【TV・NET J:COM】
TV・NET J:COMTV・NET J:COM

Poppy:Fear of Dying ~生命の死よりも存在を0にされることが怖い~

Poppy:Fear of Dying洋楽レビュー
洋楽レビュー

Poppy (ポピー) 配信シングル「Fear of Dying」。

前作「A Very Poppy Christmas」から6カ月弱。「EAT (NXT Soundtrack)」のリリースを2週間後に控える中リリースされるのはJack Off Jillのカバー。

オリジナルとほぼ同じアレンジでありながら、がっつりとハマっています。

Fear of Dying 収録曲概要

「Fear of Dying」は、Jack Off Jillのカバー。2015年に一度再集結はしても、今は解散したバンドの2枚目「Clear Hearts Grey Flowers」収録曲。

元のボーカルが女性ということもありますが、オリジナルを知らない人が聞いたら、Poppyのオリジナル曲と言っても信じてしまいそうです。

それぐらいに違和感がないどころか、うまくハマっているカバー。

また、今作の時点では予想は難しくても、後にリリースされるフォローアップシングル「Her」。表現する音の変化がありますから、先に出る意味があります。

デジタルとメタルの融合から、オルタナティブ・ロックな音へ。彼女のことなのでまんまストレートではないにしても、移行がスムーズになりました。

Fear of Dying

Jack Off Jillのカバー「Fear of Dying」。

タイトルの通り、死への恐怖を表現した歌。ただし肉体的なものではなく、存在としての形がというところに、興味を強く引かれてしまいます。

オルタナティブ・ロックな音は、恐怖隠しのようにも聞こえるのが面白いです。

I’m not afraid of speaking my mind
I’m just afraid of being ignored

「私は思いを話すのは怖くない。無視されるのが怖いの」。自分を出すというのは、本来は勇気のいるもの。出してしまうことで、壊れる関係もあります。

それでこいつはとなったら、無視される。それが何よりも怖いというのは、気持ちとして分かる気がします。

I’m just afraid of losing and I am afraid of dying

「私は失って死ぬのが怖い」。失うのは信用であり、関係性ということなのでしょう。1人になってしまったら、生命としてはあっても死んでいるのと同様。

表現の仕方として、聞いていても歌詞を見ても興味深く感じる部分です。

Without you, yes, I

「あなたがいなければ、そう、私は…」。死んでいるのと同じ状態。人の弱さを表現しているようで、聞いていて寂しくも感じさせます。

人はいくら強がっても、結局のところは1人では生きてはいけないですから…。

また、バラードや静かにも表現ができるストーリーだと思いますが、オルタナティブ・ロックで表現しているというのも、この曲の面白いところです。

オリジナルは知りませんでしたが、Poppyはいい曲をカバーとして引っ張ってきたなと。かつ、形を大きく変えずに自分の物にしているのもポイントです。

あとがき

オリジナルが収録された「Clear Hearts Grey Flowers」のアルバム・ジャケットもいいですが、カバーするPoppyの物もいい味を出しています。

また、曲名にある恐怖の部分もありながら、1度見たら忘れることのないジャケット。カバーとして表現する音だけでなく、ばっちりとハマっています。

口が縫い付けられて強制的に閉じられていても、両手の甲には喋りたそうな口が付いている。手は口ほどに物と言うと例えられますし、すごくいい感じ。

存在として死ぬのは嫌でも、言いたいことはあるというようです。

その上で、この後に続く「Her」。音の方向性が変わっているからこそ、この曲を踏まえてからの方が、楽しめるのは間違いがなさそうです。

Poppyのセンスは独特な物がありますが、すごく面白いですよ。表現する形がころころと変わるのに、一度気になってしまうと、抜け出せないものがあります。

 

以上、『Poppy:Fear of Dying ~生命の死よりも存在を0にされることが怖い~』でした。



Amazon【Poppy】関連商品

Poppy 関連記事

2016/6/10 release 1st EP
That Poppy:Bubblebath ~汚れはしっかり落とさないとダメよ~

2017/10/6 release 1st Album
Poppy:Poppy.Computer ~私と一緒に歌って楽しくなっちゃおう~

2018/10/31 release 2nd Album
Poppy:Am I a Girl? ~どちらもが共存して離れられない~

2019/6/28 release 3rd EP
Poppy:Choke ~私の中の闇を見せてあげる~

2020/6/3 release Digital Single
Poppy:All The Things She Said ~それじゃまだ全然足りないの~

2020/8/14 release 3rd Album (Original 2020/1/10)
Poppy:I Disagree (more) ~私はかんたんにイエスとは言わないわよ~

2020/12/1 release 4th EP
Poppy:A Very Poppy Christmas ~静かでも素敵な時間を一緒に~

2021/5/25 release Digital Single
Poppy:Fear of Dying ~生命の死よりも存在を0にされることが怖い~ ←今ココ

2021/6/8 release 5th EP
Poppy:EAT (NXT Soundtrack) ~私の苦しみをあなたにもあげる~

2021/6/30 release Digital Single
Poppy:Her ~決して私はあなたのものにはならない~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント