逢田梨香子:Principal ~始まりは飾らない等身大の私~

逢田梨香子:Principal邦楽レビュー
邦楽レビュー

逢田梨香子 (あいだ りかこ) 1枚目のEP「Principal」。

声優で、Aqoursでも活動する彼女のデビュー作。現在はソロ、別ユニットで活動するメンバーも増えてきましたが、Aqoursで先陣を切ったのはこのEP。

デビュー作であるだけでなく、新しいレーベルの第一弾アーティスト。制作側の大きな期待がこ込められているEPは、透明感がある希望の歌が聞けます。

Principal 収録曲概要

「Principal」収録曲は以下の通り。

  1. FUTURE LINE
  2. ORDINARY LOVE
  3. アズライトブルー
  4. 君がくれた光
  5. I will

曲名だけを見ても、濁りのない透明感。シングルというデビューの仕方もできたと思いますが、ある程度曲数のあるEPというのがうまくハマっています。

また、初のソロ音源として5曲というボリュームが、逢田梨香子という人を最初に表現するのに、ちょうどいい形になっている気がしました。

FUTURE LINE

曲名を含めて始まりにぴったりなリード曲「FUTURE LINE」。(1曲目)

聞いている人への応援歌であり、自分へもここから踏み出していくんだという思いが聞ける歌。一人じゃなく一緒にというのが、強さでありポイントかなと。

一緒に探したいと伝えよう
そこから物語が始まる もう一歩踏み出せる

何かをするには勇気がいる。それでも一歩踏み出すから未来という物語が始まるというのが、前に進んでいく理由になります。

ソロの一発目で、最初にくるのが「FUTURE LINE」。どんな未来を見せてくれるのか、楽しみになっちゃいます。明るい感じになりそうですよね。

4対3の画面比率のMVも、過去から未来へとの一歩を踏み出しているかのよう。映像の見せ方というのは、言葉にない表現ができて興味深いです。

表情が完全にナチュラルでなく、色合いも鮮明でないのが、またいい感じ!

ORDINARY LOVE

テレビアニメ「川柳少女」エンディングテーマ「ORDINARY LOVE」。(2曲目)

言葉に出して伝えてはいないであろう、恋する思いを歌った曲。「ORDINARY = 日常、普通」に続く言葉が「LOVE」とは面白い。

子供みたいにあなたが見つめると
あたたなかな気持ちがあるれる

恋というよりも、愛でしょうね。好きの思いが当たり前になっているからこそ、今の形が何かで壊れてしまうのを一番に恐れているのかも…。

「まったく違う私たち」とありますが、回りから見たら実は似ていて見えるなんてこともありそう。恋する思いがあなたに通じて、感情が同じだといいですね。

アニメは見たことがないですが、絵にうまくはまっているエンディングテーマであるのが想像できます。好きな思いの中に、切なさも含まれるのが恋ですね。

アズライトブルー

出会いも含めて神秘的な感じがする「アズライトブルー」。(3曲目)

意味合いとしてはアズライトも青。2つの言葉が異なる形でくっつくことで、より濃くなっていく色。一人では未完成というのも、表現しているかのよう。

どこまでも青く 澄み渡っていく想いをみつけたら
雨はもう 上がるから

澄み渡る想いとなるのは、あなたとの出会い。大切な人と時間が重なっていくことで、未来が見えていく。雨が上がり、天気になるという感じでしょうか。

多くの人、時代がある中で時間が重なるのは運命であり、奇跡。一人だけでは生きていけない弱さがあるからこそ、強くなっていけるのかもしれません。

完全な形でなくても、おぼろげに未来が見え始めて曲が終わるのがいい感じ!

君がくれた光

支えてくれる人たちへの感謝を歌った「君がくれた光」。(4曲目)

優しいメロディーに、伸びやかな歌声が印象な曲。白玉としっかりと切る部分が、聞いていて気持ちがいい歌。感情を表現しているようにも聞こえます。

本当は不安で 仕方なかった日も
さりげない態度で 背中押してくれた

君への感謝の思い。大きなことでなくても、さりげない態度というのが一番の励みになりますよね。また、君とは一人ではなく、多くの人のことなのでしょう。

この歌で「ありがとう」だと軽くなっちゃうので、「背中押してくれた」という表現もいい感じ! 同じ意味合いであっても、言葉はやっぱり面白いなと。

I will

しっとりとした中に、思いの強さを感じるバラード「I will」。(5曲目)

言葉を一つづつ思いこめているのが分かる歌。純粋なバラードを歌うのは初めてとのことですが、そんな感じをさせません。

逆に最初だからこそ、より丁寧な歌い方になったのかもですね。

戻れないこと時間のなかで
私たちはいつも進んでいく

同じようにみえて、少しずつ変わっていく未来。時が過ぎるととも思いも異なってきたりと、あの頃とは違うことも出てきます。

それでも大切にしたい、守るべきモノがあるからというのがピュア。純粋な思いだからこそ、より強く感じるのかもしれません。

帰国子女というのもありますが、英詩の部分がとても自然。これは今後の彼女のソロ活動の強みになっていきそうです。

未来への思いであっても、変に余韻よいんを残さない終わり方もいいですね。

あとがき

このEPを皮切りに、活発になっていくソロ活動。期間的には短くても歌の表現が変化していくのが、興味深いです。グループだけとは異なるんでしょうね。

タイトルの「Principal = 主な、主要な」。一人だからこそ、歌の全てを表現する主役。本人の意向で決めたということですが、いい感じです。

この時点で「Principal」でなくても、これからなっていく。このEPで聞ける歌は背伸びをしていないからこそ、始まりとしてピッタリな感じがしました。

続く音源ですでに変化が出てきていますが、個人での音楽活動も期待しちゃいます。聞いていると包み込んでくれるような歌声は、気持ちがいいですよ。

 

以上、『逢田梨香子:Principal ~始まりは飾らない等身大の私~』でした。


『逢田梨香子』をApple Musicで

逢田梨香子 関連記事

2019/6/19 release 1st EP
逢田梨香子:Principal ~始まりは飾らない等身大の私~ ←今ココ

2019/11/13 release 1st Single
逢田梨香子:for… ~自分自身のために一歩を踏み出そう~

2020/3/31 release 1st Album
逢田梨香子:Curtain raise ~私は間違いなくここにいるよ~

2020/8/7 release Digital Single
逢田梨香子:ブルーアワー ~空は開けて広がっていく~

関連アーティスト記事一覧
斉藤朱夏 (さいとう しゅか)

鈴木愛奈 (すずき あいな)

諏訪ななか (すわ ななか)

2020/10/14 release 1st Single
高槻かなこ:Anti world ~私の選択はもう決まっている~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント