シド:承認欲求 ~ただあなただけには認められたくて…~

シド:承認欲求邦楽レビュー
邦楽レビュー

シド 10枚目のアルバムである「承認欲求」。

前作の「NOMAD」からほぼ2年の間隔でリリースがされました。今回のアルバムの特徴は、1枚目以来となるシングルが収録されていないということです。

インディーズのバンドであれば珍しいことではありませんが、メジャーで人気バンドのシドが、シングルなしのアルバムのリリースにはビックリしました。

このシングルなしで記念すべき10枚目のアルバムをリリースするというのは、アルバム・タイトルである「承認欲求」にも関係しているのかもしれませんね。

【Amazon】

承認欲求 収録曲概要

「承認欲求」の収録曲は以下の通りです。

  1. 承認欲求
  2. Blood Vessel
  3. デアイ=キセキ
  4. see through
  5. ポジティブの魔法
  6. 淡い足跡
  7. Trick
  8. 涙雨
  9. 君色の朝

一般的にシドはビジュアル系に今も分類されるバンドですが、ビジュアル、曲も含めて類を見ないバンドです。他バンドと異なるのは、曲名にも現れています。

ビジュアル系によくある意味が伝わらない曲名も面白いですが、シドのイメージが分かりやすくも必要以上には歩みよっていないのは、バランスがいいですね。

曲もロックとは一聴では離れているようで、離れていないのが面白いです。

承認欲求

アルバムのタイトル曲であり、オープニング曲の「承認欲求」。(1曲目)

承認欲求という曲名から「俺が俺が」や、「必要以上に見せつける」というのではなく、あくまでも自分中の優しい承認欲求であるのが特徴です。

何かをするからには誰かに認めて欲しいということは誰もが感じる思いですが、こういう承認欲求もあるんだなと感じさせてくれます。

常に誰かのために行動をするわけではないですけれど、普段生活をしていく中で承認欲求というのは思っている以上に多いのかもしれませんね。

Shinjiの特徴の必要以上に歪ませないというギターが、聞いていてもコピーしても参考になる曲です。プレイ自体は難しくはないですけれど、参考になります。

Blood Vessel

アプリゲーム「イケメンヴァンパイア」第2章主題歌である「Blood Vessel」。(2曲目)

血をテーマにした曲はバンドの曲ではXの「BLUE BLOOD」を始めいろいろとありますけれど、「Blood Vessel = 血管」をテーマにした曲は珍しいかも…。

管とそのもので何が違うんだ? となりそうですが、この曲の歌詞をよく掘り下げてみるとなんとなく違いが分かる人が多いと思います。

ボーカルのマオとベースの明希の共作の歌詞ですが、曲も含めてこの曲は面白い部分が多いですね。一般的なベースが書く曲とは違いがありますよ。

血の流れと同じように流れていくような曲は、バンドマンであればコピーしたくなってしまう曲です。リズムを含めてコピーして、分かる面白さがあります。

デアイ=キセキ

横ノリの曲とサビが印象的な「デアイ=キセキ」。(4曲目)

人と人が出会うには同じ時間を共有しなければ出会えないですから、確かに奇跡ですよね。当たり前のことであるけれど、忘れてしまうことです。

奇跡だからこそ出会えて良かった、運命共同体というのはシドのバンドのことでもあり、ファンとの出会いを歌っている曲に聞こえました。

演奏していることはシンプルなのですが、ポップな曲で耳についてはなれないメロディーは、聞いていて楽しい気持ちになれる曲です。

Trick

アルバムの中で1番ロックしている曲の「Trick」。(8曲目)

3分3秒とアルバムの中でも1番短い曲ですが、シドのアルバムとはいえ、こういうロックしている曲が1曲でも入っているとやっぱり安心してしまいます。

一聴をしてロックというのは、ロックファンというのは、やっぱり欲しいので…。しっかりアルバムを聞くと、ロックしているのは分かるんですけどね。

トリックにかかっていて、今自分がやっていることはではなく、誰か別の人の夢ではないか? と問う曲ですが、完結せずに終わるところが興味深いです。

このアルバムには入っていませんが、いつかアンサーソングがあったらより面白みが増えそうな曲になりそうな予感がします。少しだけ未来に期待ですね。

君色の朝

アルバムのラストをかざる「君色の朝」。(10曲目)

まだ明確には見えていないけれど、次の朝に君と見える色は違って見えるよという、優しくポジティブで爽やかな曲です。気分が安らいでしまいます。

この曲は他のビジュアル系バンドでは、まずできない曲ですよね。普段から爽やか曲を演奏しているバンドでも、同じ感じでは難しいかも…。

シドの独自性がよく分かる曲です。単純にさわやかな曲ではないですね。

この曲があるからこそまた最初からリピートして聞きたくなる、アルバムのラストにぴったりな曲になっていますよ。押し売りではない、ポジティブいいです。

あとがき

10曲で41分とさらっと聞けるアルバムですが、時間以上に何かシドのバンドとしての思いが込められているように感じるアルバムです。

シングルがなしであること。10枚目という区切りであること。「承認欲求」というアルバム・タイトルには、何か意味を感じずにはいられません。

思いや意味は今後に明かされることがあるのか、そもそも思いや意味は実は最初からないのかもしれませんが、聞いていてすごく興味深いアルバムです。

アルバムとして完結ではなく、これから始まるツアーで変化が起こって完結するアルバムかもしれませんね。独自性だけでなく、シドは面白いバンドです。

 

以上、『シド:承認欲求 ~ただあなただけには認められたくて…~』でした。

コメント