Red:Declaration ~自分で負けを認めることは決してない~

Red:Declaration洋楽レビュー
洋楽レビュー

Red (レッド) 7枚目のアルバム「Declaration」。

前作「Gone」から約2年5カ月ぶり。リリース元が変わったことに加えて、「Declaration = 宣言」というタイトル。

ジャケットと印象も今でと異なったりと、変化を感じるアルバムです。

Declaration 収録曲概要

「Declaration」収録曲は以下の通り。

  1. All for You
  2. Infidel
  3. Cauterize
  4. The War We Made
  5. The Evening Hate
  6. Float
  7. The Victim
  8. Sever
  9. Only Fight
  10. From the Ashes

10曲で38分とコンパクトなアルバム。先行でリリースされたEPの曲が核になっているのですが、曲が増えることでより色濃くなっています。

ボーカル マイケル・バーンズの歌声に重さが増えているのも、特徴です。

All for You

オープニングトラック「All for You」。(1曲目)

“あなたのために”とラブ・ソングのようなタイトルですが、全く異なります。切なさと寂しさを感じる曲。

Why was I scared of you?
Why did I let you control my life?

「なぜ私はあなたを怖がらせたのか? なぜあなたに私の人生をコントロールさせたのか?」。後悔の思い…。シャウトがあるからこそ、より切なく感じます。

Infidel

壊れていく感情が聞ける「Infidel」。(2曲目)

徐々に変化していく感情。壊れていくからこそ変わっていくのが分かるので、歌詞を見ることをオススメします。激しいけれど、切なさが痛い…。

Now I wanna hear you scream

「今あなたが悲鳴をあげるのを聞きたい」。まさに「Infidel = 異端者」。暗黒面に落ちて行く様子が分かる曲は、共感できる方も多いはず。

ローが強めですが、必要性のある低音。重さが必要な曲です。

The War We Made

先行EPにも収録されていた「The War We Made」。(4曲目)

自分たちで争いを作ったことを嘆く思い。”?”が多いのも、なんでこんなことになってしまったの? と寂しさを感じます、

You can’t fight the war we made

「あなたは私たちが作った戦争を戦うことはできない」。一緒に戦う必要はないというよりも、争いに加わらないで! という強い思いに感じます。

これでもかという切ない思いは、グサグサっと心に刺さらずにはいられません。

The Evening Hate

憎しみが増えて行く思いを歌った「The Evening Hate」。(5曲目)

暗くなっていく中で強くなる思い。日が登る明るさであれば開放へと向かいますが、夜になる中でさらにというのは気持ちが分かります。

My mind, breaking

「俺の心、壊れる」。Redの歌詞の特有ですが、難しい言葉や分かりづらい表現を使わないからこそ、ストレートに思いが伝わってきます。

Aメロは押さえてジワジワとためることで、怒りの重みが分かりますよ。

Sever

歌詞を見ればみるほどに切なくなる「Sever」。(8曲目)

誰かと助け合ってではなく、一人で生きていくことを選択。本意とは異なる思いが伝わってくるからこそ、より切なさを感じずにはいられません。

Sever these fraying ties
Cannot replace this life forever

「ほつれた絆を断ち切る。この人生を永遠に変えることはできないから」。思いが分かるだけに、寂しい考え。

よくある助け合って生きていこう。あなたがいるからこそ強くなれるんだという思いの曲とは、180度異なる曲。それだけに興味深いです。

From the Ashes

アルバムのラストを飾る「From the Ashes」。(10曲目)

先行EPのタイトル曲ですが、アルバムの中に入ると聞こえ方が変わりました。他の曲があることでより、思いの強さを感じます。

We are fighting to survive (I’ll never break)

「俺たちは生き残るために戦っている (決して壊れない)」。声に出してと、心の中にある思い。折れることのない強さを感じます。

もともと嘆きのようなシャウトは多いバンドですが、特にこの曲では決して負けないだ! という「Declaration = 宣言」のように聞こえました。

誰かの助けを求めるでも信じているでもなく、自らの奮起ですね。

あとがき

聞いていて寂しさを感じるのは、今までのアルバムと同様。それでも感情がさらに揺さぶられるのは、重みが増したからでしょうか。

切なさと痛みを聞いていて感じるのに、繰り返して聞いてしまう。他のジャンルにはない、ロックだからこその良さを感じました。

ロック好きは切ないのが好きな方は多いですから、1度聞けば気になってしまう方は多いと思います。Redは日本でももっと評価されていいバンド。

実力は折り紙付きですし、大きなフェスの参加で化ける要素を持っていますよ。

 

以上、『Red:Declaration ~自分で負けを認めることは決してない~』でした。


『Red』をApple Musicで

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント