【USEN】
USENUSEN

錦戸亮:Note ~永遠はないからこそこの香りが途切れないように~

錦戸亮:Note邦楽レビュー
邦楽レビュー

錦戸亮 (にしきど りょう) 2枚目のアルバム「Note」。

前作「NOMAD」から1年1カ月。途中3曲の配信シングル、赤西仁との共同プロジェクトN/Aの1枚目のアルバム「NO GOOD」を挟みつつのリリース。

動き出したら止まらないという姿勢だけでなく、充実した内容の1枚です。

Note 収録曲概要

「Note」収録曲は以下の通り。

  1. Top note
  2. Tokyoholic
  3. キッチン
  4. ハイボール
  5. コノ世界ニサヨウナラ
  6. オモイデドロボー
  7. Middle note
  8. 微睡み
  9. Silence
  10. 若葉
  11. I don’t understand
  12. ラストノート

気になるアルバム・タイトル「Note」は、香水の香りをさす言葉。基本付けることがないので知りませんでしたが、意味が分かればなるほどなと感じる意味。

おそらくこういう部分も含めて、女性をキュンとさせてしまうのでしょう。

また、 タイトルだけでなく、付けてすぐの香りの状態「Top note」。少し時間がたった後の「Middle note」をインストゥルメンタルでの表現。

アルバムの最後には香りが消えるまでの状態を表す「ラストノート」は、歌い入りで。単曲ではなく全体を通しての表現は、すごくロックを感じさせます。

1枚目「NOMAD」もいいアルバムでしたが、1年1カ月の中でまた進化を見せる。まだまだ成長株というのが面白さであり、興味深くなる内容です。

Tokyoholic

問題提議のロックナンバー「Tokyoholic」。(2曲目)

「Top note」からつながるロック。ここまでは激しいのは意外性とともに、ガッチリと聞き手の心をつかみます。お世辞抜きで、めちゃくちゃカッコいい!

Tokyo! ここはまだまだはじまりだから
I can’t hate you Tokyo!!

日本の中心地で何でもある場所とはいえ、来るだけでは変わらない。「ここで何をするかが最も重要だろ?」 と誰かではなく、自分への戒めのような言葉。

東京へ行くことが目標や、来て満足。何もしていないのにカッコつける人が多くいるからこそ、よりザクザクとその言葉が突き刺さってくるロックです。

東京自体が悪いからではないからこそ、「I can’t」が付いているのも面白い!

ハイボール

勇気を出すための1杯「ハイボール」。(4曲目)

大人の男のラブ・ソングでありながら、他の要素も見え隠れする曲。真っ新な人なんていないのだから、どうしても見えてくる”元”という影。

今じゃないから本当はいいのに、気付いたら気になってしまうのも人の弱さ。お酒の力を借りて自分を納得させようとすることに、人間味を感じさせます。

酔ってるだけかな
“元”にはもう縛られないで

「元彼に縛られないで。俺が違う世界を見せてあげるから」という感じも取れますが、自分自身の”元”にも縛られないでと表現している気もします。

錦戸くん自体これから長い音楽活動で楽しませてくれると思いますが、ずっとついてくるであろう。ジャニーズ出身であるということ。

悪いことじゃないし、それ自体は仕方がないことだけど、元だからとイメージでしばられないないで! というのを示したいのかもしれませんね。

その音楽を聞けば理解できますが、始まりのきっかけが中々崩せないので…。

コノ世界ニサヨウナラ

いつか誰もが訪れる「コノ世界ニサヨウナラ」。(5曲目)

今すぐにどうこうでなくても、生まれたからこそいつかは必ず訪れる死。当たり前のことなのについ忘れてしまうことだから、心にとどめておきたい事実。

タイトルを見た際と、聞いた時とでは印象が変わる曲かも…。

そうやって世界は回っていくんだろう

自分の前には先人がいて、生きることや死までを教えてもらう。特別な人となる君からも同様。 当たり前のことでも、改めて考えてみると興味深い事実。

全ての人、生きるものが世界の歯車の1つだからこそ、テキトーや後から悔やんでしまう暇なんてない。できることを当たり前にやろうと言っているのかも。

最初だけでなく、聞く人によって感じ方が大きく変わってきそうな曲です。

微睡み

僕はあなたじゃなければだめなんだ! の思い「微睡み」。(8曲目)

うとうとして少しのあいだ眠ることを指す「微睡まどろみ」。深い眠りでの夢でなくても、あなたに会いたい。好きというよりも、愛を感じてしまいます。

埋められない隙間
あなた以外じゃ荷が重過ぎるの

誰かではない、僕を受け止めてくれる特別な人。だからこそ微睡みの時でさえ、あなたに会いたいを思ってしまうのでしょう。

好きや愛しているの言葉を使わずとも、分かる思い。ステキな愛情です。

若葉

初心者の二人「若葉」。(10曲目)

先行配信された「キッチン」とのつながりを感じる曲。新米である二人の関係を描いて表現は、聞いていてニコッとしてしまうものがあります。

大変なこともあるけれど、その瞬間を楽しんでいるのがポイントでしょうか。ベテランからしたら、こんな時もあったよね! と思い出してしまうかも…。

姿変え続ける夢
目的と呼んでみるかな

君と一緒に生活を共にするからこそ、夢も変わってくるのは自然なこと。”目的”という言葉に変化するのは、当たり前のことになったからかなと。

今の2人の関係は若葉だけど、お互いが空気のような存在になることを望んでいるのかも…。隣にいて当然でありながら、愛するべき特別な存在。

気持ちがとても優しい、君への思いがあるからこその若葉。その感情はずっと新鮮なままなんだよ! と表現が含まれているのかもしれませんね。

I don’t understand

分かっているけれど分かりたくない「I don’t understand」。(11曲目)

時は誰もが平等に過ぎていくからこそ、思う感情。そのままに受けてめても分かり気持ちでありながら、それだけではないようにも聞こえます。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去っていくからこそ、余計にですね。

We are forever young

「俺たちは永遠に若い」。実際にはありえないことですが、肉体はまだしも感情であればキープすることはできるはず。むしろもっと若くなれるかも…。

この曲で表現しているのは子供のようなわがままというのではなく、年だからとかを理由にして、諦めたりするなよ!  ということなのかもしれませんよ。

また、自分だけでなく同士であるみんなも同じだからというのも、そう感じてしまう理由になっていそう。シンプルですが、興味深い表現の曲です。

ラストノート

全てに終わりがあるからこその「ラストノート」。(12曲目)

アルバム「Note」の表現を締める曲。始まりがあるからこそ、いつか終わりがあるのは当然なこと。だからこその思いの強さを感じさせます。

重くもできた内容と、ポップな曲で表現しているというのも興味深い!

終わりとセットじゃない
始まりなんてあんのかな

香水も付けた瞬間、途中の段階。いつかは消える香り。その時々で異なるけれど、だからこそできることや楽しめることがあるよという感じでしょうか。

終わりがくるのを悲しがるのではない、変化があるからこその表現。永遠は存在せず終わりがくることを知っているからこそ、その時々が大事になります。

言葉としてでなく、意味を知っての行動は全く違うものになることでしょう。しかも重さではなく、ポップに楽しく表現。今後の活動も期待してよさそうです。

あとがき

前作「NOMAD」収録のインストゥルメンタル「Point of Departure」も良かったですが、今作の「Top note」「Middle note」もいいですね。

しっかりとアルバムに必要な位置、意味を示している。単曲ではない全体での表現は、錦戸くんが本当に音楽が好きな人であることが分かります。

ソロでありながら、やっている表現はロックバンドに近いかも…。N/Aの活動もあるから難しいかもですが、パーマネントなバンドも期待しちゃいます。

ソロでこれだけの表現ができたら、とてつもない熱いものができそう。

それにしても短期間の中で、単に曲があるからでない、進化をした表現。”元”からの既存ファンだけでなく、多くの人がきっと楽しめることでしょう。

というよりも、偏見や固定概念を持っている人にこそ聞いて欲しいですね。

また、リリース時点で一部公開されていますが、全曲のMVを制作するというこのアルバム。有人のライブが難しい理由だけでなく、自信の表れかなと。

実際に内容も素晴らしいので、MVでどんな表現を見せてくれるか楽しみです。

 

以上、『錦戸亮:Note ~永遠はないからこそこの香りが途切れないように~』でした。


『錦戸亮』をApple Musicで

錦戸亮 関連記事

2019/12/11 release 1st Album
錦戸亮:NOMAD ~今は目的地よりも始まりの1歩が大切なんだ~

2019/12/20 release Digital Single
錦戸亮:オモイデドロボー ~君の恋の記憶は僕が上書きするよ~

2020/10/16 release Digital Single
錦戸亮:Silence ~僕らが奏でるのはノイズのないクリアな音~

2020/10/16 release Digital Single
錦戸亮:キッチン ~君といる幸せを感じる音がある場所~

2021/1/27 release 2nd Album
錦戸亮:Note ~永遠はないからこそこの香りが途切れないように~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
N/A (エヌエー)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント