錦戸亮:NOMAD ~今は目的地よりも始まりの1歩が大切なんだ~

錦戸亮:NOMAD邦楽レビュー
邦楽レビュー

錦戸亮 (にしきど りょう) 1枚目のアルバム「NOMAD」。

関ジャニ∞を脱退、ジャニーズ事務所を退所して、リリースしたソロ・アルバム。それぞれで状況は異なるでしょうけれど、渋谷すばると同様ですね。

2人とも全曲の作詞作曲をしているのも、興味深く感じます。同じグループ出身でも表現しようとしている世界が異なるのも、実に興味深いところ。

先行で配信された曲を聞いて興味を持っていましたが、予想以上にカッコいいアルバムになっていてビックリ! 男性もしっかりと楽しめる内容です。

NOMAD 収録曲概要

「NOMAD」収録曲は以下の通り。

  1. ノマド
  2. ホンキートンクラプソディ
  3. 狛犬
  4. オールドスクール
  5. ヤキモチ
  6. いとしのエリ
  7. Point of Departure
  8. バッジ
  9. 罰ゲーム
  10. アンブレラ
  11. ノマド (Piano ver.)

曲名だけを見ても気になる曲が満載のアルバム。全曲の歌詞を見ると、日本語を大切にした内容であることが分かります。

音楽性は大きく異なりますが、日本語を大切にしているのは、同じく関ジャニ∞のメンバーであった渋谷すばると同様。面白い共通点ですよね。

バッジへとつながるインストゥルメンタル「Point of Departure」だけ、英語のタイトルにしたのは、あえての部分が見えて興味深いです。

ノマド

オープニングのタイトル曲「ノマド」。(1曲目)

「NOMAD = ノマド = 遊牧民、放浪者」。アルバムから先行配信。歌詞を見てもソロの始まりとして必要で、歌いたかったのだと感じます。

錦戸亮としての状況をありのままに歌った曲。ファンの人に思いを伝えるとともに、自分自身を奮起する思いでもありますよね。

目的地なんて今はまだ
言えなくたってどうだっていいんだ

十分過ぎるキャリアもあるのに、ソロで新しい始まりだからこそ、目的地はどうだっていいんだなんて、カッコよすぎ! 実際に本心なんでしょう。

始まりの1歩であり、アルバムの終わりがPiano ver.でもう1度というのも、とてもステキ。それぞれで歌い方が異なるのも、心により思いが伝わってきます。

オールドスクール

曲調がケルト音楽という意表をついた「オールドスクール」。(4曲目)

後からアレンジで変えられるタイプの曲調ではないので、音楽性の幅広さが感じられる曲。君へのプレゼントを考えるというのも、楽しい時間ですよね。

楽しい思いが詰まった曲は、聞いていると笑顔になってしまいます。損得勘定のない関係だからこそ、考える時間もプレゼントになっている気がしました。

くたびれていたいな
君と一緒に

何気ない歌詞ですけれど、君との関係が短い言葉で伝わってくる。聞くだけでも楽しいですが、ライブでより笑顔になるのが間違いない曲です。

いとしのエリ

曲名からして気になる「いとしのエリ」。(6曲目)

誰もがサザン・オールスターズ「いとしのエリー」を想像するであろう曲名。持ってきたのは、オマージュであり、違う世界を見せられる自信ですよね。

確かに「いとしのエリ」は「いとしのエリー」と同じく思いがこもっていながら、違う世界観の曲になっていました。気持ちが伝わってくる歌詞。

自分とは違って尊敬ができからこそ、好きになってしまい、君をいつまでも笑わせようと思う気持ち。少しの時間が大切なのも、共感してしまいます。

こんな関係の人と付き合えるようになったら、きっといい関係が続く気がしました。まだ彼女になっていない関係は、続きが気になる曲。今後の展開に期待!

すがすがしいくらいストレートな気持ちと歌声で、とてもいいですよ。

Point of Departure

1番意外性のある「Point of Departure」。(7曲目)

インストゥルメンタルを入れてくるとは、びっくりしました。「Point of Departure = 出発点」。バッチへの導入にもつながっていて、興味深い曲。

タメのあるこの曲は、がっつりギターを弾いていないと作れないですよ。

バッジ

アルバムの中で1番ロックな「バッジ」。(8曲目)

「Point of Departure」の後に、本物と偽物の違いはバッジじゃないんだ。お前が決めるんだ! というのは、曲調以上にロックを感じました。

「お前 = 自分」。自分自身のことだからこそ、お前という表現が似合います。

この曲でいうところのバッジは、ジャニーズ時代の活動のことですよね。離れたからこそ、元○○に頼っていてはダメだと分かっているのがいい感じです。

自分自身に発破をかける曲を入れくるのに、これからの活動の決意を感じました。とはいえ、メッキが剥がれる偽物か、本物なのかはこれから次第ですね。

こういうのも書けるというのは、次のロックな曲を期待してしまいます。

罰ゲーム

意味深長な曲名の「罰ゲーム」。(9曲目)

好きなのに別れることになった恋愛ようにも聞こえますが、関ジャニ∞のメンバーに向けた曲のように、自分には聞こえました。

その仕草もどれも全部
いつか報われますように

別れる対象が女性であればあまり言わない表現だと思いますし、曲名も「罰ゲーム」とはしない気がします。特に、別れたくてお互いが離れたのでなければ…。

受け取り方は人それぞれで変わってくると思いますが、分かる人にだけに伝わればいいメッセージのように感じましたよ。

キーとしては現時点は難しいようで少し外しているんですけど、完璧な歌ではないのが、より思いが伝わってくる気がします。心が込もった罰ゲームです。

あとがき

予想していた以上に、充実した1枚目のソロ・アルバム。元からのファンの人も含めて、同じように充実度にびっくりする人は多いのではないでしょうか?

渋谷すばるのソロ・アルバムを聞いた時も思いましたが、イメージする元ジャニーズだからというのがない、目指す方向は違っても男らしい内容。

また、次の1手が楽しみですと言う前に、新曲「オモイデドロボー」が間髪を容れずに配信されています。やりたいことがはっきりとしているんでしょうね。

赤西仁との新ユニットN/Aを組むのが発表されていますし、来年も注目を集める活動をしてくれるのは間違いありません。楽しみがまた一つできました。

ソロとして現時点では完璧ではないかもしれませんが、思いと意志が込もったカッコいいアルバム。新たな本物のバッジを見せてくれそうですよ。

 

以上、『錦戸亮:NOMAD ~今は目的地よりも始まりの1歩が大切なんだ~』でした。


『錦戸亮』をApple Musicで

錦戸亮 関連記事

2019/12/11 release 1st Album
錦戸亮:NOMAD ~今は目的地よりも始まりの1歩が大切なんだ~ ←今ココ

2019/12/20 release Digital Single
錦戸亮:オモイデドロボー ~君の恋の記憶は僕が上書きするよ~

2020/10/16 release Digital Single
錦戸亮:Silence ~僕らが奏でるのはノイズのないクリアな音~

2020/10/16 release Digital Single
錦戸亮:キッチン ~君といる幸せを感じる音がある場所~

関連アーティスト記事一覧
N/A (エヌエー)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント