夏川椎菜:ログライン ~この接続は先へとどんどん進んで行く~

夏川椎菜:ログライン邦楽レビュー

夏川椎菜の1枚目のアルバムである「ログライン」。

2017年にシングル「グレープフルーツムーン」でソロデビュー。3枚のシングルをはさんで、リリースがされたアルバムです。

同じ声優である雨宮天ちゃん、麻倉ももちゃんとのユニット「TrySail」でも活動中の彼女ですが、ソロのアルバムはまた違う感覚があることでしょうね。

1枚目のアルバムは無理をして背伸びをしていない、夏川椎菜ちゃんの等身大で自然体な感じのアルバムになっています。

アルバム収録曲概要

「ログライン」の収録曲は以下の通りです。

  1. パレイド
  2. ステテクレバー
  3. ナイモノバカリ
  4. イエローフラッグ
  5. gravity (Album Mix)
  6. キミトグライド
  7. フワリ、コロリ、カラン、コロン
  8. Daisy Days (Album Mix)
  9. チアミーチアユー
  10. シマエバイイ
  11. ラブリルブラ
  12. グレープフルーツムーン (Album Mix)
  13. ファーストプロット

すでにリリースされている1枚目のEPも共通ですが、曲名がカタカナか、英語のどちらかになっています。他のアーティストでは、あまり見ない手法です。

英語の曲名の2曲がいい位置に入っていて、アルバムの収録曲として見た時にカタカナだけで見づらくないちょうどいい感じの位置になっています。

独特な手法をいつまで続けるかはわかりませんけれど、面白く感じました。ただし、アルバムが2枚、3枚となってくると曲名が見づらくなるかもですね。

パレイド

3枚目のシングルでオープニング曲の「パレイド」。(1曲目)

サビ初めで一気に押し上げる歌い方は、正にサビという感じがする曲です。無理をしていない高音だからこそ、続けて歌っても歌詞がちゃんと聞こえます。

声優さんならではの実力が感じられる曲です。この位置ではなくもっと高音が歌えるのは間違いないですから、これからの曲が期待できる気もしました。

パレイドというと楽しいものを想像してしまいますけれど、まだ今の自分では楽しめていないから変わっていこうという歌詞は、希望のある感じがします。

パレード真っ最中ではなく、自分自身でパレードのいくための準備に最中なんだというのは、頑張ろうという気持ちにさせてくれる曲です。

アルバムのオープニング曲に、ぴったりな曲だと思いました。

ステテクレバー

アップテンポのロックナンバーである「ステテクレバー」。(2曲目)

ロックな曲ですけれど、彼女の声に合わせてエフェクトが強くかかったギターになっているのが、ギタリストとして面白く感じた曲です。

演奏に歌い手が合わせるではなく、歌い手に演奏が合わせた感じですね。演奏が歌い手に合わせているからこそ、無理のない自然体な歌声が聞けます。

別のルート(道)を通ってでもover take(追い抜き)していくんだという思いが、曲がアップテンポだからこそ、より強くなっている気がしました。

誰かを追い抜いていけというよりも、自分を追い抜いていけという感じの歌詞は、自分の限界をこえていけるのではないでしょうか? 面白く興味深い曲です。

フワリ、コロリ、カラン、コロン

2枚目のシングルである「フワリ、コロリ、カラン、コロン」。(7曲目)

曲名からして面白いですけれど、曲を聞いても面白い曲です。聞いているだけだと意味が伝わりづらいので、歌詞を見ることをオススメします。

揺れ動く気持ちが「フワリ、コロリ、カラン、コロン」という言葉にうまく当てはめられているからです。面白い表現方法なだと感じました。

揺れ動く気持ちは普通は重くなりがちですけれど、「フワリ、コロリ、カラン、コロン」と気持ちが揺れ動きを楽しんでいるように聞こえるのがいい感じです。

音の使い方も面白いので、聞いていて楽しい気持ちになる曲ですよ。

グレープフルーツムーン (Album Mix)

ソロデビューシングルである「グレープフルーツムーン (Album Mix)」。(12曲目)

アルバムの収録はAlbum Mixとなっていて、歌は変わっていないと思いますけれど、演奏のミックスの違いが聞き比べると分かるようになっています。

曲の印象を変えるほど変わってはいませんが、1枚目のシングルの3曲はリリースから2年たっているので、変化のためにも変えたんでしょうね。

月の歌にした曲は多くありますけれど、グレープフルーツムーンというのは面白いなと曲を聞いていても、歌詞を見ていて思いました。

2人の恋をグレープフルーツのように甘さだけじゃないよという感じですが、確かに恋愛は甘いことだけじゃないですよね。面白く興味深い歌詞です。

甘いだけではないけれど、約束するし、忘れないよというのは恋そのものかもしれません。たんたんと歌っているのに、ちゃんと思いが伝わってくる曲です。

ファーストプロット

アルバムのラストを飾る「ファーストプロット」。(13曲目)

夏川椎菜ちゃんが作詞をしたこの曲は、1枚目のアルバムに入るからこそ、意味を持っている曲だと感じました。歌を歌っていく決意が感じられるからです。

「プロット = plot = 物語の筋、構想」という意味で、彼女の最初のプロット。今はまだ完璧ではないけれど、歌を歌うんだという気持ちが込められています。

大きな存在になるよというのではなく、「君の歌がいつか歌えますように」というのが、またいい感じです。優しくも強い決意にも感じました。

優しい歌声の曲は、歌詞も含めて、アルバムのラストにぴったりです。

あとがき

アルバムを通して背伸びをしていないので、等身大の彼女が伝わったくるようなアルバムです。自然体であるのは、TrySailの活動が生きていると思います。

曲名のカタカタ、英語のみという仕組みも面白いですけれど、曲を聞いてもしっかりと楽しめるようになっているのも、いい感じでした。

気になったのは曲を聞く人にはあまり関係ないことですけれど、MVはあるのにYouTubeで公開されていないんです。少しもったいない気がしました。

MVをきっかけに聞く人は今多いです。レコード会社の戦略もあるでしょうけれど、ショートバーションでも公開した方がいいかもしれませんね。

とはいえ、アルバムはしっかり楽しめます。特にTrySailを聞いていいなと感じている人は、夏川椎菜ちゃんのソロもきっと気に入ると思いますよ。

 

以上、『夏川椎菜:ログライン ~この接続は先へとどんどん進んで行く~』でした。

夏川椎菜 関連記事

2019/4/17 release 1st Album
夏川椎菜:ログライン ~この接続は先へとどんどん進んで行く~ ←今ココ

2019/9/25 release 1st EP
夏川椎菜:Ep01 ~思いは自分の意志で変えて進むことができる~

コメント