次回新着記事予定:検討中
【ドコモ アフィリエイト】

Rainych:Chiki Chiki Ban Ban ~勿体ぶらずに全力全開で愉しめ~

Rainych:Chiki Chiki Ban Ban邦楽レビュー
邦楽レビュー

Rainych(レイニッチ) 配信シングル「 Chiki Chiki Ban Ban」。

前作「Zankyou Sanka (From “Demon Slayer: Kimetsu No Yaiba Season 2”)」から1カ月半。彼女の新たなる提示は、圧倒的なパーティーソング。

カバーであるのはこれまでと変わらずですが、少し今までとは異なる選曲の方法。面白い曲であると同時に、今度の活動の幅を広げることにもなるかも?

Chiki Chiki Ban Ban 概要

冒頭のカバーであるのに、今まで異なるという理由。それは原曲をそのままではなく、別のアーティストがした曲のカバーだから。

通常なら直なのが、ワンステップ工程が増えているということですね。まず、原曲はハンガリーの歌手Jollyが歌った「Bulikirály (Ciki Ciki Bam Bam)」。

それをFAKY、lol、GENICからメンバーを今カバーのために選抜して結成されたグループ「QUEENDOM」が、「チキチキバンバン」としてカバー。

今度はレイニッチがQUEENDOM ver.をカバーしたという形。既に別の誰かが先にカバーしているというのはありましたが、今回のパターンは無かったはず。

受け継がれていく曲というのは新旧もですし、国内、海外問わずありますから、これはカバーをする際の面白い選択肢が増えたということかもです。

Chiki Chiki Ban Ban

QUEENDOM ver. のカバー「Chiki Chiki Ban Ban」。

日々を過ごしていれば大変なこともあるけれど、それだけじゃない。全身全力で楽しんじゃえばいい! という思いは、聞いているだけで笑顔になります。

思わず口付さみたくなるリフレインと、はっちゃけた音。面白い楽曲です。

夢はパンドラ ほら開けたくなる~
みんな期待して パリピィヤー

ダメと言われたら、やりたくなるのが人というもの。押すなよ! と同様に、開けるなと言われたら、その結果はどうこうでなくオリャーとやりたくなります。

後先考えずに前進ができるのも、危機ではなく余裕がある証拠なのかもです。

CHANCE×CHANCE
逢!! チキチキ バンバン
何も勿体ぶらず 愉しめ フィーバートゥナイト

楽しむ時には、勿体ぶらずに。どうせ楽しむのであれば、全力であった方がいいですよね。と、基本ライブを見に行くと基本的に地蔵の自分が言ってみます。

とはいっても勿体ぶっているでも、恥ずかしがっているわけでもなく、それが自分の全力の楽しみ方ではあるのですが…。趣向の違いと言えるのでしょうか。

みんなスーパースターの卵さ ディーバートゥナイト

このスーパースターというのはそのままの言葉の意味ではなく、その時その場所の楽しむためのと考えた方が、しっくりとくるかも…。

全力で楽しむことは、特別な人でなくてもきっとできますから!

それにしても楽しくて、かつ耳に残る曲。これはライブでも、DJがクラブでかけても、その場が盛り上がるのは必須と言えそうです。

よく分からずとも楽しい! そんな音が溢れたら毎日が楽しいし、明日が来ることが待ち遠しくもなるのではないでしょうか?

あとがき

今回のカバー元となった、QUEENDOM。テレビアニメ「パリピ孔明」のオープニングテーマのために、結成されたグループだそう。

元々のグループで活動と、QUEENDOMでのビジュアルでは方向性が異なるのも面白い部分。QUEENDOMは、パラパラが流行った頃のような昔のビジュアル。

今音楽業界でもかなり苦戦していると言われるavexですが、レトロブームに乗るのに加えて、レベールが全盛期の頃に戻りたい意思をも感じさせます。

また、QUEENDOM「チキチキバンバン」のリリースは22年5月10日。TV ver.が先に配信されていたとはいえ、レイニッチのカバーが22年6月27日。

今までと比べても、その間隔がかなり早め。彼女は歌うことはしても、日本語が喋れないのは今も変わらないはず。音源もカラオケではないので、作成が必要。

そこで、1つの予想が生まれます。なんとしてでも、ヒットをさせたいavex。日本語カバーが主体であるレイニッチに、歌うことを依頼したのではないかなと。

実際のところはどうなのか分かりませんが、そう考えるとカバー元と間隔が短いのも納得! 日の目を見ることで、相乗効果を狙っているのかなと感じています。

どんな形にせよ、音楽業界が盛り上がるような形になるのは大歓迎! ちょっとしかきっかけで変わる業界でもありますから、一体どうなるのでしょうか?

レイニッチとしても新たな選択の形の1つだとも思いますので、よりこの後に続く活動がより面白くて興味深くなることを期待しています。

 

以上、『Rainych:Chiki Chiki Ban Ban ~勿体ぶらずに全力全開で愉しめ~』でした。



Rainych 関連記事

2020/3/31 release Digital Single
Rainych:Say So ~ただ側にいてくれるだけじゃ嫌なんだから! ~

2020/10/30 release Digital Single
Rainych:真夜中のドア / STAY WITH ME ~新しい扉が開いた~

2020/12/8 release Digital Single
Rainych:The Baddest ~私の”らしさ”は最高の状態~

2020/12/11 release Digital Single
Rainych:Blind Curve ~恋は1つの角で変わってしまうの~

2020/12/15 release Digital Single
Rainych:Homura (炎) feat. AVIAND ~どんな事があっても消えない~

2021/2/2 release Digital Single
Rainych:Kaikai Kitan (From “Jujutsu Kaisen”) ~まだ止まらないよ~

2021/2/10 release Digital Single
Rainych:Diamond City ~磨かれて変わっていく景色~

2021/3/26 release Digital Single
Rainych:RIDE ON TIME ~今、時がここで動き出す~

2021/4/13 release Digital Single
Rainych:Hakujitsu (feat. Kururu) ~私たちを真っ白にさせてくれよ~

2021/4/28 release Digital Single
Rainych:Kaibutsu (feat. A V I a N D) ~心にあるのは純粋な気持ち~

2021/6/2 release Digital Single
Rainych:Kiss Me More (Japanese Version) ~もっとを求めてしまう~

2021/7/14 release Digital Single
Rainych:Cry Baby ~リベンジを誓うのはもっと深く君を知るため~

2021/8/4 release Digital Single
Rainych:No ~拝啓〇〇様! 私からの回答を受け取れ! ~

2021/9/26 release Digital Single
Rainych:Haru Wo Tsugeru ~そこに誰もいないくても~

2021/9/30 release Digital Single
Rainych:Nyanpasu ~聞けばつい楽しくなってしまう挨拶~

2021/12/8 release Digital Single
Rainych:热爱105℃的你 / Super Idol ~あなただから好きなの~

2022/1/5 release Digital Single
Rainych:Kanashimi Wo Yasashisa Ni ~君ならきっとできるから~

2022/2/26 release Digital Single
Rainych:Signal (From “91 Days”) ~存在その物が消えていく…~

2022/5/16 release Digital Single
Rainych:Zankyou Sanka ~消せないならぶつけて変えてやる~

2022/6/27 release Digital Single
Rainych:Chiki Chiki Ban Ban ~勿体ぶらずに全力全開で愉しめ~ ←今ココ

「Rainych」をApple Music で聴く

Amazon【Rainych】関連商品

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント