夏川椎菜:Ep01 ~思いは自分の意志で変えて進むことができる~

夏川椎菜:Ep01邦楽レビュー

夏川椎菜の1枚目のEPである「Ep01」。

ソロとして初のライブツアーをさらに盛り上げるために、リリースされたEPです。4月リリースの1枚目のアルバム「ログイン」から、短期間でのリリースとなりました。

彼女はアイドルマスターなどにも出演している声優さんで、音楽活動はソロの他にも、雨宮天ちゃん、麻倉ももちゃんとのユニットのTrySailでも活動中です。

初のライブツアーを盛り上げるための5曲入のEPは、リリースをする目的通りのライブが盛り上がりそうな曲がしっかりと聞けるEPになっています。

EP収録曲概要

「Ep01」の収録曲は以下の通りです。

  1. ワルモノウィル
  2. グルグルオブラート
  3. HIRAETH
  4. キタイダイ
  5. ロジックルーパー

EPのタイトルの「Ep01」は、EPの1枚目だからだと思いますが、面白いタイトルの付け方です。EPとも取れますし、Episode (エピソード)とも取れます。

タイトルの意味は、次のEPがリリースされる時に分かりそうです。ちょっとした部分ではありますけれど、こういう遊び心は気になってしまいますよね。

曲名も面白くて、カタカナの2曲に単語1つの英語の曲名が挟まれてサンドイッチされているのも、曲名を見ただけでも遊び心が感じられるEPです。

ワルモノウィル

メロディーの使い方が面白い曲の「ワルモノウィル」。(1曲目)

ハロウィンの曲のような不思議なメロディーが面白くて、EPのリード曲であるのも納得の曲です。メロディーに負けずに、歌詞が面白いのもポイントですね。

「ウィル = will =  意志」ということだと思いますが、今までの自分はいい子で今はわるい子なの? の聞いている歌詞は、興味深く面白いです。

謙虚や遠慮がちのおとなしいいい子からの変化は、自分の意志であると考えると、曲の面白みがさらに増えて聞けるようになっていきます。

気持ちの変化が面白く表現されている歌詞で、聞いていて気になる曲です。

グルグルオブラート

本当の気持ちを隠しているのは嫌と歌っている「グルグルオブラート」。(2曲目)

オブラートに包むという言葉はありますけれど、前にグルグルが付いていることで、より本当の気持ちを隠している嫌気が伝わってくる歌詞です。

オブラートというと子どもに苦い薬を飲ませるために使う薄いシートですが、今もオブラートってあるんですかね? オブラートだけ食べるのが好きでした。

ボンタンアメに薄いオブラートが巻いてあって、東京駅の六厘舎(つけ麺屋)の横の全国物産お土産の店にいつも売っているので、つい買ってしまいます。

自我が目覚めてくるといわれたことだけをするのは嫌ですから、この曲でいっている嫌気が指してきたという気持ちは、痛いほど分かりますね。

この曲はテーマが「ワルモノウィル」とつながっている曲ともいえます。

キタイダイ

ロックな曲の「キタイダイ」。(4曲目)

カタカナになっていることで、言葉の見え方が変わるなと感じた曲です。期待大をキタイダイとカタカナにしているだけなのに、面白くなっています。

つまらない毎日を繰り返し過ごすのではなく、恥を忘れて期待大な日を過ごしたいと歌った曲は、ロックな曲だから嫌みがなく聞ける曲になっていますよ。

女の子が「ブチかましていけばいいんだよ」と歌うのは、意外性があって面白いです。期待大なのは自分に対してだから、やるよ! っと感じですよね。

反抗や反発には大きな力が生まれるので、自分への期待大。いいと思います。

ロジックルーパー

頭の中で繰り返される迷いを歌った「ロジックルーパー」。(5曲目)

ロジックは論理や論法。ルーパーは繰り返されることをいいますが、ロジックルーパーとはいい曲名を付けたなと聞いていて感じる曲です。

この迷ってしまう気持ちは理想が高すぎたり、なんでも100点を目指す完璧にしようとすればするほど、入り込んでしまう迷いだと思います。

なんてないことも奇跡なんだから忘れないでという歌詞には、共感してしまう人も多いのではないでしょうか? 続かない無理はしちゃダメですよね。

何もしないというのは問題外ですけれど、自分なりに何かを頑張って過ごしているのが奇跡だし、幸せという未来はおとずれる感じがします。

迷うこともあるけれど、ずっと迷っている必要はないよといっているようです。

あとがき

「Ep01」という面白いEPのタイトルですけれど、5曲とも思いを歌った曲という共通点があります。共通点に気付いて聞くと、より面白く感じるEPです。

ソロツアーを盛り上げるためのリリースということですが、起爆剤として盛り上げる要素はしっかりと含んでいるEPです。目的にあったEPだと思います。

曲調や曲名の面白さが最初に気を引かれる人が多いと思いますけれど、共通点である思いを自分に合わせて聞いてみてください。格段に興味深いEPになります。

リリース直後に聞いていた時は面白いけれどまとめずらいEPだなと感じていたんですが、共通点の「思い」に気付いてからは、一気にまとめられました。

聞くだけの楽しみ方もありますが、より楽しむためには少しだけ深くEPの世界に入り込んでみるのをオススメします。

 

以上、『夏川椎菜:Ep01 ~思いは自分の意志で変えて進むことができる~』でした。

夏川椎菜 関連記事

2019/4/17 release 1st Album
夏川椎菜:ログライン ~この接続は先へとどんどん進んで行く~

2019/9/25 release 1st EP
夏川椎菜:Ep01 ~思いは自分の意志で変えて進むことができる~ ←今ココ

コメント