伶:Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ ~前しか見ていない私~

伶:Call Me Sick : こんな世界にしたのは誰だ邦楽レビュー
邦楽レビュー

伶 (れい) 配信シングル「Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ」。

これまではE-girls、Flowerのメンバーとして活動してきた鷲尾伶菜。グループの解散に伴い、音楽としての表現はソロへと移行。

また、そのままの名前で活動するのではなく、伶としてソロプロジェクトがスタート。ネームバリューがある中での変更は、音と同じく興味深く感じます。

Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ 収録曲概要

「Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ」収録曲は以下の通り。

  1. Call Me Sick
  2. こんな世界にしたのは誰だ

両A面だからこそ、タイトルそのままの形。ストレートでいいと受け取るか、始まりだからこそ少しひねって欲しかった人もいるかも…。自分は後者です。

とはいえ、名前の変更もあるからこそ、あえての選択なのかも…。いろいろな思惑を想像してしまうというは、すでにはめられているかもしれませんね。

今作はソロプロジェクトの始まり。今後は表現する音も含め、変わってくるかもです。

Call Me Sick

映画「小説の神様 君としか描けない物語」主題歌「Call Me Sick」。(1曲目)

タイトルのイメージとは、聞いた印象が大きく異なる曲。負を想像させる言葉あっても、私なら変えて行けるんだと言っているかのよう。面白い表現の選択。

タイトルだけ見たら自虐的じぎゃくてきというか、言葉の意味通り病的ですし…。

今なら飛べる 今しか飛べないから
走るんだ いつの日も I’m so sick

マイナスだからこそ負に考えるのではなく、前を進むことしが選べない選択をSickと表現。聞くだけでけなく、歌詞を見るからこそ分かる表現かも…。

逆に分かりづらくても、私なら伝えれるんだということかもしれません。曲調が分かりやすいのは、思いの意図をくんでいるからこその気もしました。

マイナスは、掛け算をすればプラスに変わるもの。「Call Me Sick」は、まずタイトル、続けて聞いて歌詞を見た時に感じるものが想像以上に奥深い!

ソロの始まりの曲。隠された意味があることに加えて、その表現が面白いなと感じずにはいられません。単にポップな歌だな〜で聞くと、勿体ないですよ。

こんな世界にしたのは誰だ

映画「小説の神様 君としか描けない物語」挿入歌「こんな世界にしたのは誰だ」。(2曲目)

タイトルからして、インパクトのある曲。「Call Me Sick」に続いて、言葉の持つ意味を想像しながら聞くと、より面白さが増していきます。

これは嘆きであったり、他の誰かに対する不満の思いではないですよ。

書き順くらいしか僕は”夢”を知らない

めちゃくちゃいい表現。「夢とはなんなの? 」の分かっていないのが一目で分かる。また、知らないからこそ、憧れてしまう思いまで想像させてくれます。

ああ、全部君のせいだ

君は誰かではなく、自分のこと。時が過ぎて時間とともに体だけ大人になっていく、弱い心の持った自身への思いを感じます。この気付きが大切なのでしょう。

その理由はいろいろあっても、不満に感じるのは自分のせい。現状を変えるにはその理由に気付いたからこそ、自身で行動をして変えていくしかありません。

そのままの言葉の意味で受け取ると、本来の表現とは異なる歌詞。その意図を聞いていて分かるように歌える歌唱力には、聞いていて驚かされます。

ただ、うまさを引け散らかすのではなく、あくまでも自然に。多くの女性はもちろん、男の自分が聞いていてもその歌声に引かれてしまう理由がありました。

あとがき

E-girlsというよりもFlowerが好きで、よく聞いていました。だからこそ鷲尾伶菜として、ソロでどう音楽の表現をしてくるのか興味津々だったんです。

タイアップもあるからこそだと思いますが、始まりが得意だと思われるバラードではなく、言葉の意味に深さが隠されたポップソング。この選択も面白い!

単に聞くだけど、歌詞を見て何を表現したいのかな? とするのでは、印象が変わってくる2曲。初のソロだから聞こうかなではなく、歌詞も見てみましょう。

きっともっと深い形で楽しめると思いますよ。解散でグループでの活動は残念ながら終了しますが、伶でのソロプロジェクトの表現は面白くなりそうです。

 

以上、『伶:Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ ~前しか見ていない私~』でした。


『伶』をApple Musicで

伶 関連記事

2020/10/2 release Digital Single
伶:Call Me Sick / こんな世界にしたのは誰だ ~前しか見ていない私~ ←今ココ

2014/1/22 release 1st Album
Flower:セルフタイトルアルバム ~花の歴史が今始まった~

2015/3/4 release 2nd Album
Flower:花時計 ~あなたと同じ時を一緒に刻みたい~

2016/9/14 release Best Album
Flower:THIS IS Flower THIS IS BEST ~今ここに存在するべき理由~

2019/3/27 release 3rd Album
Flower:F ~あなたの心を私が揺さぶらせてあげる~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント