【TV・NET J:COM】
TV・NET J:COMTV・NET J:COM

常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMO:天才の種~ここに咲いた~

常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMO:天才の種邦楽レビュー
邦楽レビュー

常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMO (ときた しんたろう × シシャモ) 配信シングル「天才の種」。

この「天才の種」は2020年のシーズンを持って現役を引退する、川崎フロンターレ「中村憲剛」選手に捧げる曲。

今までの感謝の思いと、これからの新たな始まりを感じさせる歌です。

天才の種 概要

中村選手といえば、サッカーは全く疎い自分であっても知っている存在。セレモニーなどもあるのがきっかけでしょうけれど、引退ソングとは珍しい。

制作の過程は川崎フロンターレの依頼を受け、スキマスイッチ 常田真太郎が歌詞。曲はSHISHAMO 宮崎朝子の主導。コラボレーションとしても興味深い形。

楽曲の長さは7分38秒。今のJ-Popと考えるかなり長いですが、インストの部分も含めて削る部分がないからこそ、きっとこの形になったのでしょう。

SHISHAMOとして、誰かとコラボレーションをするのは初の楽曲。ピアノ、歌詞の表現も少し異なる形であるのも、聞いていて興味深く感じます。

どんな活躍をしてきたのかまではサッカーに疎すぎて知りませんが、ファンにも愛されていた選手なんだなというのは、十分過ぎるくらい伝わってくる曲です。

天才の種

「中村憲剛」選手に捧げる「天才の種」。

1人の少年が成長し、夢を現実に。そこで終わりではなく、続くその先を見ているのは、蒔いた種が広がっていくことを示しているかのよう。

本人に事実関係など確認しながら書いたという歌詞は、中村選手という人が見えるようです。

戻らない時間を 笑って返れるよう
手にした種に 水をやり続けてきたんだ

種の時点では原石。どうなるかは分からないけれど、水(練習)をやり続ける。成長することしかみていないからこそ、他の人よりも輝きを得るのでしょう。

天才と呼ばれる方は、総じて振り返らないし、努力を惜しまないですから。

それなのにそれほど キレイな花は咲ききらない
でもまで「続ける」はやめない

継続こそ力であり、決してこんなに努力しているのに…なんて言わない。最初は小さな差であっても、意識と行動によって大きな成長に続くんです。

限界を自分で決めず、諦めないからこそ、結果として天才へと成長していくのでしょう。

でも まだその上があることを
僕は それを知ってる ここからなんだ

夢を掴んで継続しただけでなく、続いていく未来を見ている。自分が頂点ではなく、もっと良くなっていくことを願っているかのよう。

選手としては終わりでも、この先を見ているのでしょうね。

「天才の種」はそのタイトル通りの才能だけでなく、努力を含めた姿。これから光を放つ選手が出てくると思うのと、想像が広がっていく歌です。

あとがき

17年間のプロ生活の全てを、川崎フロンターレ。既存の曲ではなく、新たに作られた引退ソングになったのは、なるべくしてでのことでしょう。

サッカーに限らずスポーツ選手には引退がつきものですが、自分の意思、本当に惜しまれて辞める方は一握り。多くはやり続けたくても、引退を選ぶしかない。

セレモニーだけでなく引退ソングが作られるとは、プレイヤーとしての凄さにプラスして、愛されてきた選手なんだというのが分かります。

本人としても、きっと嬉しいのではないでしょうか。まだ中村選手は40歳。これから指導者など多くの道があると思いますが、どうなるのか楽しみです。

また、「天才の種」がステキな曲だったからこそ、どんな人は活躍をしてきたのか興味津々です。中村憲剛選手、本当にお疲れさまでした。

 

以上、『常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMO:天才の種~ここに咲いた~』でした。


『SHISHAMO』をApple Musicで

常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMO 関連記事

2020/12/27 release Digital Single
常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMO:天才の種~ここに咲いた~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
SHISHAMO (シシャモ)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント