Shinedown:ATTENTION ATTENTION ~見方を変えれば世界が変わるよ~

Shinedown:ATTENTION ATTENTION洋楽レビュー
洋楽レビュー

Shinedown (シャインダウン) 6枚目のアルバム「ATTENTION ATTENTION」。

前作「Threat to Survival」から約2年8カ月。今作はネガティブな感情を乗り越え、新たなる人として生まれ変わろうとする姿を描いたコンセプト・アルバム。

全体を通して聞くことで、思いや1曲の重みが増してくる内容です。

【ABEMA】
AbemaTVAbemaTV

ATTENTION ATTENTION 収録曲概要

「ATTENTION ATTENTION」収録曲は以下の通り。

  1. The Entrance
  2. Devil
  3. Black Soul
  4. Attention Attention
  5. Kill Your Conscience
  6. Pyro
  7. Monsters
  8. Darkside
  9. Creatures
  10. Evolve
  11. Get Up
  12. Special
  13. The Human Radio
  14. Brilliant

ロックバンドであれば1度は表現する方法として通る、コンセプト・アルバム。今までもメッセージが強い曲が多かったですから、ついにという感じでしょうか。

曲目だけを順に見ていっても、感情の変化が表現されているのが面白い。14曲で50分と長さは感じませんので、全体を通して聞くことをオススメします。

Devil

「The Entrance」での扉の開き、間髪で始まる「Devil」。(2曲目)

ミディアムテンポのヘビーな曲。聞いていて気持ちがいいのは、闇へと入っていく他にない落ちていくドキドキを感じるからかも…。

The devil’s in the next room

「悪魔は隣の部屋にいる」。一歩踏み込めば今とは違う世界に行ってしまうのに、止めることができない。なんとなく気持ちが分かるような気がします。

ヘビーな曲によくある構成なのですが、他とは少し異なって聞こえるのは、クリアなボーカルが肝になっているんじゃないでしょうか。

Attention Attention

アルバム・タイトル曲「Attention Attention」。(4曲目)

意識に大きな注目が感じられる曲。「Attention = 注意」とは注目してねぐらいの軽めの言葉ですが、繰り返されることで注意の”!”が強くなっています。

同じことでも、見方によって変わってくるという感じなのかも…。

They’re just villains in my mind doin’ time

「彼らは俺の心の中ではただの悪者」。疑ってしまうからこそ、人を信じることができない。深みにハマって自分も悪へと進んでいくという感じ。

この曲の意識が変わって行く感じは、アナキン・スカイウォーカーが闇に落ちていく、ダース・ベイダーになっていくようにも思えました。

Monsters

切ない思いが詰まった「Monsters」。(7曲目)

全ての人をだまし、傷つけることをしてしまうからというのが寂しい。行動は「You = あなた」としているのですが、これはおそらく自分ですよね。

MVとも合わせて歌詞を見ていくと、おそらくそうなんじゃないかなと思いが強くなります。

Yeah, my monsters are real

「俺のモンスターは本物」。ここでは”あなた”とならないのは、自分のことだと気づいているからじゃないでしょうか。思いがとても切ない曲。

尺も短く特別なことはしていないのですが、ギターソロが寂しさを増しています。

Darkside

曲の構成としてみるとアルバムの中で一番面白い「Darkside」。(8曲目)

タイトルからのイメージする激しい重いものではなく、ポップな曲。歌詞を見ていくと、聞いている印象とは異なってくるのが面白いです。

The symptoms are contagious, so please be advised
So welcome to the darkside

「症状は伝染症がから中止して。闇の世界へようこそ」。全体を通して丁寧な言葉となっているのも、逆に怖さを感じます。

見た目からして怖そうな人よりも、普通に見えたり、笑顔で人を刺す方が恐ろしいですよね。平然と悪に落ちる危うさを、この曲では表現しているのかも…。

歌詞を含めなくても、楽器を弾く人はアルバムで一番引っかかる曲になる気がします。奇をねらっているわけではないのに、弾くと面白い構成の曲ですよ。

Get Up

爽やかなポップが聞ける「Get Up」。(11曲目)

