SHIN:AZALEA (PINK ver.) ~優しさをキミにもあげる~

SHIN:AZALEA (PINK ver.)邦楽レビュー

SHINのサード・アルバムである「AZALEA (PINK ver.)」。

元ViViDのボーカリストのSHINですが、バンド解散後に少し間を開けてソロを開始してから、精力的に音源、ライブ活動をしてくれています。

1st、2ndソロアルバムはバンド時のイメージよりも激しめのロックアルバムでしたが、今回のアルバムはViViD時のイメージに近い内容になっています。

ViViDを好きで聞いていた人には、SHINのソロ活動にもより入っていきやすいアルバムの内容になっていると思いますよ。

激しいロックもかっこいいですが、SHINのツヤのある伸びた声がより生きて素直にカッコいいなと聞いていて感じるアルバムです。

優しさをテーマに作られたこの「AZALEA 」。アルバムの造り手であるSHINの思いの通り、優しさがあふれ出てくるような内容になっていました。

アルバム収録曲概要

「AZALEA (PINK ver.)」の収録曲は以下の通りです。

  1. Mirage
  2. Tragedy
  3. AZALEA
  4. SHIRABE
  5. センターオブトーキョー
  6. 6inchの凶器
  7. 花 (Bonus track)

PINK ver.となっているのは配信時アルバムのバージョンのことで、CDには収録されていない「花」がボーナス・トラックとして収録されています。

今回のアルバムは優しさというテーマもあるからこそですが、先にリリースしている2枚のアルバムとは内容だけでなく、曲名にも違いがあるのが特徴です。

2曲目の「Tragedy = 悲劇」だったり、6曲目の「6inchの凶器」は曲名に棘がありますが、1st、2ndアルバムに比べたら、攻撃性が減っていますよね。

曲目だけでも違いがありますが、聞くとさらに違いが感じられる内容です。ついリピートをして聞いてしまうのは、聞いていて優しさを感じるからでしょうか?

Mirage

アルバムのオープニングを飾る「Mirage」。(1曲目)

ディレイのかかったギターのイントロで、蜃気楼の中でも希望が見えるんだという、大きな優しさを感じる曲です。1曲目はこの曲しかなかった感じがします。

アルバムの中で1番ViViDを感じてしまったのは、この曲です。SHNのツヤのある伸びのある声が、聞いていて気持ちのいい曲になっていますよ。

優しさのテーマと同時に、ソロとして吹っ切れたものがある気がします。

AZALEA

アルバムタイトル曲にもなっている「AZALEA」。(3曲目)

ミディアムテンポの曲で、アザレア(つつじ)の花の様にきれいで美しい、バラード曲になっています。

白いアザレアの花言葉「あなたに愛されて幸せ」の通り、自分だけの優しさだけでなく、人にもらう愛の幸せと喜びを感じさせてくれる曲です。

MVの白い衣装がとても似合っていて、カッコいいMVになっています。

寒さに弱いアザレアの習性と、実は蜜を含む花全体に毒を持つというのが、曲にも現れている気がします。弱さや優しさだけではないという感じですね。

SHIRABE

自分が奏でた調べで光が照らしますようにと歌った「SHIRABE」。(4曲目)

今はあまり使われない歌の事を調べという表現がありますが、調べではなく英文字にしたのが興味深く感じる曲です。シンプルな歌詞が調べの感じがします。

言葉のアズか多くないからこそ、伝えたい、届きますようにという思いが伝わってきます。ささやきからロングトーンまで、素直に歌が感じられる曲です。

花 (Bonus track)

CD、配信のPINK ver.のみのボーナス・トラックである「」。(7曲目)

この曲があるとないでは印象が大きく変わりますし、アルバムのテーマである優しがあふれた曲ですので、ボーナス・トラックではもったいない感じです。

サビで言葉を繰り返すからこそ、言葉か印象に残るのと、優しさが増している曲になっています。アルバムの中で1曲を選ぶなら、自分はこの曲ですね。

男性目線の君をいつでも守ってあげるよという、優しさがあふれている曲です。この優しいさが歌えるSHINは、もっと大きく成長をする気がぷんぷんします。

もう1つの歌の顔

今回のアルバムではないのですが、SHIN LOIDとしてYouTubeにアップしているカバー曲が、単なるカバーをこえたかっこいい曲が多いです。

特に上の動画のX JAPANの「Forever Love」はかっこいいです。TOSHIの声にしか合わない曲かと思ってましたが、自分を出して歌える人がいるもんですね。

SHINのつやと伸びのなる声は、かっこいいなと素直に思えたカバー曲です。カバー曲ではあるけれど、ものまねではないからこそ、カッコよく感じます。

あとがき

優しさがテーマで制作された、サード・アルバムの「AZALEA」。

1st、2ndの攻撃性の高いロックもかっこよかったですが、優しさのあふれたこのサード・アルバムは聞いていて、とても心地のよいアルバムです。

冒頭でも記載していますが、ViViDが好きだった方には特にすんなりとSHINのソロ活動にも入ってこれる内容のアルバムになっていますよ。

優しさというテーマを知らずに自分はこのアルバムを聞いたので、最初は変化にびっくりしたというのが第一印象です。後でテーマを見たら納得でした。

自分はギタリストですのでボーカルをしたいとはあまり思いませんが、SHINの艶と伸びのある声はいいなぁ〜と憧れてしまう声ですよね。

おまけに艶と伸びのある声にぴったりな男前ですから、実にうらやましいなと。

今回の3rdアルバムは今日ずっと聞いていますが、いいアルバムだなと…。男性からの優しさをを聞きたいという女性だけでなく、男性にもオススメします。

 

以上、『SHIN:AZALEA (PINK ver.) ~優しさをキミにもあげる~』でした。

SHIN 関連記事

2017/8/23 release 1st Album
SHIN:Good Morning Dreamer ~新しい夢を追い求めて~

2014/4/16 release 2nd Album
SHIN:on my way with innocent to 「U」 ~その道と空はつながっている~

2019/8/7 release 3rd Album
SHIN:AZALEA (PINK ver.) ~優しさをキミにもあげる~ ←今ココ

コメント