次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【A8.net】
A8.netA8.net

夏川椎菜:ハレノバテイクオーバー ~もれなく手に入れてやんよ~

夏川椎菜:ハレノバテイクオーバー邦楽レビュー
邦楽レビュー

夏川椎菜 (なつかわ しいな) 配信シングル「ハレノバテイクオーバー」。

前作「クラクトリトルプライド」から1年。22年2月9日にリリースされる2枚目のアルバム「コンポジット」から先行配信されたリードトラック。

詰め込んだハチャメチャ感な勢いが、実に彼女らしいアプローチの楽曲です。

ハレノバテイクオーバー 概要

「ハレノバテイクオーバー」は、22年2月9日にリリースされる2枚目のアルバム「コンポジット」のリードトラック。

途中にTrySailとしての活動はありましたが、ソロとしては久しぶりの音源。即アルバムというのではなく、告知も含めて必要だったのだと思われます。

その上で彼女らしいアプローチの楽曲。必要不可欠という感じでしょう。ジャケットはもう少し力を入れてよかったかもですが、配信のうまく使った形です。

ハレノバテイクオーバー

待ってろよ「ハレノバテイクオーバー」。

音数が多く、思いついたことを全て詰め込んだハチャメチャ感。音もぶつかっていますが、ぐちゃぐちゃになる寸前で止めているのが、これでもかの勢いに。

楽曲のテーマも含め、アルバムのリードトラックかつ、1曲目であるのも納得です。

どこにある? どこにある?
僕の思い描く筋書きの出口

日々過ごしていて、悶々とする思い。頭の中では描けるけれど、異なる現実。思っているだけじゃ何も起こらないと、実感した時なのかも…。

誰のものでもない晴天を手に入れろ
喜びの声を張れ!

正にタイトルに紐着く部分。晴れの場をtake over。手に入れるでもあり、後に続く歌詞にもある連れて行くというのは、take overは複数の意味でありそう。

雨でも曇りでもなく、晴れ。気持ちのいい天気であり、その時の感情をを吐き出す意味での声を張れ! でもありそうです。

君を連れていく Big Bang!
始まるんだ

自分だけではなく、君を連れて晴れの場へ。先に記述したtake overにもつながりますが、小さくまとまらずに大きく行こうぜ! という感じなのでしょう。

自己満で小さなものではなく、つながることで大きな光へになるんだ的な。

音数が多く、かつぶつかってもいるのでグッチャになりかねない曲。線は細いですが歌声がまとめ役になっているのは、発音が肝の声優さんならではかも…。

アルバムリリース後のライブでは、この曲がオープニングナンバーになりそう。寧ろ頭にくるからこそ、導火線のようになるのではないでしょうか。

あとがき

アルバムに向けてだと思われますが、シングルとは別にライブ音源を配信リリース。Ep02-x チュートリアルと名付けられ、4週連続の配信。 ※”x”部分は数字

その内容は2021年7月29日「夏川椎菜 Zepp Live Tour 2020-2021 Pre-2nd @Zepp DiverCity(TOKYO)」で披露された、20曲を5曲ずつに分けた物。

ライブ盤をリリースする声優さんは増えてきましたけれど、この手法は珍しい…。既存ファン向けでもあり、何かきっかけになればということでしょうね。

今の音楽業界。何が跳ねることになるか、本当に分からないですから…。

2枚目のアルバム「コンポジット」は、新曲メインであること。加えてトラックリストを見ると、楽曲タイトルの英語かカタカナのみの法則が変わっています。

音や表現としても変化があると思いますので、どうなるのか楽しみです。

 

以上、『夏川椎菜:ハレノバテイクオーバー ~もれなく手に入れてやんよ~』でした。


Amazon【夏川椎菜】関連商品

夏川椎菜 関連記事

2019/4/17 release 1st Album
夏川椎菜:ログライン ~この接続は先へとどんどん進んで行く~

2019/9/25 release 1st EP
夏川椎菜:Ep01 ~思いは自分の意志で変えて進むことができる~

2020/9/9 release 4th Single
夏川椎菜:アンチテーゼ ~私の思いの全てをさらけ出す時がきた~

2021/1/6 release 5th Single
夏川椎菜 :クラクトリトルプライド ~何回だって砕けていい~

2022/1/12 release Digital Single
夏川椎菜:ハレノバテイクオーバー ~もれなく手に入れてやんよ~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
TrySail (トライセイル)

麻倉もも (あさくら もも)

雨宮天 (あまみや そら)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント