【アミューズメントメディア総合学院】

Rainych:Haru Wo Tsugeru ~そこに誰もいないくても~

Rainych:Haru Wo Tsugeru邦楽レビュー
邦楽レビュー

Rainych(レイニッチ) 配信シングル「Haru Wo Tsugeru」。

前作「No」から約2カ月。オリジナルからカバーに戻って提示されるのは、彼女の歌の幅を広げる表現の曲。

ほぼ同一のアレンジですが、聞こえる印象の違いが面白く感じてしまいます。

Haru Wo Tsugeru 概要

「Haru Wo Tsugeru」のオリジナルは、yamaが歌う「春を告げる」。曲自体は自分は知らなかったのですが、yamaのイメージイラストを見て「あっ!」と。

その理由は、AppleMusicで聞いている際に下部に表示される、Similar Artists (同じタイプのアーティスト)でよく見かけてたんです。

じっくり見ているわけではないのに、印象に残っているというのは面白い。それでも聞くという選択をしていなかったのは、なぜなのかは分かりませんが…。

楽曲としては表現が難しい曲なので、いろいろと今まで歌ってきたからこそと言えそうです。また、原曲とは印象が少し異なるのも面白く感じました。

Haru Wo Tsugeru

yamaのカバー「Haru Wo Tsugeru」。

春の始まりと言ったら希望で表現されることが多いですが、それとは違うもの。一般的とは異なるからこそ、逆に面白い世界が表現されています。

深夜東京の6畳半夢を見てた

これは時代の差を感じた部分。4畳半の方がしっくりとくる大人は多いかも…。自分が最初に一人暮らしをしたのは、風呂なしの、もろ4畳半でした。

◯◯荘という名前で、現在は立派なマンションに建て変わっていましたが…。同じ始まりであっても、時が進むと共に変化があるのも面白いところですよね。

終末旅行を楽しもう
そうで全部今日で終わりなんだから

春が希望かというと、誰もがそうではない。始まりというのは、良い以外に悪いこともあります。親の仕事の関係で転勤族だったので、リンク感が強いです。

新しい知らない土地、人の場所に行くのは不安がいっぱいです。回数があまりにも多かったので、自分の場合は途中から大分図太くなってしまいましたが…。

ここには誰もいない
ここには誰もいないから

自分の意思とは関係なく、訪れる春。誰もいないとは存在その物なのか、それとも心なのかとも取ることができるのは、面白く感じる部分。

正解というのは、その人によって変わってきそうです。加えて世界は自分中心に回ってはいないというのが、一人の存在感を小さくしているのが実に興味深い!

だからこそ視野を広げるということが、必要なのではないでしょうか。

また、「春を告げる」はフレーズが詰め込まれた歌。加えて言葉に感情がのっていなければ、意味合いが薄れる歌。歌い手としての成長も見えるカバーです。

あとがき

原曲と大きく変わることのないアレンジは今までと同様ですが、声質の違いが変化を生んでいます。オリジナルよりもかなり強まった、YOASOBIっぽさ。

原曲を知らない人にYOASOBIのカバーと言ったら、信じてしまいそう…。”ぽさっ”というのは大抵の場合どこかしらにありますが、面白い変化です。

ボーカルの違いで印象が異なってくるのは、カバーの興味深い部分。オリジナルに過度に似せようとすると、単にカラオケのうまい人になっちゃいますから…。

踏み込んでいいのと、そうではない部分が絶妙なレイニッチ。自然になのか意図的に行っているかは分かりませんが、だからこそ面白い存在です。

 

以上、『Rainych:Haru Wo Tsugeru ~そこに誰もいないくても~』でした。



Amazon【Rainych】関連商品

Rainych 関連記事

2020/3/31 release Digital Single
Rainych:Say So ~ただ側にいてくれるだけじゃ嫌なんだから! ~

2020/10/30 release Digital Single
Rainych:真夜中のドア / STAY WITH ME ~新しい扉が開いた~

2020/12/8 release Digital Single
Rainych:The Baddest ~私の”らしさ”は最高の状態~

2020/12/11 release Digital Single
Rainych:Blind Curve ~恋は1つの角で変わってしまうの~

2020/12/15 release Digital Single
Rainych:Homura (炎) feat. AVIAND ~どんな事があっても消えない~

2021/2/2 release Digital Single
Rainych:Kaikai Kitan (From “Jujutsu Kaisen”) ~まだ止まらないよ~

2021/2/10 release Digital Single
Rainych:Diamond City ~磨かれて変わっていく景色~

2021/3/26 release Digital Single
Rainych:RIDE ON TIME ~今、時がここで動き出す~

2021/4/13 release Digital Single
Rainych:Hakujitsu (feat. Kururu) ~私たちを真っ白にさせてくれよ~

2021/4/28 release Digital Single
Rainych:Kaibutsu (feat. A V I a N D) ~心にあるのは純粋な気持ち~

2021/6/2 release Digital Single
Rainych:Kiss Me More (Japanese Version) ~もっとを求めてしまう~

2021/7/14 release Digital Single
Rainych:Cry Baby ~リベンジを誓うのはもっと深く君を知るため~

2021/8/4 release Digital Single
Rainych:No ~拝啓〇〇様! 私からの回答を受け取れ! ~

2021/9/26 release Digital Single
Rainych:Haru Wo Tsugeru ~そこに誰もいないくても~ ←今ココ

2021/9/30 release Digital Single
Rainych:Nyanpasu ~聞けばつい楽しくなってしまう挨拶~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント