Revolution Saints:Rise ~チャンスがあるならつかみ取るまで~

Revolution Saints:Rise洋楽レビュー
洋楽レビュー

Revolution Saints (レヴォリューション・セインツ) 3枚目アルバム「Rise」。

前作「Light in the Dark」から、約2年4カ月ぶりとなりました。メンバーそれぞれが他の音楽活動もしながらも、コンスタントなリリースをしてくれます。

最初はディーン・カストロノヴォのソロ・プロジェクトの予定が、1枚目からバンドになったレヴォリューション・セインツ。今は完全なるバンドです。

メンバーの関係が友好であること、楽しんでバンドをしているのが伝わってきます。バチバチのロック・バンドもカッコいいですが、友好なのもいいですね。

Rise 収録曲概要

「Rise」の収録曲は以下の通りです。

  1. When the Heartache Has Gone
  2. Price We Pay
  3. Rise
  4. Coming Home
  5. Closer
  6. Higher
  7. Talk to Me
  8. It’s Not the End (It’s Just the Beginning)
  9. Million Miles
  10. Win or Lose
  11. Eyes of a Child
  12. Talk to Me (Deen’s Vocal Version) [Bonus Track]

今までの2枚のアルバムと共通して前半により強力な曲がそろっていますが、アルバム通しての楽曲のレベルの高さに驚かされます。

バンドとして求められることを表現しつつ、過去2枚にはなかった面も聞けますので、聞いていて1番変化と面白さが感じられるアルバムです。

メロディアスなハードロックが好きであれば、聞かないのは損していますよ。

When the Heartache Has Gone

オープニング曲の「When the Heartache Has Gone」。(1曲目)

一気に聞き手を引きつける曲は、希望を感じさせる曲です。既存の2枚のアルバムと同様に、アルバムのオープニング曲は完全なキラー曲になっています。

You’ll find all the answers
When the heartache has gone

「あなたは全ての答えを見つけるよ。心の痛みがなくなった時に」。希望を感じさせてくれる歌詞です。迷いを感じている人への応援歌でもあります。

シンプルな構成の曲なのですが、しっかりバンドの個性が出ている曲です。

Price We Pay

「私たちが支払う価格」と印象的な曲名の「Price We Pay」。(2曲目)

「When the Heartache Has Gone」とは雰囲気が一気に変わる曲です。何に対しても時間であったり、お金だったり対価がいるんだという感じでしょうか。

だからこそ、悲しい選択をしないようにねと言っている気がしました。歌詞のテーマが少し難しいですけれど、いろいろと考えさせられる曲です。

この曲を聞いていても分かりますが、アルバムに変化を感じるのは、ジャック・ブレイズの歌のパートが増えたのもありますね。変化が強みになっています。

Rise

アルバム・タイトル曲の「Rise」。(3曲目)

曲名「Rise = 上昇」からのイメージと聞いたイメージが変わる曲です。上げ上げの曲かと思いきや、チャンスの選択への問いかけがある感じになっています。

女性の選択がキーとなっている曲で、この曲は1曲目、2曲目も含めて3曲のストーリーがセットと考えた方がしっくりとくる気がしました。

1曲ではなぜこの曲がタイトル曲? と思うかもしれませんが、セットと考えるとしっくりきますよ。しっくりくるには、歌詞も含めて見るのをオススメします。

Coming Home

優しいメロディーのサビが印象的な「Coming Home」。(4曲目)

あなたにも私にも変える場所があるというのが、ステキな曲です。あなただけや私だけでなく、両方であるからこそ優しさがあふれる曲になっています。

There’s so much the left to gain

「まだ得るべきものがたくさんあるよ」。単に帰る場所があるだけでなく、あなたと私が帰る場所には得るものがあるというのは、帰りたくなりますよね。

得られるものは物なのか、愛なのか、友情なのかは分かりませんが、帰る意義ができるんです。あなたも私も1人じゃないからと言っている気がしました。

歌詞に込められた思いとともに、ポップで優しいメロディーが聞ける曲です。

Closer

ロックバラードの「Closer」。(5曲目)

「closer」を単語だけで見ると「閉じるや閉める」を想像してしまいますが、この曲の場合は「親しい」ですね。関係が終わるのではありません。

歌詞にも出てきますが、「close relation = 密接な関係」という感じですね。密接な関係でありたいとは、全ての人に対してです。

「なぜ手を取り合うことができないの? 」と、平和を望む曲であるように感じました。だからこそ「Are we closer = 俺たちは親しいの」じゃないかなと。

聞く人によっていろいろな解釈ができそうな曲であり、優しい曲です。

Talk to Me

男性ならでは優しさがあふれている「Talk to Me」。(7曲目)

何をするよりも先に、「話を聞くよ」というのが優しさを感じます。

Talk to me let me
Hear all the words you want to say

「俺にはなして。君の言いたい全ての言葉を聞くから」。大人の男性の優しさですよね。女性ボーカルがゲスト参加しているのが、歌詞にもぴったりです。

ボナストラックでゲスト不参加バージョンも収録されていますが、オリジナルの方が聞いていていい感じがしました。「話を聞くよ」がより心に入ってきます。

Eyes of a Child

ボーナス・トラックを除くとアルバムラストを飾る「Eyes of a Child」。(11曲目)

今作で1番聞いていて意外性のあった曲です。びっくりしたのはジャック・ブレイズがボーカルを取っているからですが、これがいいロックバラードです。

レヴォリューション・セインツはバンドであってもディーン・カストロノヴォがメインボーカルが崩さない軸だと思っていましたので、びっくりしました。

「Eyes of a child = 子どもの目」と付けられた曲は、歌詞を見ていくと子どもの目とは、純真な心を指している気がしました。少しだけ意味深長な曲です。

We all know the past
And we all have the scars

「私たちはみんなの過去を知っている。そして私たちは傷跡を持っている」。意味深長に感じたのは、それぞれのメンバーに当てはまりそうだからです。

その上で、「Eyes of a child = 子どもの目」ですから…。

アルバムラストであるのも、興味深いです。この曲きっかけでレヴォリューション・セインツの第1章が終わり、新しい世界を見せてくれるかもしれません。

あとがき

既存の2枚の延長線もありながら、新しい要素も聞かせてくれたアルバムです。メンバーのそれぞれのキャラクターも、より濃くなっています。

メロディアスなハードロックバンドは多いですが、狙いすぎていてくどくなることも多いです。その点レヴォリューション・セインツは聞かせ方がうまいです。

聞いていて文句の付け所のない、レヴォリューション・セインツ。ただし、今作の表示した歌詞が全部つながっているのだけは、勘弁してほしかったです。

小説ではなく歌詞はパートごとの短文なので、鬼のように見づらかった…。聞いたりギター他をコピーするだけでなく、歌詞の世界観も見たいですから。

3枚のアルバムで曲数も十分にありますし、どこを切り出してきても良曲がそろったバンドです。来日公演を期待したいしちゃいますね。

 

以上、『Revolution Saints:Rise ~チャンスがあるならつかみ取るまで~』でした。


『Revolution Saints』をApple Musicで

Revolution Saints 関連記録

2015/2/20 release 1st Album
Revolution Saints:Revolution Saints ~歌と曲で革命を起こす~

2017/10/4 release 2nd Album
Revolution Saints:Light in the Dark ~俺たちが光を照らしてみせる~

2020/1/24 release 3rd Album
Revolution Saints:Rise ~チャンスがあるならつかみ取るまで~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント