沢井里奈 : 迎えにいくね ~しっくりとくるのは彼女が歌うからこそ~

沢井里奈 : 迎えにいくね邦楽レビュー

名古屋を拠点に活動しているアイドルグループdelaのキャプテンである沢井ちゃんの、ファーストソロシングル。

delaはもう4年、5年ぐらい前かな?偶然東京の自由が丘で遠征してきているのを見て、気になって、好きになってずっと追いかけているグループです。

delaはメンバーが20人以上と多いんですけど、音楽的なソロとしてできるのは現状では沢井ちゃんだけかなと。声質的には夢ちゃんもいけそうだけど、今ではないかな。

沢井ちゃんはパーソナリティが特に素晴らしいですね。頑張り屋さんなのに頑張ってるなんてアピールもしないし、ファンの男性陣がキュンとするのも分かる気がします。

ただ料理はできない。微妙。得意ではない。そこは頑張ってないみたいなとこが面白い子ですね。全然曲のことじゃなかった…。

今回のファーストシングルは歌としてはまだまだ進化の途中ではあるけれど、1つ1つの言葉を大切に歌っているステキなシングルです。

m1.迎えにいくね

シングルのタイトル曲「迎えにいくね」は歌うだけならもっとうまく歌える人がいるだろうけど、1番しっくりとくるのは彼女が歌ったときだろうなと思います。それぐらいしっくりとくる曲ですね。

作詞作曲している近藤薫さんの曲全般にいえることですが、テンポがジャストなんです。他の人だとこの曲なら最低でも5とか、10とかテンポ下げてしまうでしょうね。

歌う側は大変になる部分もあるけれど、曲としていい方を選択する尊敬できる音楽家です。

肩を寄せて歩く家路 からだの調子はどう?
ありがとう もう大丈夫だよ
今日はなんか食べていこうか? 乾杯しよ 今日の君に
ちゃんと薬も飲まなくちゃね 君の笑顔を 見てたいから

上の歌詞の部分はソロで出すことは決まっていたけれど、突然彼女が1カ月くらい入院していて歌詞が変更になった部分。

どんな病気だったのかは知らないし詮索しようとも思いませんが、結構な大変な感じだったので、ほんとに元気になってくれて良かったなと。

今の元気にふるまってくれる彼女を見ていると、そんなこともあったねという過去になっていますが…。

そんな経験をしなくてもこの曲は生まれたんだろうけど、心が休まるステキな曲です。

リリース当時は朝の通勤時に繰り返してよく聞いていました。相当な回数聞いてるはず。

m2.未来への招待状(Full Ver.)

聞く前はFull Ver.って何よ?と思った曲。そう思った理由はグループであるdelaとして発表済みの曲だったから。

曲としては成立していたけれどこちらはSingle ver.となっていたので、本来はこのVer.で作られた曲だったけれど、なんらかの理由で削られたってことなんでしょうね。

曲の尺がちょうど6分とJ-Pop曲としては長いので、当時のグループとしての実力だとミディアムテンポのバラードで削らないと長いと判断されたのかも…。

泣きたくなったら 振り向けばいい

この一説はとてもいいなと思いました。泣きたくても前を向いてとか、上を向いてというのはよくありがちですが、振り向けばいいですから。

弱さも持ち合わせているから、未来へ進んで行けるってことなんでしょうね。きっと。近藤さんすげ〜なと。

迎えにいくねあとがき

来月の沢井ちゃんの誕生日にまたソロライブが名古屋であるのですが、そろそろ新曲も聞いてみたいなと思っています。

このシングルをリリースしてからもいろいろとソロ、dela、キヨサワセイナとしての経験もあるので、また違ったものを見せてくれるのを期待せずにはいられません。

以上、『沢井里奈 : 迎えにいくね ~しっくりとくるのは彼女が歌うからこそ~』という記録でした。

沢井里奈 関連記録

2014/3/26 release 1st Single
dela:Orange blossom ~出会いと別れの1ページにある花~

2017/10/16 release 11th Single
dela : Halloween Go Round ~ハッ ハッ ハッ ハッで化けてみるかい? ~

2019/3/31 release 13th Single
dela:すき家のうた ~何回でも言えるほどたまらなく好きなんです~

2019/5/10 release 14th Single
dela:ほどけないときめき / 急いで! 初恋 ~言葉に出せないこの気持ち~

2018/9/17 Live Report
TdTことTOKYO dela THEATRE 9月公演は改善と期待の入り混じり

コメント