンガポールF1予選は誰も追いつけない脱帽の走りでハミルトンがポール」という記録でした。

2018 F1 第15戦 シンガポールGP 関連記事


同じ負けでも情けないフェラーリと、圧巻の勝利だったハミルトン

コメント