次回新着記事予定:=LOVE:あの子コンプレックス
【GMOとくとくBB】
GMOとくとくBBGMOとくとくBB

Red Hot Chili Peppers:Not the One ~君と僕に愛も~

Red Hot Chili Peppers:Not the One洋楽レビュー
洋楽レビュー

Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) 配信シングル「Not the One」。

前作「Poster Child」から3週間。22年4月1日にリリースされる12枚目のアルバム「Unlimited Love」からのサードシングル。

音の表現としてもシンプルだからこそ、描かれたその思いが心へと響いてきます。

Not the One 概要

Black Summer」の時点でも思いましたが、リリースのタイミング的に事前にシングルはあまり切らないものだろうと想像していた「Unlimited Love」。

ですが実際は、配信ならではの突然の告知でもリリースが合わせられるメリットを最大限に生かした形に。戦略的にもさすがというか、うまいですよね。

その上で「Not the One」で歌われているのは、考え方が変わった瞬間。「Unlimited Love」で描かれる核になりえる部分は、すごく印象に残ります。

アルバムでは順序が逆になりますが「Poster Child」が先にあった上での事前リリースは必然だったのかも…。「Unlimited Love」への興味が深くなります。

Not the One

それは「Not the One」。

特定の誰かにでもあり、自分に向けたようにも感じる思い。考え方が変わった瞬間が描かれた曲は、聞いていてなるほどでもあり、想像も膨らみます。

I’m not the person that you thought I was

「俺は君が思っているような人じゃないよ」。自信が喪失している、悲観的な感情。内に籠もっているとも言えるから、自分に向けた思いのようにも感じます。

自己評価が高すぎる自意識過剰は勿論ですけれど、あまりにマイナスに捉えるのも別の意味で問題。”ほどほど”にが特に難しい、感情の部分ですが…。

I miss the you, the one that makes me want to redefine

「寂しんだ。再定義したくなる君がいなくて」。寂しいと気付く。日頃ふとした瞬間に起こり得ることですけれど、妙に刹那くなる時でもあります。

考え方を改める君であり、自分の中にいるもう一人がいない…。物事がプラスに向いている時はいいですけれど、マイナスの時は切なくなりますね。

Give me the love and I’ll tell you when I’ll wanna run

「愛を与えてくれ。走りたくなったら言うよ」。走りたいというのはポジティブの運動を示すのではなく、その場から逃げ出したいという感じでしょうか。

寂しく切ないと認識するからこそ、愛を求めてしまう。カッコ悪いと思っていたり、自分に不要だと思っていたことが、必要だと気付いた瞬間でありそうです。

アルバム・タイトル「Unlimited Love = 無限の愛」。先行シングルの中でもそこに繋がるものを色濃く見せた「Not the One」。興味深い楽曲です。

あとがき

素直な思いと言い回しとしてもひねくっていないからこそ、難しい英語は使われていない歌詞。恐らく中学生ぐらいでも、理解がなんとなくできるはず。

ちょっと頑張って、何を歌っているのかなと各々で感じてみてください。

自分も以前は英語が分からないからこそ必然に的に長らくずっとしていた、洋楽を音の塊として捉える聞き方。それもありですが、少しもったいです。

穴埋め目的の”ラララ”ではない歌詞には、その言葉である必要の意味が間違いなくありますから。理解度を高めると、もっと楽しくなりえるのが音楽です。

だからこそ本来のあり方とは異なり、取って付けたような歌詞の歌は個人的にすごく嫌いだったりします。聞いたり文字を見れば、それは伝わるので…。

17曲を介して「Unlimited Love」と通して描かれること。考え方が変わる瞬間の「Not the One」をしっかり聞いていた方が理解度が高まりそうです。

もう間もなくリリースされるアルバム。楽しみにして待ちましょう。

 

以上、『Red Hot Chili Peppers:Not the One ~君と僕に愛も~』でした。


Amazon【Red Hot Chili Peppers】関連商品

Red Hot Chili Peppers 関連記事

2022/2/4 release Digital Single
Red Hot Chili Peppers:Black Summer ~終わらせる時が来た~

2022/3/3 release Digital Single
Red Hot Chili Peppers:Poster Child ~過程として必要とあれば~

2022/3/24 release Digital Single
Red Hot Chili Peppers:Not the One ~君と僕に愛も~ ←今ココ

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント