頭にきたとはいえフェナティやっちまったな〜

MotoGP

先日のサンマリノGPのMoto2クラスのロマーノ・フェナティが行った危険行為のペナルティが強くなってきました。

走行中にマンジのフロントブレーキを握るという前代未聞の行為をしたからですが、サンマリノGP失格に加えて次戦からの2戦出場停止処分。

これだけにはとどまらずに所属チームに解雇される。さらに契約が発表されたばかりの来シーズンの契約もキャンセルされることになりました。

厳しい処分なんですけれど、バイクで走行中にブレーキを握るというのはそれだけの危険行為ですよね〜。

頭に血が上ってやってしまったといっても…

放送を見ている時はブラックフラグが出た時にブレーキを握る行為がリプレイで放送されましたが、これはほんとにひどいなと。

マンジがこの危険行為のコース外へフェナティを押し出す部分は先に放送されていたので、怒る行為自体はわかるけれどやり過ぎちゃいましたね。

マンジもこれは次戦のグリット降格のペナルティくらう行為とはいえ、フェナティのは度が過ぎるなと。

ブラックフラグは見たくないよ

ブラックフラグ=失格ですからね〜。もともと問題児だったフェナティですが、速さはあったのにもったいない。

以前のロッシのマルケスへの蹴り(?)はまだ疑惑がつくものだったけれど、転倒があるバイクのレースでブレーキを握るとかとんでもないし。

謝罪声明も発表していますが今季の契約解雇にに加えて来季の契約も解雇となると、今後Moto2、3でも戻ってくるのは難しんじゃないでしょうか。

しっかりと反省して、運良くチャンスが巡ってくるのを待つしかないですね。

 

【9/22追記】

さらにペナルティが追加されて、18年シーズン末までのライセンスが撤回されました。今シーズンはライセンス撤回がなくても乗れないだろうけど、ダメ押しのペナルティですね。

来シーズン以は競技規則に定められた条件に従って新しいライセンス発行を申請が可能らしいですが、戻ってくるのはやっぱり厳しいかなと思いました。

いくら頭にはきてもやってはいけないことがあるという、反面教師にしたいと思います。

以上、「頭にきたとはいえフェナティやっちまったな〜」という記録でした。

コメント