香取慎吾:20200101 ~ワイワイしてニコニコすることに意味がある~

香取慎吾:20200101邦楽レビュー
邦楽レビュー

香取慎吾 (かとり しんご) 1枚目のアルバム「20200101」。

気になるアルバム・タイトル「20200101」の読み方は「ニワニワワイワイ」です。よく意味が分からなくても、楽しげなアルバム・タイトルですよね。

言わずと知れたSMAPのメンバーで、新しい地図としても活動中ですが、ソロとして初のアルバムです。慎吾ママのイメージがあったので、意外な気もします。

楽しさと同時に、新作でありながら懐かしさも感じさせてくれるアルバムです。

20200101 収録曲概要

「20200101」の収録曲は以下の通りです。

  1. Prologue (feat. TeddyLoid & たなか)
  2. Trap
  3. Metropolis (feat. WONK)
  4. welp (feat. 須田景凪)
  5. I’m so tired (feat. 氣志團)
  6. ビジネスはパーフェクト (feat. スチャダラパー)
  7. Neo (feat. yahyel)
  8. 嫌気がさすほど愛してる (feat. KREVA)
  9. OKAY (feat. SALU)
  10. 10%
  11. Now & Forever (feat. SONPUB & 向井太一)
  12. FUTURE WORLD (feat. BiSH)

フューチャリング曲が多いのが、このアルバムの特徴です。アルバム・タイトルの一部でもある、ワイワイの部分がこれでもかと表現されていますね。

参加メンバーも偏るのではなく、交友関係の広さも感じます。参加人数が多くて要素も多くあるのに、香取慎吾個人がしっかりと感じられるのはさすがです。

グループの中の1人ではなく、個人があるのが人気の理由だと実感できますよ。全曲の歌詞に関わっているというのも、ソロ・アルバムならではですね。

Prologue (feat. TeddyLoid & たなか)

オープニング曲の「Prologue (feat. TeddyLoid & たなか)」。(1曲目)

「Prologue = プロローグ 序章」と曲目に付けられている通り、始まりを感じさてくれる曲です。意志はあるけれど、ポップで気負いがないのがいい感じです。

どんな夜も 日が昇れば
懐かしいと言える 未来 自分次第

当たり前のことなのですが、忘れてしまうことをあえて口にすることで奮起をしているのには、応援ソングでありながらファンも安心できる気がしました。

welp (feat. 須田景凪)

穏やかな気持ちであふれた「welp (feat. 須田景凪)」。(4曲目)

気になる曲名の「welp」はwellのスラング用語で、「うん、まぁ」という感じです。曲名の意味を分かると、歌詞で描かれたいる気持ちが伝わってきますね。

人は積み重ねで見られるからこそ、新しいことを始めてもまっさらで見られない。だからこそ、過去を捨てるのではなく一緒にというのはいい感じです。

穏やかで優しい思いの気持ちがあふれた曲は、アルバムの中でも好きですね。1回聞いてグサッとくる曲ではないですが、じわじわと伝わってくる曲です。

I’m so tired (feat. 氣志團)

大人の雰囲気を持ったロックの「I’m so tired (feat. 氣志團)」。(5曲目)

曲名のクレジットを知った時に、1番楽しみにしていた曲です。もっとはじけた曲になると思っていましたが、大人なロックもカッコいいですね。

いい意味で予想を裏切られた、興味深く面白い曲になっていました。綾小路翔とは同い年ですから、同年齢でコラボをした曲が聞けるのは興味深いです。

世代が同じであると、同年齢であるからこその共通点が出てきますから。少しいらついているけれど、その理由は自分にあるのを知っているのも面白いです。

It’s not my Business, who are you?

「俺の仕事じゃない。あなたは誰? 」というのは、誰かに不満を持っているのではなく、自分自身に向けたメッセージにも感じました。興味深い歌詞です。

ビジネスはパーフェクト (feat. スチャダラパー)

曲もMVも面白い曲の「ビジネスはパーフェクト (feat. スチャダラパー)」。(6曲目)

アルバム・タイトルに含まれる「ワイワイ」は、この曲の歌詞から取った気がします。いろいろ思うことはあっても、楽しくやりたい気持ちが伝わってきます。

だからこそ、この曲がアルバムから最初のMVになっている気がしました。

従順なカスタマー
素直なユーザー
裏切りたいエンタテイナー

ヒップホップでラップで歌う歌詞は言葉の数は多いですけれど、1番に言いたい部分はサビ終わりの歌詞に込められている気がしました。

受け取り方は人それぞれで変わるでしょうけれど、カスタマーとユーザーはジャニーズ時代からついて来てくれる人で、エンタテイナーは香取慎吾本人かなと。

感謝とともに、いい意味で裏切って驚かせたい気持ちがこの曲の歌詞には含まれている気がします。今まで以上にワイワイして行こうよ! という感じです。

嫌気がさすほど愛してる (feat. KREVA)

サビから始まってインパクトの強い「嫌気がさすほど愛してる (feat. KREVA)」。(8曲目)

愛しているは曲でよく伝われる言葉ですが、「嫌気がさすほど」というのはあまり聞いたことがない、面白い表現の曲です。好きなのが、すぐ分かりますよね。

綾小路翔に続いて、KREVAも同い年で、同年齢だからこその共通点があるんだろうなと感じてしまいます。ラブソングでも、大人のラブソングですよね。

若い世代でも、年配の世代でも出せない、今の年齢だからこそのラブソングな感じがします。いろいろ経験してきたからこその、愛情表現ではないでしょうか?

演奏は打ち込みなんですけれど、タメのある感じが「嫌気がさすほど」の部分がうまく表現されている感じがしました。歌詞だけでなく、演奏も面白い曲です。

FUTURE WORLD (feat. BiSH)

アルバムのラストを飾る「FUTURE WORLD (feat. BiSH)」。(12曲目)

多くのフューチャリングアーティストの中でも、1番意外性のあった曲です。アイドルと呼ばれる彼女たちと組むことも、この曲に意味を感じました。

長い間アイドルと呼ばれてきたからこそ、避けてしまうこともできたはずですが、未来を歌う曲にアイドルとのコラボには曲以上に意図を感じます。

過去を否定するのではなく、過去があるからこその今がある。自分だけの未来ではなく、新世代も未来をつなげるんだという思いも含まれている気がしました。

冒頭の英語のメッセージに強い意味を感じますので、どういう意味なんだろう? と翻訳してみることをオススメします。意味合いが変わる曲になりますよ。

完結して感動させようではなく、これからの未来を見据えた曲です。

あとがき

先行配信されていた曲でなんとなくのイメージはありましたが、アルバムだからこその世界観を見せてくれました。興味深い世界感がたっぷり詰まっています。

ジャニーズ事務所退所組で、昨年は新たに渋谷すばる錦戸亮のアルバムがリリースされましたが、三者三様の世界感を見せてくれました。

今が大きな事務所でないからこそ、ソロだからこその活動は、興味深くて面白いです。経歴があるからだけでなく、自分だからこそが見られるのがいいですね。

「新しい地図」での活動だけでなく、ソロとしての今後の活動も期待したくなるアルバムです。ニコニコとなりたい時にこそ、聞くのをオススメします。

 

以上、『香取慎吾:20200101 ~ワイワイしてニコニコすることに意味がある~』でした。


『香取慎吾』をApple Musicで

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント