Poppy:Choke ~私の中の闇を見せてあげる~

Poppy:Choke洋楽レビュー
洋楽レビュー

Poppy (ポピー) 3枚目のEP「Choke」。

前作「Am I a Girl?」から8カ月で提示されたEP。サウンドトラック・アルバムもリリースもするPoppyですが、収録されているのは実験的な音。

とはいえ手詰まり状態ではなく、続くアルバム「I Disagree」の元になったと考えられる内容は、後からくる面白さ。興味深い音がここにあります。

Choke 収録曲概要

「Choke」収録曲は以下の通り。

  1. Choke
  2. Voicemail
  3. Scary Mask (feat. FEVER 333)
  4. Meat
  5. The Holy Mountain

曲名からして結びつきがよく分からない、面白い組み合わせ。タイトルからして、ポップな音のアーティストでは見られない形。

聞くまでは想像ができない曲が多いのもポイントです。

Choke

アルバム・タイトル曲「Choke」。(1曲目)

助けてほしいのに、私の回りには誰もいない。息ができなくなっていくという、面白い表現の曲。他人への無関心さを表しているようにも聞こえます。

They don’t believe me
My heart isn’t beating

「彼らは私を信じてない。私の心臓は鼓動してません」。さらっと通り過ぎていきますが、怖さを感じる歌詞。彼らもですが、自分も信じていないのでしょう。

Official Audioとして公開されているMV。微動だにせず口元が動くだけなのですが、「Choke = 息が詰まる」状態を表現していて興味深い。

他のアーティストではまず見られない形。逆にマネはしづらいかも…。

Voicemail

全体を通して不思議な感覚が漂う「Voicemail」。(2曲目)

ボイスメールというと親しい間柄だからこその連絡手段の1つですが、この曲で聞けるのは孤独な思い。1人であるからこそ、ぐるぐる不思議なのかもですね。

君恥ずかしい 手にいましょう
I guess I’m just out here
I’m on my own

「今ここにいるはず。私は1人ぼっちだから」。Poppy 特有の日本語が入るので逆に想像しづらい部分ですが、自分との会話に聞こえます。

Runnin’, I’m runnin’, I’m runnin’

「走る、私は走る、走るの」。自分しか理解者がいないから、ぶっ飛んでいるかのよう。不思議な感覚だからこそ、逆に面白く聞けてしまう曲です。

Scary Mask (feat. FEVER 333)

短い曲の中で表現が大きく変わる「Scary Mask (feat. FEVER 333)」。(3曲目)

ロックバンド「Fever 333」をフィーチャリングした意外性が面白い曲。

「I Disagree」の方向性は、この曲をしたからこそでしょう。もしくは、先に変化の予兆を体感してもらうために提示してきたのかも…。

I’m never gonna take it off
so don’t touch me

「私は取るつもりはない。触らないで!」。取らないでというのは「Scary Mask = 恐怖のマスク」であるというから、闇が深くなります。

本来は心の奥底に隠れているマスクをつけた状態が、本来の自分だと言っているのかも…。どんなに明るい人であっても、何かしら闇はありますから…。

あまり触れない人の芯をついているからこそ、より興味深い曲になっていそうです。

Meat

人を肉と表現する怖さがある「Meat」。(4曲目)

曲調がポップだからこそ自然に聞けてしまいますが、歌詞は怖いです。かけ離れた遠くではなく、近未来を想定した歌詞だからこその恐怖があります。

Wrap me up in cellophane
Labeled “organic”, label me “grade A”

「私をセロファンで包んで。オーガニックで、グレードAと表示されるの」。肉の感じでがリアル。オーガニックでグレードAはせめてものこだわりでしょうか。

近未来2033年に飛来する宇宙人に食肉にされる。にしても、なんちゅう曲…。聞くだけでは面白みが半減してしまうので、歌詞を見ることをオススメします。

The Holy Mountain

自分を変えたいという思い「The Holy Mountain」。(5曲目)

曲名からの想像とは異なる曲。「聖なる山とはなんぞや?」となるところですが、面白い世界観が聞けます。最後は神頼みというのも興味深い。

So I said to God, “How do I change my ways?”
He laughed in my face

「神に「どうやってて自分を変えれいいの?」と聞いた。神は私の顔を見て笑った」。この後に「私のために祈り始めた」と続く、面白い表現。

聞く人の受け取り方で異なってくると思いますが、祈られるはずの象徴が逆に祈る。神からの「自分でなければ変えられないんだよ」の声に聞こえました。

神を含めて誰かに頼むのではなく、変わりたいなら自らの手で。思いの他にメッセージが強い曲なのかも…。聞くほどに深みを増していきます。

あとがき

実験的な音であるからこそ「なんじゃこりゃ?」。または「面白い! 」と、評価は大きく異るであろうEP。個人的にはとても楽しめました。

その理由はやっぱり、続くアルバム「I Disagree」があるからでしょうか。ですから1枚としてでなく、セットで聞いた方がきっと楽しめると思いますよ。

「Meat」でも近未来の世界が出てきましたが、先を予測して意図をした行動をしているように見えるPoppy。単なるポップアーティストじゃないですね。

日本のカワイイ文化も取り入れて表現するからこそ、注目せずにはいられません。

 

以上、『Poppy:Choke ~私の中の闇を見せてあげる~』でした。


『Poppy』をApple Musicで

Poppy 関連記事

2016/6/10 release 1st EP
That Poppy:Bubblebath ~汚れはしっかり落とさないとダメよ~

2019/6/28 release 3rd EP
Poppy:Choke ~私の中の闇を見せてあげる~ ←今ココ

2020/6/3 release Digital Single
Poppy:All The Things She Said ~それじゃまだ全然足りないの~

2020/8/14 release 3rd Album (Original 2020/1/10)
Poppy:I Disagree (more) ~私はかんたんにイエスとは言わないわよ~

The following two tabs change content below.

JOE (ジョウ)

Guitar、F1を筆頭にモータースポーツ全般、野球(巨人)が好きな、ジャンルを問わない音楽マニア。日々記事更新中で、SNSは基本オマケ。 もっとプロフィール & あぶまいについて

コメント