今までのShinedownのイメージからだと、驚きのある曲。アイドルグループが踊りながら歌っていたとしても、違和感がないかも…。

ポジティブな思いを含めて、コンセプト・アルバムだからこその曲じゃないでしょうか。ヘビーなだけじゃない、違って面を聞かせてくれます、

Get up, get up, get a move on

「起きて、起きて、前に進むよ」。ためらってそんなとこにいちゃダメだ! 一緒に変わって行こうよという思いは、背中を強く押してくれます。

ブレント・スミスの歌声で分かるかもですが、知らずにこの曲だけを聞かされたら、Shinedownとは気付かない人が多いかも…。表現の幅の広いバンドです。

The Human Radio

タイトルからして面白い「The Human Radio」。(13曲目)

直訳すれば人間ラジオ。変わってますのよね。「何を言いたいのかな? 」というのは、曲と歌詞を見ていくと分かってくることがあります。

The human radio is playin’ your anthem

「人間のラジオがあなたの聖歌(賛美歌)を流している」。人は同じように見えて、一人ひとりで異なるんだよというのを表現しているのかなと。

同じことであっても感じ方が違ってくるのが、本来は当然のこと。自分の思いを多くに人に知ってもらいたい人もいれば、個人の中で完結したい人もいる。

聞き方によって感覚は違ってくると思いますが、面白いテーマの曲です。

Brilliant

アルバムのラストを飾る「Brilliant」。(14曲目)

ネガティブな感情を乗り越え、新たなる人として生まれ変わろうとする姿を描いたコンセプトが、完結する曲。ストーリーとしても、収まりがいいです。

「The Entrance」で扉が開き中に入り、「Brilliant」で部屋から出ていく。

ボーナス・トラックが2曲あるVersionもありますが、異なる世界へ飛んでいってしまうので、「Brilliant」で終えるのが最適に感じました。

Are you mad or insane, you better run for your life
It’s my day to be brilliant

「あなたは怒っているか、正気じゃないのか。あなたのために走った方がいい。今日は俺が輝く日」。見捨てるのではなく、人に必要以上左右されないかなと。

本当は異なるのに、人の目を気にしてマジョリティ(多数派)の意見にのってしまうのは、良いとは限らない。ネガティブな思いになっていくこともあります。

自己主張を激しくするというのではなく、見方を少し変えてみようよというのが「ATTENTION ATTENTION」で表現したかったことかなと。

自分だけの何かがあれば、ネガティブな感情なんて飛んでいってしまいますよね。アルバムを通して伝えるコンセプト。興味深く聞けました。

あとがき

ここまでのアルバムとは異なり、すば抜けているキラーソングは含まれていません。おそらくコンセプト・アルバムであるのが理由でしょう。

全体を通して表現するために、必要な曲を用意をしたからからなかと。とはいえ、そもそもの楽曲クオリティーが高いので、既存と比較したらですが…。

単曲では小説の一章を読んでるだけという感じで、アルバム全体では聞こえ方も変わってくると思います。ですから、通して聞くのを強くオススメしますよ。

逆に単曲で判断するのは、このアルバムの聞き方として損ですね。

また、コンセプト・アルバムはバンドを成長させることが多いですから、次の1枚で見せてくれる景色が変わってくるのではないでしょうか。

おおよそ3年に1枚はアルバムをリリースしているShinedown。次の準備にはもう入っていると思いますので、階段を上がった変化を期待して待ちましょう。

 

以上、『Shinedown:ATTENTION ATTENTION ~見方を変えれば世界が変わるよ~』でした。


『Shinedown』をApple Musicで

DIAURA 関連記事

2018/5/4 release 6th Album
Shinedown:ATTENTION ATTENTION ~見方を変えれば世界が変わるよ~ ←今ココ

2020/5/22 release Digital Single
Shinedown:Atlas Falls ~あなただけは今をあきらめないでいて…~

コメント