READY TO KISS:reset ~以前よりも今がもっと輝くために~

READY TO KISS:reset邦楽レビュー

READY TO KISSの配信限定シングルである「reset」。

ファースト・シングルが現在は入手できないのですが、タイトル曲の「Chu Chu」のカップリン曲が異なる内容のシングルとなっています。

「reset 」というシングルのタイトル名は、曲の組み換えをしているからということでしょうか? ファースト・シングルをそのまま配信しないのは、面白いですね。

カップリングの曲は入れ変わっていますが、最初からこの4曲の収録だったんじゃないか? と感じるくらいに自然な流れのシングルになっています。

変化のための再構築

「reset」の収録曲は以下の通りです。

  1. Chu Chu
  2. 告白
  3. STAR LIGHT 〜星色のこの気持ち、空に映れ〜
  4. 永遠に

リアルタイムでこのシングルがリリースされた時はまだREADY TO KISSの存在を知りませんでしたが、全世界配信と銘打って配信がされています。

ウィキペディアで見ると今はもうない配信先でも配信がされていて、面白く感じました。配信は今の音楽のメイン聞き方に移行していますが、浅見の明があります。

3年前だと特にサブスク配信では邦楽は少なかったですし、CDは物販の定番なものであったのに、タイトルの「reset」の通りに変化をする時だったんでしょうね。

心から君が好きだよ

オープニング曲で、ファースト・シングルでもある「Chu Chu」。

READY TO KISSは元放課後プリンセスの4人と事務所を立ち上げた運営が再結集してできてグループで経歴がありますが、ファーストでこの曲はいいですね。

メジャーグループではないアイドルグループの1枚目は正直曲としては微妙なのが多いのですが、「Chu Chu」はシングルに相応しい曲になっています。

まだ恋がしっかりと始まる前の自分の方が好きという思いが強いのは、かわいらしく感じました。軽い愛情表現の「Chu Chu」というキスなのがいいですね。

結果的にこの曲の主人公の女の子の恋は、成就したのでしょうか?

あなたに今すぐに伝えたい

片思いの思いを伝えるまでの過程を歌った曲の「告白」。

好きだからこそ揺れる恋心と、なんで私の思いに気付いてくれないの? というのがかわいらしい曲です。女性は敏感ですが、男は基本的に鈍感ですから…。

気付いてくれないからこそ、最後に「あなたが好きです」。告白した結果が気になりますが、告白までたどり着いてよかったなと思ってしまいました。

一見は日記のようで、日記ではない歌詞はいいですね。告白にたどり着くまでの女の子の思いが見られるのは、男として見た時にかわいらしさの思いしかないです。

空に映しだす私の想い

3枚目のシングルにも別バージョンとして収録されている「STAR LIGHT 〜星色のこの気持ち、空に映れ〜」。

オケは同じでメンバーが変わっているので、よく聞くと歌だけが違います。「STAR LIGHT」という部分と、ソロパートは変化が分かりやすいですね。

星に思いをよせてというのはよくありますが、「星色にこの気持ち、空に映れ」というのは、興味深いですし気になってしまう面白い表現です。

星の光を歌った曲は明るく希望がありライブでも盛り上がる曲なのはもちろん、外で聞くと星を見たくなります。たまに空を見上げて星を見るのもいいですよね。

ジョギング中にこの曲がかかると、走っているペースが毎回のように上がります。曲のテンポだけでなく、何か秘密が隠されているのかも…。

そばにいたかっただけなのに…

もう戻らない切ない恋心を歌った「永遠に」。

ミディアムテンポで対バンをする横のアイドルグループには、あまりみられないタイプの曲です。この切なさは、ライブで聞くと印象にとても残ります。

ライブは対バンがメインで持ち時間が少ないのでどのグループ盛り上がる曲の選曲が多いからこそ、他のグループにはない曲を歌うと違いますよね。

ライブで盛り上がるための曲はREADY TO KISSでも多いですが、こういう本当に切ない思いを歌う曲は他にはない強みなので、生かして欲しいなと思います。

バンドアレンジもいいので、バンドをやっている人は特に気に入りそうな曲です。

reset あとがき

READY TO KISSとしてまだ食事音源ですが、今もよく聞くシングルです。アイドルとしての明るさはありますが、少し切なさがあるのが何回も聞きたくなります。

願わくはファースト・シングルに収録されていた「恋愛狂奏曲」、「オリーブの風の吹く町」はワンマンでは歌う曲なので、今からでも配信希望です。

このシングルは3年前のリリースで、現在とメンバー構成も大きく変わっています。12月には千葉咲乃ちゃんが卒業するので、ジャケット上で残るのは1人です。

アイドルグループはメンバーの入れ替わるのはよくあることとはいえ、やっぱり少しさびしい感じがしますね。来年聞いたら切なさがより増しそうです。

秋にリリース予定となっているシングルのレコーディングをしているとメンバーがTweetをしているので、そろそろリリースの詳細が発表されると思います。

最後の創立メンバーである千葉咲乃ちゃんのラスト・シングルは、どんな曲を聞かせてくれるのでしょうか? 卒業は寂しいですが、新曲のリリースは楽しみです。

 

以上、『READY TO KISS:reset ~以前よりも今がもっと輝くために~』という記録でした。

READY TO KISS 関連記録

2015/7/22 release 2nd Single
READY TO KISS:トップシークレット 〜 切ない極秘事項 〜 ~私の恋事情~

2017/9/13 release 3rd Single
READY TO KISS:セルフタイトル・シングル ~Kissをする準備はできた? ~

2018/2/13 release 4th Single
READY TO KISS : 成増になります ~偶然が何気ない応援になる~

2018/9/5 release 5th Single
READY TO KISS : タイに行きタイ ~かなわない会いたい気持ち~

2019/3/6 release 6th Single
READY TO KISS:伊達だって ~この思いダメじゃないよね? ~

2018/10/17 Live Report
READY TO KISS 5th anniversary 新宿BLAZE ワンマンライブはいい感じ!

2019/5/20 Live Report
READY TO KISS:赤坂だって で見違えてよかった生バンド!

コメント