READY TO KISS:READY TO KISS ~Kissをする準備はできた? ~

READY TO KISS:セルフタイトルシングル邦楽レビュー
邦楽レビュー

READY TO KISS (レディトゥキス) 3枚目であり、セルフタイトル・シングル「READY TO KISS」。

同じアイドルグループで最近では「=LOVE」がありますけれど、シングルのタイトル曲でユニット名の曲をするというは珍しいですよね。

ユニット名の曲名だからこそ勝負曲になりますが、「READY TO KISS」は勝負曲に相応しい曲になっています。ユニット名に名前負けしていません。

READY TO KISSの入門としても、聞くのをオススメしたいシングルです。

READY TO KISS 収録曲概要

「READY TO KISS」の収録曲は以下の通りです。

  1. READY TO KISS
  2. エメラルド・クリームソーダ
  3. STAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~(2017 version)
  4. 秒シミュレーション(2017 version)
  5. READY TO KISS Inst
  6. エメラルド・クリームソーダ Inst
  7. STAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~(2017 version) Inst
  8. 秒シミュレーション(2017 version) Inst

2曲目の「STAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~」は配信限定、4曲目「秒シミュレーション」は1枚目のシングル収録曲のNewバージョンです。

特に1枚目のシングルはもう手に入らないですし、配信もされていませんので、ライブで行う曲をNewバージョンで出すというのはありがたいですね。

新曲をライブで聞く場合はとても新鮮ですけれど、ライブで行う既存の曲であるのに、音源が手に入らなくて聞けないのは切ないですから…。

このシングルは4曲の収録ですが、Newバージョンを2曲入れて数を合わせましたではなく、最初からこうなんですというぐらい、しっくりはまっています。

4曲がそれぞれで世界観があるので、より楽しめるシングルになっていますよ。

READY TO KISS

ユニット名でもあり、シングル・タイトル曲「READY TO KISS」。(1曲目)

イントロを聞いただけで「これは! 」と感じるこの曲は、まさに「READY TO KISS」という曲になっています。何回も聞きたくなってしまう曲です。

この曲は恋する女の子の気持ちを歌った曲ですが、「READY TO KISS YOU」、「READY TO KISS ME? 」という歌詞がいいですね。

君との最初のキスが想定外なものだったから、「もう1度今のオ・ネ・ガ・イ」というのが、とてもかわいらしく感じてしまいます。

ディレイの使い方や構成もいいので、ギターの練習にもオススメする曲です。

エメラルド・クリームソーダ

勇気を持って駅前のカフェで告白したのに、振られてしまうという失恋ソングの「エメラルド・クリームソーダ」。(2曲目)

その時の情景が思い浮かぶような歌詞で、少し切ない曲です。振られてしまったけれど、今も君がやっぱり好き…。というのが女の子っぽいですね。

エメラルド色のクリームソーダのクリームが溶けて濁っていく様子と、失恋した心に同期しているという感じが、より切なさを感じさせてくれます。

カウベルのイントロからはハッピーエンドになるように思えて、実は失恋ソングというのが印象に残る曲です。歌詞も忘れずにしっかりと見て欲しい曲です。

STAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~(2017 version)

配信限定シングルreset」にも収録されているSTAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~(2017 version)」。(3曲目)

2017 versionとあるように、新たにボーカルを録り直しての収録です。オケは同じですが、メンバーも異なるので、違いがよく聞くと分かります。

ソロパートと、コーラスの「STAR LIGHT」の部分は分かりやすいですね。変化は「秒シミュレーション」よりも小さいですが、今の形に進化しています。

人気曲ですし、再度聞いて欲しいという気持ちが込められているんでしょうね。

秒シミュレーション(2017 version)

大好きな気持ちがあふれている「秒シミュレーション(2017 version)」。(4曲目)

1枚目のシングル「Chu Chu」に収録されていた曲の、2017 versionです。MVは「Chu Chu」リリース時のものですので、見比べると違いがよく分かります。

同じく録り直しの「STAR LIGHT」よりも違いが大きいので、すぐに分かる違いです。ブラッシュアップされることで、曲が明らかにパワーアップされました。

こうなったらいいな! というのは誰もが思い浮かべることですが、 君との過ごせる時間を1秒でもシミュレーションしてしまうという…。思いが強いです。

自分の時間があるからこそ思いが強くなっていくというのは、完全に恋ですね。強い思いだけでなく、また会えたことに感謝しているのがかわいらしいです。

特に10代の頃は恋愛を自分の頭の中でシミュレーションしていたなと、思い返してしまう曲でした。誰もが経験する、青春の恋を思い出させてくれる曲です。

あとがき

セルフタイトルのこのシングルは、4曲にそれぞれの恋の形があって聞き応えがあります。恋する気持ちから、失恋まであるのがまたいいところです。

READY TO KISSのどの音源から聞けばいいの? という人には、このシングルをオススメします。理由は1番世界観に入りやすいシングルだからです。

自分もREADY TO KISSの体験はここからでしたけれど、他の音源からREADY TO KISSに入るよりも、持っている世界観に興味を持って入りやすかったです。

まだ体験していないのであれば、READY TO KISSのKISSの世界をこのシングルで体験してみると、ハマってしまうという方が多いのではないでしょうか?

 

以上、『READY TO KISS:READY TO KISS ~Kissをする準備はできた? ~』でした。


『READY TO KISS』をApple Musicで

READY TO KISS 関連記事

2015/7/22 release 2nd Single
READY TO KISS:トップシークレット 〜 切ない極秘事項 〜 ~私の恋事情~

2016/7/27 release Delivery limited single
READY TO KISS:reset ~以前よりも今がもっと輝くために~

2017/9/13 release 3rd Single
READY TO KISS:READY TO KISS ~Kissをする準備はできた? ~ ←今ココ

2018/2/13 release 4th Single
READY TO KISS : 成増になります ~偶然が何気ない応援になる~

2018/9/5 release 5th Single
READY TO KISS : タイに行きタイ ~かなわない会いたい気持ち~

2019/3/6 release 6th Single
READY TO KISS:伊達だって ~この思いダメじゃないよね? ~

2019/12/18 release 7th Single
READY TO KISS:その先の未来へ ~一歩づつでも歩き続けるよ~

2018/10/17 Live Report
READY TO KISS 5th anniversary 新宿BLAZE ワンマンライブはいい感じ!

2019/5/20 Live Report
READY TO KISS:赤坂だって で見違えてよかった生バンド!

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント