錦戸亮:Silence ~僕らが奏でるのはノイズのないクリアな音~

錦戸亮:Silence邦楽レビュー
邦楽レビュー

錦戸亮 (にしきど りょう) 配信シングル「Silence」。

前作「オモイデドロボー」から10カ月。「キッチン」と同時リリースとなった、大人の男性の優しさと強さがこもった歌。

しっとりとした曲は、素直にいいなと思わせてくれます。

Silence 概要

「Silence」ならびに同時配信の「キッチン」。2021年1月27日にリリースが決定した2枚目のアルバム「Note」からの先行配信。

1枚目「NOMAD」の内容からしても当然とも言えますが、先行配信された3曲を聞けば思いっきり期待してよさそうです。

赤西仁との共同プロジェクトN/Aとは少し異なる部分も、興味深く聞けます。

Silence

弱さを知っているからこその強さ「Silence」。

まるで手紙になっているような歌。送り先は少し自信をなくした、またはちょっと弱った人に対してであるような形。もしくは昨日の自分への思いなのかも…。

いろいろな想像ができるのも、興味深く感じさせます。

ノイズのない世界でいつまでも
ユニゾンで奏でるサイレンス

情報が多い時代だからこそ、増えていくノイズ。全てを受け止めていたら、どんなに強い人であったとしても心が折れてしまいます。排除をするする必要性。

それでも孤独という意味ではありません。2つ以上の音が同時に重なる音楽用語のユニゾンであるように、誰かと一緒でなければ表現ができない世界。

楽器を弾く人であれば分かると思いますが、ユニゾンはお互いの心が同期するからこそで、めちゃくちゃ気持ちがいいプレイの部分。

一緒に音と奏でられるからこそ、ノイズが消える。そのことがサイレンスなのかも…。聞き手の受け取り方次第ですが、興味深い表現です。

望んだ光とは少し遠くても
書き足していこう
奏でていこう

求めた、望んだものとは異なるなるのが多い日常。周りから見たらうまくいっているようでも、”もっと”があるからこそ、さらなる向上があるのでしょう。

その上で例え理想とは異なっていくとしても手を止めるのではなく、新たな書き込みと音を奏でていく。強さと進むべき未来を、同時に見せてくれます。

思いだけでなく、行動で示すことで変わっていく。「Silence = 静寂、静けさ」はそのままというのではなく、きっと大きくなっていくことでしょう。

あとがき

思いも含めていい曲。アルバム「NOMAD」、N/A「NO GOOD」でもソングライティングの高さは実証済みですが、さらに高まった形。

同時配信の「キッチン」も含めて、アルバムの期待感を高める先行配信でした。

加えて歌声もステキですから、2枚目のアルバム「Note」はめちゃくちゃ期待大! 2021年と来年になりますが、楽しみにしてよさそう。

錦戸亮。素直にいいアーティストです。

 

以上、『錦戸亮:Silence ~僕らが奏でるのはノイズのないクリアな音~』でした。


『錦戸亮』をApple Musicで

錦戸亮 関連記事

2019/12/11 release 1st Album
錦戸亮:NOMAD ~今は目的地よりも始まりの1歩が大切なんだ~

2019/12/20 release Digital Single
錦戸亮:オモイデドロボー ~君の恋の記憶は僕が上書きするよ~

2020/10/16 release Digital Single
錦戸亮:Silence ~僕らが奏でるのはノイズのないクリアな音~ ←今ココ

2020/10/16 release Digital Single
錦戸亮:キッチン ~君といる幸せを感じる音がある場所~

関連アーティスト記事一覧
N/A (エヌエー)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント