【Amazon BLACK FRIDAY】

伶:宝石 (feat. 幾田りら) ~この一歩を踏み出せたのは君がいたから~

伶:宝石 (feat. 幾田りら)邦楽レビュー
邦楽レビュー

伶 (れい) 配信シングル「宝石 (feat. 幾田りら)」。

前作「キミとならいいよ。」から5カ月。今作はフィーチャリングで歌ってもいますが、YOASOBIではikuraとして活動する幾田りら提供曲。

「旅立ち」と「新たな一歩」をテーマにしたという曲。聞いているとあれはもしかして? という思いと、これからへと続くような勇気をもらえます。

宝石 (feat. 幾田りら) 概要

伶からのリクエストにより、実現した今作。同じYOASOBIでもAyaseは外部の楽曲提供を行っていますが、幾田りらが行うのは今作が始めてのこと。

依頼をしたのは彼女の書く曲が好きだったからとのことですが、YouTubeで行っているカバーで「Answer」アップ。リアルにお世辞などではなさそうです。

突っ込んだ見方をすると時期的にはアップした時には話が進行していた可能性が高いですが、今作のような形を予想できた人はいないかも…。

また幾田りらは学生時代に友人とE-girlsの楽曲を踊る際、伶(鷲尾伶菜)のパート担当していんたんだとか。これは断る理由が何もないというところでしょう。

学生時代とありますが今も大学生のはずなので、中高生の時だと思われます。

経緯を知らなかったり、聞き手目線だと意外な組み合わせのようにも思えますが、今作はそのものがテーマの1つである「新たな一歩」でもありそうです。

宝石 (feat. 幾田りら)

「旅立ち」と「新たな一歩」をテーマにした「宝石 (feat. 幾田りら)」。

旅立ちがあるからこその、新たな一歩。環境が変われば当たり前だと思っていたことが、とても大切だったことに気付くことがあります。

何気ないことに気付き、だからこそ生まれる感謝。次に踏み出すステップにも大きな影響を与えてくれそうです。

いい加減に飽きたはずの
戯けたやり取りにさえ
今更ちょっと恋しくなる

今はなくなったからこその思い。すごく大切なことだったんだと気付くことができたのは、機械ではない人だからこその感情でありそうです。

あの時は原石で分からなかったけれど、宝石だったのかもしれませんね。

繰り返し覚えた歌が
染み込んだメロディーが
身体中を巡ってく

勉強や運動しかり、継続するのは難しいこと。でも、好きな曲を聞いたり歌ったり、弾いたりするのが当たり前のようにできてしまいます。

身体中に巡っていくのは当然のことですし、ふとした時に隣にいてくれた君という存在の大切さに気付くのも、必然な出来事でありそうです。

もう孤独じゃない
この胸をともし続ける光が
紛れもなく それは君だ

君との関係こそが、宝石だった。あまりに近くにいると気付くことができないというのは、ことわざの灯台下暗しそのものかも。

当たり前でなくなったからこそ存在の大きさに気付き、その大切さを知る。これからの行動や、考え方が変わるのは人は成長をするからこそでしょう。

以前の当たり前が普通じゃなくなった今の世の中だからこそ、ふとした時に今までにあった出来事を思い返してみるのもいいかもです。

気付くことのなかった宝石が見えてくるかも…。強く優しい歌です。

それにしても明らかにレベルアップした幾田りらの「ヒカリ」以降ソングライティングの高さには、驚かされます。

あとがき

それぞれが単独でと一緒に歌うパートがありますが、全く違和感を感じさせない二人の歌声。この相性の良さには意外に思う方もいるかも…。

リリース時点では音源のみ。後に映像も公開されると思いますが、生のライブで見ることができたらと期待してしまいます。

フルライブとなるとEnglish Ver.があるとはいえ、曲数が少なめなYOASOBI。武道館のライブで、ソロコーナーとして今曲が実現することがあり得るかも…。

予想していた以上に、しっくりとくる曲。伶、YOASOBI、幾田りらファンや興味がある方には、ぜひ聞いてみることをオススメします。

小さいきっかけであったとしても、光り輝くような勇気をもらえますよ。

 

以上、『伶:宝石 (feat. 幾田りら) ~この一歩を踏み出せたのは君がいたから~』でした。


Amazon【伶】関連商品

伶 関連記事

2020/10/2 release Digital Single
伶:Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ ~前しか見ていない私~

2020/11/18 release Digital Single
伶:白雪姫 – From THE FIRST TAKE – ~恋するあなたを待ち続ける~

2021/6/9 release Digital Single
伶:キミとならいいよ。 ~この恋を誰も認めてくれなくても~

2021/11/17 release Digital Single
伶:宝石 (feat. 幾田りら) ~この一歩を踏み出せたのは君がいたから~ ←今ココ

関連アーティスト記事一覧
Flower (フラワー)

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント