READY TO KISS:伊達だって ~この思いダメじゃないよね? ~

READY TO KISS:伊達だって邦楽レビュー

READY TO KISSの6枚目のシングルである「伊達だって」。

4枚目のシングル「成増になります」から続いている、ダジャレタイトル(?)の3作目でもあります。シンプルですけれど、破壊力のあるタイトルです。

2度あることは3度あるということわざがありますけれど、例にもれない形でのリリースとなりました。それにしても面白いタイトルですよね。

3回続いたダジャレタイトルの中でも実際に聞くまで1番どんな曲か想像が付きませんでしたが、聞いてなるほどね〜という曲になっていました。

アイドルでも電子音ではなく、バンド・サウンドが楽しめるシングルです。

シングル収録曲概要

「伊達だって」の収録曲は以下の通りです。

  1. 伊達だって
  2. ブルーベリー・ヨーグルト・スムージー
  3. 絶賛インフルエンザ
  4. 呉れない
  5. 伊達だって(off vocal)
  6. ブルーベリー・ヨーグルト・スムージー (off vocal)
  7. 絶賛インフルエンザ (off vocal)
  8. 呉れない (off vocal)

5〜8曲目はいわゆるカラオケですけれど、READY TO KISSのいいところは、毎回カップカップリングもしっかりと収録してきてくれるとことです。

シングルという形ではありますが、ミニ・アルバムに近いかもしれません。

CDではなくサブスクが音楽を聞くため手段として定着して結果なのか、シングルはカップリング抜きの単曲でという場合も多くなってきました。

手法としてはありだと思いますが、READY TO KISSのシングルでも収録曲の1曲1曲に意味をもたせるという手法の方が、個人的には好きですね。

シングルにはシングル。アルバムにはアルバムのストーリーがあると考えてしまう、自分が少し古いタイプの音楽人間だというのもありますが…。

演奏自体はどの曲もシンプルでカラオケもあるので、耳コピーがしやすいです。楽器の練習にもなりますので、楽器を演奏する人は違う楽しみ方もありますよ。

伊達だって

曲名の特殊さから、聞くまで全く想像ができない曲だった「伊達だって」。(1曲目)

この曲は聞けば聞くほど、曲名がなるほどね〜と感じる曲です。

アイドルが変拍子にするとコケる場合が多いのですが、1番が終わって三拍子に変わる部分は、とても聞いていて気持ちがいい部分ですね。

この部分があるかないかで、曲のクオリティが変わってくるパートをしっかりと入れてきたというのは、READY TO KISSが面白い理由です。

メンバーが誰が歌っているのか分かるのも、いいところですよね。たくさんいる中の1人でなく、1人1人の存在感があるグループは印象に残りやすいですし…。

若気の至りはばかりだった日々は
ダメだけどダメじゃない
伊達だけど伊達じゃない

最後の歌詞の部分ですけれど、伊達だっての1番伝えたいメッセージかなと。

歌詞で言葉遊びをしている曲なのですが、面白い応援ソングですよね。応援ソングであるのに、メジャーキーでないのも聞いていて、とても面白いです。

「ブルーベリー・ヨーグルト・スムージー」にうまく曲がつながっているのは、ラストのフレーズが千葉咲乃ちゃんの声とハマっているからでしょうか。

呉れない

「ブルーベリー・ヨーグルト・スムージー」、「絶賛インフルエンザ」も聞いていてとても興味深い曲ですが、さらに興味深い曲の「呉れない」。(4曲目)

「呉れない」は前作に収録されていた「サイレントとジェラシー」と同様の、オマージュ曲です。曲名からも分かるように、某Xの代表曲の「紅」ですね。

オマージュ曲なので曲の構成が似ていますが、「サイレントとジェラシー」の時よりも独自な部分は多い面白いアレンジになっています。

記憶なかから私のこと
消しちゃったの?
なぜ君は何も呉れない

本家(?)の「紅」は、自分がもう存在しないのを気付かないという、切ない男性が主人公の歌詞でした。

「呉れない」は女性目線からの「どうしちゃったの? なんで何も呉れないの? 」という切ない失恋ソングとなっています。

紅で「俺が見えないのか」と問いかけている女性の思いを曲にしたのが、「呉れない」ではないかと考えてしまうのは、自分の考え過ぎでしょうか?

自分には紅と呉れないは、リンクしているように聞こえましたよ。

READY TO KISSは作曲陣がただ曲を制作するのではなく、楽しんでいるというのが伝わってくるので、聞いていてもワクワク感が大きいです。

あとがき

この記事を途中まで下書きで書いていた時に知ったのですが、メンバーの春川桃菜ちゃんの脱退が発表されました。

体調不良による休演が続いていて、復帰が困難というのが理由です。理由は問わず、メンバー脱退というのはやっぱり切ないものですね。

脱退の告知と同時に脱退に伴いメンバーの募集がされているのは、少しドライ過ぎな感じがしましたが、これもアイドル業界の厳しさなのかなと感じました。

ファンからは見えない部分もありますが微妙にや曖昧にしないのは、停滞や後退ではなく、前に向かって行くんだよという宣言なのかもしれません。

先日の赤坂BLITZのワンマンで発表されていますが、秋口にNew シングルをリリースすることが決定しています。

3回続いてたので、次はダジャレタイトルではない曲だと予想しています。どんな曲で楽しませてくれるのかは不明ですが、期待して待ちたいと思います。

 

以上、『READY TO KISS:伊達だって ~この思いダメじゃないよね? ~』でした。

READY TO KISS 関連記事

2015/7/22 release 2nd Single
READY TO KISS:トップシークレット 〜 切ない極秘事項 〜 ~私の恋事情~

2016/7/27 release Delivery limited single
READY TO KISS:reset ~以前よりも今がもっと輝くために~

2017/9/13 release 3rd Single
READY TO KISS:セルフタイトル・シングル ~Kissをする準備はできた? ~

2018/2/13 release 4th Single
READY TO KISS : 成増になります ~偶然が何気ない応援になる~

2018/9/5 release 5th Single
READY TO KISS : タイに行きタイ ~かなわない会いたい気持ち~

2019/3/6 release 6th Single
READY TO KISS:伊達だって ~この思いダメじゃないよね? ~ ←今ココ

2018/10/17 Live Report
READY TO KISS 5th anniversary 新宿BLAZE ワンマンライブはいい感じ!

2019/5/20 Live Report
READY TO KISS:赤坂だって で見違えてよかった生バンド!

コメント