Pyxis:LONELY ALICE ~どんな景色が見えるかは人それぞれ~

Pyxis:LONELY ALICE 邦楽レビュー

Pyxis(ピクシス)の3枚目のシングルである「LONELY ALICE」。

豊田萌絵ちゃんと、伊藤美来ちゃんの2人組の声優ユニットです。ソロでも活動している2人ですが、Pyxisは特にかわいらしい曲が多いのが特徴です。

2人が在籍していて現在活動休止中のStylipSもかわいらしい曲が多かったですが、さらに特化してかわいらしくなっているので、キュンとしてしまいますよ。

このシングルもかわいらしさはもちろん、ポジティブな曲なので、聞いたら元気になってしまうような2曲になっています。しかも少し今回は深い内容です

一人と二人

「LONELY ALICE」の収録曲は以下の通りです。

  1. LONELY ALICE
  2. 流れ星ハーモニー
  3. LONELY ALICE(Instrumental)
  4. 流れ星ハーモニー(Instrumental)

1曲は一人の「LONELY」、もう1曲は二人の「ハーモニー」と違いがあるのが興味深く感じるシングルです。単曲でなく、つながりがあります。

単に2曲があるからシングルではなく、組み合わせありきのシングルになっているのが、いい感じです。2曲の差を感じながら聞くと、より楽しめますよ。

あの場所での待ち合わせ

テレビアニメ「ありすorありす」エンディングテーマで、タイトル曲の「LONELY ALICE」。

サビでの輪唱が特徴的で、聞くたびに誰かに会いたくなってしまう感じがする曲です。コーラスではなく、輪唱というのがまたいいですね。

アリスに自分を見立てた歌詞なのですが、相手がいるやりとりではなく、自分の思いを自分の中で解決しているというのが面白い歌詞です。

自分は一人だと感じましたが、いろいろな解釈ができる歌詞ですので、よく読んでみるとより面白く聞ける曲になっていますよ。

ただポップでポジティブな曲とは曲名の「LONELY = 寂しい」、「ALICE = 自分のこと」を含めて考えると少し違う気がする方は多いのではないでしょうか?

ポジティブには変わりませんが、思っている以上に深い曲なのかも…。

見上げた空に見たのは…

曲名の通り二人のハーモニーがきれいな曲の「流れ星ハーモニー」。

流れ星に願いをお願いするのではなく、君と一緒であればキラキラと輝いた未来が期待できるし、笑顔にもなれるという曲。ポジティブさしかありません。

君というのは男女ではなく性別が同じでも成立する内容ですので、Pyxisの二人の関係を歌っていると考えると、すごくきれいにまとまる曲です。

この曲を聞くとたまには夜に空を見上げてみようかな? と考えてしまいます。さらっと聞ける曲ですが、この曲も、実はとても深い曲かもしれませんね。

LONELY ALICE あとがき

Pyxisのかわいらしくポジティブな感じはこのシングルも同様ですが、歌詞にすごく意味が隠れているように感じるシングルです。

聞いた時の状況や聞く人によって解釈が変わってくると思いますが、歌詞に注目して聞くのをオススメします。単純に聞くだけよりも、きっと楽しめますよ。

感じ方は変わってもポジティブな感覚であることは変わらないのが、このシングルの興味深いところであり、面白いところです。

声優さんのユニットは数多くありますが、かわいらしいだけでないいろいろな発見があるユニットですので、Pyxisはオススメです。

 

以上、『Pyxis:LONELY ALICE ~どんな景色が見えるかは人それぞれ~』という記録でした。

Pyxis 関連記録

2019/6/5 release 4th Single
Pyxis:恋せよみんな、ハイ! ~こっちの楽しい国にあなたもおいで~

2017/10/11 release 1st Album
伊藤美来 : 水彩 〜aquaveil〜 ~色とりどりの私の世界~

2019/7/24 release 2nd Album
伊藤美来:PopSkip ~楽しい遊園地気分はどうですか? ~

コメント