Roselia:Anfang ~始まりの狼煙をここに上げたよ~

Roselia:Anfang邦楽レビュー
邦楽レビュー

Roselia (ロゼリア) 1枚目のアルバム「Anfang」。

BanG Dream! から生まれたRoselia。アニメも放送されていて、それぞれのメンバーの役を声優さんが演じるだけでなく、実際に存在するリアルバンド。

けいおん! をステップアップしたような形で、興味深いサウンドを聞かせてくれます。「Anfang = 始まり、発端」の通り、初期衝動が聞けるアルバムです。

【中古買取サイトBUY王(バイキング)】

Anfang 収録曲概要

「Anfang」収録曲は以下の通り。

  1. Neo-Aspect
  2. BLACK SHOUT
  3. Opera of the wasteland
  4. 陽だまりロードナイト
  5. ONENESS
  6. Re:birth day
  7. Legendary
  8. -HEROIC ADVENT-
  9. Determination Symphony
  10. 熱色スターマイン
  11. 軌跡
  12. LOUDER

通して聞くと分かりますが、不完全さがあります。アルバムとして聞くから、余計にですね。だからこそ、初期衝動ともいえる面白さがあるのですが…。

また、全てのカップリングも含まれるため、シングルを全てを追ってきた人には、新曲は2曲のみ。ここは今後で解決すべき改善ポイントかも…。

どんなに流れを作ろうにも、アルバムがあってのシングルでなければ、曲を並べただけ感が出てきてしまうので。実際、まとまりでなく、個を強く感じます。

特にバンドであれば中心となるのは1曲ではなく、アルバムですから。面白いことをしているだけに、もったいないことをしていそうです。

バンドリの中という制約がありますが、方向性がうまく進むと一気に華が開くのではないでしょうか。Roseliaは可能性を多く秘めているバンドです。

Neo-Aspect

オープニング曲「Neo-Aspect」。(1曲目)

アルバムのための新曲で、始まりを期待させてくれます。SEを導入する手もありますが、一気に歌の世界へ引きずり込むのも興味深い!

More! Sing away! Sing away!
魅せよう 新たな姿を

曲名の「Neo-Aspect」を表す部分。存在意義を始まりで見せるのは、バンドらしさの出ている部分じゃないでしょうか。聞こえてくるのは、意志の強さです。

BLACK SHOUT

デビュー・シングル「BLACK SHOUT」。(2曲目)

全員の歌声がハーモニーとなる曲。ここまでうまく重なるのは声優さんが集まったからでもありますし、ライブでも再現できるのがいいですよね。

ニセモノには (Don’t go)
なりたくないの

この思いがあるからこそ、自分の手で切り開くんだというのがロック! 「BLACK SHOUT」とはなっていますが、闇ではなく明るくなるための叫びかなと。

2ビートでツタツタとなっているリズムが、テンポ以上の疾走感を生み出しています。まさにデビュー・シングルという感じです。

Re:birth day

2枚目のシングル「Re:birth day」。(6曲目)

意図的だと思いますが、「BLACK SHOUT」の入りとほぼ一緒なのが興味深い曲。テーマとしてもつながりますし、バンドならではの面白い要素です。

此処ここで成し遂げてゆく 未来

「Re:birth day」で理由も含まれていると同時に、待っているのではなく、自らの手で。リリースの順番だけでなく、曲順も続ければよかったのに!

曲頭の面白さ、思いがつながっている分、相乗効果になる気がしました。

サビを同じようなコーラスにするのではなく、ボーカル主体にしたのは印象度をうまくあげています。ハーモニーになっていたら、印象は違ったでしょうね。

できるからといってなんでもかんでも同じにしないのは、Elements Gardenはさすがに分かってらっしゃる。

作成時に元になっていると思いますが、この曲のサビはカッコいいです。

Legendary

力がこもっているアルバムのための新曲「Legendary」。(7曲目)

伝説を追いかけるのではなく自ら先導者になるという思いからか、歌い方が他の曲よりも力が入っている曲。逆にちょっと強すぎるかも…。

Vanguard -先導者-となって渡れ世界

意気込みが強くならずはいられない思いですが、今改めて歌った方がよりよい曲になりそうです。力が入りすぎてしまうのも、1枚目という感じでしょうか。

HEROIC ADVENT-

テレビアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG Z」エンディングテーマ「HEROIC ADVENT-」。(8曲目)

Roseliaの中でもポップな曲。ポジティブ度の高さも、アニメのテーマソングと考えると納得。この曲がアルバムのラストの方が良かったかも…。

渾身こんしんの一手を 今 夢に乗せて捧ぐ
仲間ととも

1人ではなく、仲間とともに。バンドも1人ではできないですから、通じるものがあります。ハジけたポップな未来を感じさせる曲は、カッコいいです。

軌跡

今までにありがとうと、この先へと進んでいく思いが聞けるロックバラード「軌跡」。(11曲目)

デス・メタル一筋! なバンドでなければ、必要となるバラード。カップリングでもありますが、再度アルバムに含まれることに意味を感じます。

“ありがとう”
まわる地球 貴方あなたと私は進む

軌跡を描くのは未来だけじゃなく、過去があるからこそ。この思いがあるからこそ、歌詞にあるように永遠を重ねていくことができるんじゃないでしょうか。

音源でも聞き入ってしまいますが、ライブでこそ映えそうな曲です。

あとがき

現在は2枚目のアルバム「Wahl」をリリース済みですが、聴き比べると大きく異なります。流れも含めて断然によくなっているんです。

その部分もこの1枚をへているからと考えると、興味深く聞けるのではないでしょうか。単曲ならよくても、アルバムとなると異なってくるので…。

特にオリジナルアルバムはベスト盤とは異なりますから、曲を集めましたではクオリティーも異なってきちゃいます。面白いことをしてるだけに、惜しい!

バンドは継続して進化していくのですから、まさに「Anfang = 始まり、発端」のアルバム・タイトルを表しているような1枚です。

 

以上、『Roselia:Anfang ~始まりの狼煙をここに上げたよ~』でした。


『Roselia』をApple Musicで

Roselia 関連記事

2018/5/2 release 1st Album
Roselia:Anfang ~始まりの狼煙をここに上げたよ~ ←今ココ

2019/2/20 release 8th Single
Roselia:Safe and Sound ~仲間との切れない絆~

2019/7/24 release 9th Single
Roselia:FIRE BIRD ~火の鳥はどこまでも高く飛んでいく~

2020/1/15 release 10th Single
Roselia:約束 ~終わらせないから最後まで信じていてね~

2020/7/15 release 2nd Album
Roselia:Wahl ~私たちが選択をした進むべき道~

2016/11/9 release 1st Single
相羽あいな:夢のヒカリ君のミライ ~この先には想像以上の眩しさがある~

2019/10/16 release 0th Single
相羽あいな:Lead the way ~振り向くという言葉は私には不要となる~

2020/4/15 release 1st Mini Album
相羽あいな:SiGN ~変化をする前のしるしをここに残すよ~

2020/3/25 release 1st Mini Album
工藤晴香:KDHR ~あなたに私が歌う理由を聞いて感じてほしい~

コメント